フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


東洋医学の話

陰陽

先日、陰陽のリズムについて書きましたが、

もう少し詳しく陰陽について書いてみましょう。

東洋医学の基本理論に”陰陽論”があります。

自然界の様々な物事の発生や発展、変化には、

この陰と陽という相対するものが存在し、

それらの相互作用によって、

自然界のあらゆるものが発生し変化していくと考えています。

森羅万象、全てのものを次のように陰陽に区分しています。

陽  上 天 日 昼 火 熱 動 外 男 腑

陰  下 地 月 夜 水 寒 静 内 女 臓 

身近な例で言いますと、男は陽に属し、女は陰に属します。

陰と陽とが交わることによって、新しい生命が誕生します。

私たちの体には、陰と陽とがバランスを保つことによって、

健康でいることが出来ます。

母から受け継いだ陰と、父から受け継いだ陽とが、

お互い補いまた制約しながら、微妙なバランスをとって、

一つの体を作り上げています。

陰と陽は単に対立する概念ではなく、

陰が存在するから陽が存在することができ

陽が存在するから陰が存在することができます。

また、陰によって陽が調整され、

陽によって陰が調整されます。

陰が増えるに従って陽が減っていき

陽が増えるに従って陰が減っていきます。

さらに、陰が極まると陽に転化して

陽が極まると陰に転化していきます。

このように、陰と陽とは常にお互いに影響しあっていて

全体として常にバランスを保っています。

この陰と陽とのバランスが崩れるとどうなるか。

陽が著しく急激に少なくなったり、

陰が著しく急激に多くなったりすると、

代謝が悪くなり、体が冷え、血圧・体温などが低下していきます。

逆に、陰が著しく急激に少なくなったり、

陽が著しく急激に増えたりすると、

代謝が活発になり、体が熱くなり、血圧・体温などが高くなります。

一日で考えると、昼間は陽気が盛んです。

陽の気が足らない人は、昼間だだるく、眠たくなります。

逆に夜になると陰気が盛んになりますから、

陰虚の人は手足がほてり、寝苦しさを訴えます。

一年で考えると、夏至はもっとも陽気が盛んで、

冬至は陰気が最も盛んなときになります。

一日で、どの時間帯がもっとも体の調子が良いか、

あるいは悪いか、一年で、どの時期が調子が良いか悪いかによって、

自分の体質が陰証なのか陽証なのかを知ることができます。

虚実

虚と実というと、一般的には”嘘”と”本当”、”非現実”と”現実”など

のような意味に使われますが、

東洋医学では”正気と邪気の盛衰”を意味します。

正気というのは、健康体に流れている気のことをいい、

邪気は、様々な病理症状を引き起こす原因になる気をいいます。

虚の場合、正気が衰えている状態を表し、

実の場合は、邪気が盛んな状態を表しています。

虚証は、いわゆる虚弱体質というとわかりやすいと思います。

気力が充実していない、気が足りない状態をいいます。

実証は、気力は充実しているけれども、気の流れが悪く

渋滞してしまっている状態をいいます。

どちらも、放っておくと、その体質に応じた病理的な症状を引き起こしますから、

気をつけなければなりません。

虚証体質でも、体力をつけ、気を充実されば、

邪気に容易に侵されることはなく、

実証体質でも、節制をして、気の流れを良くすれば、

邪気を追い払うことが出来ます。

自分がどちらの体質なのかをしっかりを見極めないと、

世に溢れている健康法を実践しても、効果がないばかりか、

却って健康を害してしまうことになりかねませんので、要注意。

陰陽のリズムを知るということ

体はあるリズムによって変化していきます。

例えば、明け方目覚める前に体 温が低く、昼間高くなります。

血圧もそうです。

外気温の変化によって、体 が体温調整をしますので、

季節によって外気温に適応するように、体が調整 されていきます。

女性の場合、毎月、月経が起こりますので、

卵胞期-排卵期 -黄体期-月経期というリズムによって、

体は変化していきます。

