フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


サプリメントの話

イソフラボン

イソフラボンといえば、知る人ぞ知る植物性エストロゲンとして有名です。

妊活中の人や更年期の人がエストロゲンを補充する意味で

イソフラボンのサプリメントや食材を積極的に摂取することが

推奨されています。

エストロゲンの作用として、女性を女性らしくする作用や

骨吸収を促進するために骨を維持する作用

それから、コレステロールを低下させる作用などがあります。

エストロゲンが低下すると、月経不順や更年期症状

骨粗しょう症や骨折しやすくなり

コレステロールが増加することにより動脈硬化や心筋こうそくなどの

リスクが高まります。

婦人科を受診すれば、ホルモン剤が処方されますが

サプリメントや植物性イソフラボンを多く含む食材を摂取することで

補充することができます。

代表的な食材は、大豆です。

サプリメントも大豆由来のイソフラボンが多いようですが

日本食には多くの大豆を使った加工食品や調味料があります。

なので、伝統的な日本食を日ごろから摂取していれば

食事から十分な植物性イソフラボンを摂取できているので、

エストロゲンが低下することによる様々な症状は少ないはずなのです.。

しかし、戦後の欧米食化によって、日本食離れが言われて以降

植物性イソフラボンを摂取する機会が減ってきていますので、

サプリメントなどで補充する必要があります。

ただし、過剰なイソフラボン摂取は逆効果なので気を付けましょう。

過剰に摂取することで、閉経後の女性の場合、

子宮体癌のの前癌病変である子宮内膜増殖症が増加、

閉経前の女性の場合、

月経周期が延長する月経不順になることがあります。

男性の場合も女性化乳房などの症状がでることがあります。

またエストロゲン依存性の疾患である子宮筋腫や子宮内膜症

子宮体癌、卵巣癌、乳癌などのリスクが増加していきます。

エストロゲンが正常値であったり、更年期症状がない人は

食品からの摂取ただけで十分であるケースが多く、

身体の良いから、妊活に良いからといって

それに加えてイソフラボンのサプリメントを服用することは

控えた方が良いでしょう。