フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


暦の話

旧正月

今日は、旧正月。

中国では、春節といい派手にお祝いをします。

この時期になると、中国人の観光客が大挙して来日しますが、

それはお正月休みだから。

日本でも明治6年の改暦以前は、旧正月をお祝いしていました。

改暦以降は、現在の1月1日を正月としています。

旧正月が過ぎると、二十四節気の立春があります。

旧正月は毎年変動しますので、2038年には立春と同じ日になります。

もっとも縁起が良い日とされているようです。

1月1日も旧正月も立春も同じように1年の始まり。

私が占いで良く利用している九星気学は、

立春が1年の始まりで、運気もこの日を境に

新しい運気となります。

Nenban2017

2017年立春以降の年盤は上記のようになります。

一白水星が中宮に回座していますので、

この星の象意が強くあらわれる年となります。

一白水星は文字通り水の性質があります。

気学では、水は陥る、険しいなどを意味します。

易では、落ち込む、隠れる、苦労する 悩むなどに意味があります。

あまり良いイメージではありませんが、

流動的ですが、芯はしっかりとしています。

9年前にはどのようなことがあったかというと

世界の経済が震撼したリーマンショックがありました。

アメリカ大統領選で黒人初の大統領が誕生しました。

18年前光市母子殺害事件や桶川のストーカー殺人事件など

日本中を震撼させる事件が多発しています。

神奈川県警の不正なども明るみになった年です。

それから現ロシア大統領のプーチンが大統領代行を務めたのもの

この年になります。

ある意味、世界が流動的になる切っ掛けの年なのでしょう。

その流れに逆らうか、それともその流れに上手く乗るか

それによって、それぞれの人の運勢もまた

左右されることになりそうです。

二百十日

9月1日は、立春から数えて210日目で、

雑節では二百十日といいます。

ちょうど、台風の多い季節で、二百十日は風が強い日といわれています。

今日は、風は強くはないようですが、ここ数日来続いている

秋雨前線によってぐずついた天候が続いています。

1923年の今日は、関東大震災があった日です。

台風などの風水害ばかりでなく、地震などの天災も多い時期で

これからの時期は、自然災害が多い季節となりますので

災害に備えておく必要があります。

記憶に新しいところでは、2013年に埼玉県越谷市で起きた

日本では最大級の竜巻が9月2日にありました。

やはり、9月は季節の変わり目でもありますので、

南からの暖かく湿った空気と北からの冷たい空気がぶつかり合って

不安定な気候になります。

また、地球の地軸がちょうど太陽の軌道軸に対して直角になります。

関東大震災も東日本大震災も春分や秋分の直前で起きています。

おそらく、この時期は断層が不安定になりやすいのでしょう。

9月1日は、防災の日でもあります。

今一度、災害に対する備えをチェックしていきましょう!

夏の土用

現在、夏の土用期間中ですが、

土用は季節の変わり目の18日間を言いますが、

夏の土用は立秋前の18日間。

土用期間中の丑の日は

特に土用の丑の日と言って

うなぎを食べる習慣がありますが

その習慣が始まったのは江戸時代中頃

平賀源内の発案だという説が有力です。

元々、うなぎの旬は冬なので、

うなぎは本来冬に食べるものなのです。

食欲のなくなりやすい夏に良質なたんぱく質を多く含む

うなぎを食べるのは確かに良いかもしれませんが、

夏は一番脂が乗っていないので本当は一番美味しくないのです。

それから、土用は土の作用が強く出るので

土を掘り起こすような土木工事や家の建築なども禁忌です。

また、気が落ち着かない時期でもあるので

引っ越しなども避けた方が良いでしょう。

夏の旅行やレジャーもほどほどが良いかもしれません。

八十八夜

今日は八十八夜。

立春から数えて88日目にあたります。

♪夏も近づく八十八夜・・・・

茶摘みの歌でも有名ですね。

八十八夜は春から夏に移る節目の日で、

夏への準備をする日として、縁起の良い日とされてきました。

また、八十八夜の別れ霜というように、

この頃から霜もなく安定した気候となり、

茶摘み、苗代のもみまき、蚕のはきたてなど

一般に農作業の目安とされています。

ただ、この時期に思いがけない遅霜が下りるときもあります。

”八十八夜の忘れ霜”とか”さつき寒”」とも言われていて、

急に気温が下がって霜が降り、農作物や果樹に思いがけない

被害を与えることを警戒したことばもあります。

昨年のGW頃に、急に寒くなったのを記憶しています。

まさにあの時がさつき寒だったのでしょう。

その後、私は体調を崩してしまいました・・・

暑くなったからと言って気を抜かず、

冷え対策は万全にしておいた方がよさそうです。