東洋医学の場合、陰陽のバランスによって変化していくと考えています。

一日 の変化を見ると、24時に陰気の極を迎え、

時間がたつにつれ徐々に陽気が増え ていき、

12時に陽気の極を迎え、また徐々に陰気が増えていきます。

体もこの リズムに応じて、体内の陰気、陽気のバランスが変化していきます。

1ヶ月の 変化も同じように、月の満ち欠けに応じて、

陰陽の変化していきますので、

そ れに応じて、体の陰気、陽気バランスが変化していきます。

さらに、1年を見 ていくと、夏至は、陽気の極で、

徐々に陰気が増していき、冬至になると陰気 の極となり、

徐々に陽気が増していくサイクルをとります。

春分と秋分が陰陽 のバランスが取れている時期というわけです。

また、季節と季節の間には、土用といって、

気がダイナミックに変化する期間 があります。

気の変化に対応しきれない虚証タイプの人は、

この時期に体調を崩し易いのです。

このように、一日のリズムがあり、月のリズムがあり、

年のリズムがあって、 それぞれが絡み合って、

人の体は調整されているのです。

この調整がうまくい かなくなると、

さまざまな体調不良や病気になってしまうのです。

女性の場合は、毎月ダイナミックに体が変わっていきますから、

陰陽の変化と いうものにとても敏感なのです。

その月の変化に、一日の変化や一 年が加わると、

日常から体調管理をしていたいと、

たちまち陰陽のバランスを崩してしまうのです。

そういう陰陽のリズムがあることを知って、

一日、一ヶ月、一年の 変化にうまく対応することで、

常に健康的な心身でいられることができるのですね。

妊娠の脈

妊娠したかもしれない・・・

そういうときには、市販の妊娠検査薬を使うことが一般的で、

尿中のhCgを検出して、陽性か陰性を判定していきます。

東洋医学でも、実は妊娠を知る方法があるのです。

一つは脈で見る方法です。

妊娠するとどんな脈になるかというと、

”お皿の上で珠を転がすように流れに淀みなく、

脈の往来が円滑で、押さえた指をなめるように

均等に触れる脈”と表現されています。

ちょっとイメージが付かないと思いますが、

通常脈は、手首の親指側やや下の部分にある橈骨動脈で診ます。

この部分の脈を、上から人差し指、中指、薬指と順番に置いていくと、

脈を触れることができます。

Myaku_2

人によって、指に触れる脈のリズムや強さが異なり、

ゆっくりなリズム、早いリズム、

強く跳ねるような感じ、少し強く押さないと感じないなど、

様々な表情を見せます。

触ってみると分かると思いますが、脈のリズムは、

最初が強めに感じ、すっと弱くなり、少し間が空いて、

まだ強く感じます。

滑脈の場合は、この最初の立ち上がりが強くなく

優しく立ち上がり、そのままスムーズにピークを迎え、

また徐々に弱くなっていきます。

なぜこのような脈に変化するかというと、

妊娠をすると気血が充実してきて、血液の循環が活発になります。

また、血管壁も弾力性に富んできますので、

このようなスムースな脈状となるのですね。

お腹を触診しても、独特のふわっとした感覚があります。

普段硬いお腹をしている人でも、

表面がマシュマロを軽く触ったときのような、

ふわふわした感じがあります。

妊娠をすると、確実に身体の状態が変化していくわけですから、

その微妙な変化を観察することで、

東洋医学は妊娠を知ることができるのです。

普段から。自分のお腹の感じや脈の感じを掴んでおくと、

その差がはっきりとわかりますので、

みなさんも試してみてくださいね。

気候と不妊症

東洋医学では、病気の原因(病因)について

独特の考え方を持っています。

病因を外因・内因・不内外因の3つに分け、

外因は”六淫”ともいい、内因 は”七情”ともいい、

不内外因は”飲食不節”とか”労逸”などといいます。

六淫とは、気候などの自然現象による外邪(病邪)をいい、

風邪・寒邪・暑邪・湿邪・ 燥邪・火邪の6つの邪気をいいます。

不妊症に方で、一番多く受ける病邪は、”寒”と”湿”と”風”。

春先に体調を崩しやすい人が感受しやす かったり、

あるいは肝鬱傾向の強い人は、ストレスなどによって、

この”風” の邪気を受けやすくなります。

”寒”は文字通り、冷えです。

体が冷える、手足が冷える、お腹や腰が冷える などの

全身いたるところに起こる冷えの原因ですが、

腎虚タイプの人のよう に体力がなくて、

自分で体を温めることが出来ない人と、

冷たい風(夏のクー ラーや冬の時期の防寒対策不足)により冷えてしまう人、

あるいは冷たい飲み 物や生ものを多食する、

体を冷やす野菜を多食するなどによって、

体を冷やし てしまう人など、その原因はさまざまです。

”寒”の原因によって、気血の流れが阻害され、

また体表で体温や汗のコント ロールをしている気を阻害しますので、

お血や差し込むような痛み(頭痛、腹 痛など)、

無汗、関節の屈伸不利などの症状が起きます。

女性の場合、子宮が ”寒”に侵されると、生理痛が重い、

月経血がどす黒い、無月経、不妊などの 症状が起こります。

”湿”は、日本独特の気候である高温多湿の夏に多い病邪。

高湿によって体調 を崩す方は、もともと余分な水分を体内に蓄えていて、

湿度が高くなると、体 内の湿が病邪となって、

体にさまざまな障害を与えてしまいます。

脾虚タイプ の人は、体内の水分を上手くコントロールする

ということが出来ませんので、余分な 水分を蓄えやすく、

浮腫みやすいのです。

手足、顔などが浮腫みやすい人は、要注意。

”湿”は、性質的にとても重濁性を持っていますので、

下半身を犯しやすく、 また粘性が高いという性質がありますから、

排泄物や分泌物がスムーズに行わ れずに、

体内に溜まったり、分泌物の異常が起こりやすくなります。

全身倦怠、 頭重感、胃もたれ、下痢傾向、目やにが多い、

湿疹が出来やすい、浮腫みなど の症状が起きます。

女性の場合は、帯下が多い、月経血の粘性が高いなどの症 状が起こります。 

これらの六淫は、単独で起こる場合よりも、

いくつか組み合わさって起こります。

”風寒””寒湿””風寒湿””暑湿”など、病邪の組み合わせによって、

より 複雑な症状が現れてきますので、

それだけ症状も重くなる傾向にあります。

また 自然現象に限らず、例えばエアコンや扇風機、加湿器、

あるいは過酷な条件下の 職場環境なども、

これらの病邪の原因になりますので、気をつけてください。

表と裏

東洋医学でいう表と裏というのは、

病変のある部分とその症状の勢いを指しています。

体でいう表というのは、皮膚の表面、

あるいは皮膚から浅い組織の部分をいいます。

六淫と呼ばれる邪気(風・寒・暑・湿・燥・火)は、

皮膚や口・鼻から入り、比較的浅い部分で、症状を起こします。

風邪の初期症状の咳や発熱、悪寒、頭痛などがそれにあたりますが、

特徴としては、発病か急で、変化が早く、

その過程が短いというのがあります。

これを東洋医学では”表証”といい、この時期に治療をすれば、

比較的に早く治すことが出来ます。

これと対象的に裏というのは、文字通り、体の深い部分、

例えば臓腑や骨、気血などで、この部分を邪気が侵すと、

それぞれの臓腑の失調により起こる症状、

脾胃が侵されれば、消化器の症状、

胃痛、腹痛、消化不良などを起こします。

臓腑や気血は、相互関係が密接ですから、

一つの臓腑が侵されると、

それとつながりの深い臓腑に邪気が波及して、

症状がどんどん複雑になっていき、

治療するもの困難を極めてしまいます。

これを東洋医学では”裏証”といい、

その病態に応じた方法で治療をしていきます。

現代人は、体の感覚が鈍っていますので、

病気が表証の時には、全く感じないか、

これくらいは大丈夫といって、我慢してしまいます。

邪気が裏に入り、かなり重篤になって初めて、

事の重大さに気づき治療を始めますから、

下手をすると手遅れになりかねません。

生活習慣病は、これだけ衛生状態のいい日本でも、

相変わらず増え続けていますし、癌の罹患者も、またしかりです。

邪気がまだ浅いところにあるうちに叩いてしまうのが一番理想ですが、

そのためには、体の感覚に敏感になることが大切です。

普段から、自分の体と対話するように心がけましょう。

元気で長生き

東洋医学が目指すのは、分かりやすく言うと”元気で長生き!!”。

西洋医学では、確かに長生きは実現しましたが、

”元気に”がどうも抜け落ちているようです。

介護保険導入で過剰なサービスをしたために、寝たきり、

車椅子生活のご老人が増えたという笑えない話があります。

東洋医学は、数千年前から人の健康を診て来ました。

まだ、西洋医学が主流でなかったつい最近まで、

日本では鍼やお灸は身近な存在だったのです。

最近ではお灸女子と呼ばれるお灸を愛好している女性が

増えてきていますが、西洋医学の限界に気づき

病気にならない体にしていこうという意識が高まってきているのでしょう。

そういう意味では、東洋医学が再び身近な存在になりつつあるようです。

”なんか調子悪いなぁ~”と思って生活している人は大勢いると思いますが、

そのくらいでは誰も医者には行かないでしょう。

医者は病気にならないと治療してくれませんし、薬だって処方してくれません。

”気のせいですね”とか”それは年のせいだからね・・・”

といわれるのがオチです。

だから、”調子悪いなぁ~”では、医者に行かないのですね。

ただ、この”調子悪いなぁ~”が積み重なると、

”病気”として自覚するようになり、

この時点でようやく医者に掛かろうかなって思うようになります。

”寝れば治るや”とか”仕事が忙しいから”といって、

そのまま放っておくと、

ある日て突然倒れてしまうなんてことになるかもしれません。

本当は、”調子悪いなぁ~ ”の段階で調子を整えていけば、

病気になることはないし、突然倒れることもないのです。

東洋医学は、この”調子が悪いなぁ~”の段階から治療するのです。

だから、鍼やお灸、漢方もそうですが、東洋医学に馴染みがある人は、

調子が悪いなぁ~ということもなく、健康で元気の過ごしています。

なんか体が調子悪いと思っている若い人は、

今から鍼やお灸で自分の体調を整えていれば、

大きな病気をすることもなく一生元気で生きていくことができます。

中高年にさしかかった人も、今からでも遅くはありません。

誰でも等しく訪れる老いを健康で迎えることができます。

もう還暦を過ぎてしまった人も大丈夫です。

それ以上老いないように今から東洋医学を始めましょう。

心身一如

先日、不妊治療で来院されていた患者さんから、

妊娠しましたとのメールをいただきました。

毎回、ご懐妊メールをいただくたびに、嬉しい気持ちで一杯になります。

この方は、病院での治療は技術の押し付けと

流れ作業的な診療になるから嫌だということで、

初めから東洋医学で体を整えていこうと志していました。

東洋医学を多く分けると、湯液(漢方)、鍼灸、気功、

推拿(按摩)に分けられ、体の内側と外側からの刺激と、

セルフエクササイズによって、体の気血の流れを良くし、

気血を充実させることによって、体を整えていきます。

この方は、まず太極拳(気功の一種)を始めまして、

体を動かして、気を整えていました。

それから、当院での鍼灸治療で、外側から気血を充実させ、

それから漢方(偶然にも私が知っているドクターのところに通院!)を

服用して内側から、体を整えていました。東洋医学のフルコースです。

4ヶ月ほどしたころ、今まで張り詰めていた気持ちが、

ふっと吹っ切れたとのメールをいただきました。

何事もがむしゃらにやり過ぎたと・・・周囲の様々なプレッシャーと、

あれもこれもやらなきゃ、妊娠できないという、ある種の強迫感・・・

そのメールが来て間もなく、妊娠しましたという報告を受けました。

それまでにやってきた鍼灸や太極拳、漢方によって、

今まで鬱屈していた気持ちが一気に解放したのでしょう。

その瞬間に、体中に気が巡ったのです。

そうして、本当の意味での赤ちゃんを迎えるための体になったのですね。

体が変わるということは、心も変わるということ。

これを東洋医学では”心身一如”といいます。

心が変わっていることに気づいたら、

もう体は整っているということです。

心と体が一つであることは、いろいろなところでお話をしていますが、

まさにそのことを実感することができました。

内臓同士が会話している!

9月30日に放映されたNHKスペシャル”人体”では

内臓同士が会話しているということが分かってきたとの内容でしたが、

それまで脳が指令を出して内蔵機能をコントロールしたと考えられてたものが

臓器が直接他の臓器に指令を出していたということが

精細な測定器によって明かされてきました。

心臓が腎臓にメッセージを送ったり

腸が肝臓にメッセージを送ったりと

臓器同士で調整しあっているという訳なのです。

そのメッセージに使われている物質がホルモンです。

ホルモンは、例えば女性の場合月経のリズムを起こすために

女性ホルモンや黄体ホルモンなどが使われ、

妊娠するとまた別のホルモンが分泌されて妊娠を維持します。

身体の代謝を維持するためには甲状腺ホルモンが分泌されたり

成長を促すために成長ホルモンが分泌されたり

炎症を抑えるためにステロイドホルモンが分泌されたりと

身体の様々な機能をホルモンという物質がコントロールしています。

それまでは、ホルモンを分泌しているのは、内分泌系の器官であり

その器官を脳がコントロールしていると考えらえていました。

最近では、それぞれの細胞がホルモンを分泌していることが分かり

細胞同士が直接ホルモンを介してコントロールし合っているというように

内分泌の概念が広がってきています。

そのホルモンを分泌している細胞がそれぞれの内蔵にも存在していて

それぞれの内臓に特有のホルモンがあり、そのホルモンの情報を

受け取る細胞が他の臓器に存在し、臓器同士があたかも会話しているように

機能していることが分かってきたのです。

現在では、100種類ほどの物質が発見されていて、

どの臓器がどのような機能をコントロールしているのかが

徐々に明らかになってきています。

東洋医学では、もともと臓器同士がコントロールし合っていると

経験的に考えていましたので、そのことが科学的に

はっきりと分かってくるようになったということは

東洋医学の考え方は決して経験則ではなかったということであり

その治療方法も科学的に因果関係のあるものであることが

今後はっきりと分かるときが近いうちに訪れるでしょう。

東洋医学は古臭い治療と敬遠する人が少なからずいるようなので

実は、身体の仕組みを上手に利用しているまさに最先端の医療といえるかもしれません。

今回のNHKスペシャルの”人体”は、東洋医学の概念が

科学的に証明されるかもと期待しています。

肺と皮膚

”気管支炎になりやすいんです・・・”

と、子供の体質のことで悩んでいる患者さん。

アトピー性皮膚炎でもあるようで、悪化すると

ステロイド剤を塗布しているとのこと。

東洋医学では、肺経は皮膚を司ります。

皮膚と呼吸器は密接な関係があると考えています。

アトピー性皮膚炎の人は、喘息などの呼吸器の疾患に

罹りやすいことは知られています。

皮膚と呼吸器が密接な関係があることが大きな理由ですが、

呼吸器の疾患に罹りにくくするためには

皮膚を鍛えることが大切です。

私が子供のころは、学校で乾布摩擦をしていました。

冬になると全体朝礼の時に上半身裸になって

乾布摩擦をしたものですが、

今となっては、こういうことを実施している学校は

皆無に等しいでしょう。

乾布摩擦だけでなく、皮膚に適度な刺激が加われて

皮膚は鍛えることができますので、

例えば、暖かい水や冷たい水の刺激などのもOKでしょう。

温水と冷水を交互に掛ける健康法がありますが、

これは皮膚だけでなく自律神経も刺激されるので

自律神経を鍛えることもできます。

子供は風の子といって、以前は冬でも薄着で過ごしていましたが

現代の子は、風邪を引くといって厚着をする傾向にあり

室内で遊ぶ子も多いので、代謝が低く、

体温も低い子が多いようです。

皮膚に適度な刺激がなければ、呼吸器は衰えるばかりです。

呼吸器が衰えれば、天の気を体に取り入れることが

十分にできませんので、気の不足が起こります。

気の不足が、体全体の機能の低下を招き

免疫力の低下から、様々な感染症に罹りやすくなり

結果的に気管支炎などの呼吸器疾患に罹りやすくなります。

風邪は万病の元といいますが、

皮膚を鍛えて、呼吸器を鍛えることが

万病を防ぐことになりますので

年齢にかかわらず、皮膚に適度な刺激を与えて

血行的な体を作っていきましょう。

より以前の記事一覧