フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


婦人科疾患の話

妊娠高血圧腎症

妊娠高血圧症候群は、何らかの原因で引き起こされる

妊娠に対する母体の適応不全と定義されています。

基本的には、妊娠をすると妊娠していないときよりも

軽度に低下するようです。

症状としては、高血圧とそれに伴う頭痛、浮腫、蛋白尿

DIC(播種性血管内凝固)、肺水腫、肝機能障害、腎機能障害など

全身にわたります。

全妊娠の7~10%に起こる症状で、最悪の場合母体の死亡

胎児の死亡の原因にもなりますので、安易に考えることはできません。

妊娠高血圧症候群の中で、腎機能に障害が現われる

妊娠高血圧腎症について、11~14週から36週までの間

アスピリンを150㎜g服用することで、早産のリスクが低下するという

研究結果が発表されました。

不育症で使用されている低用量アスピリンは、

この研究で使用されている量の半分ほどですが、

アスピリンは不育症だけでなく、妊娠高血圧腎症にも

一定の効果があるようですので

リスクの高い妊娠の場合は、服用が勧められるでしょう。

最近、当院に来院されていた患者さんで

この妊娠高血圧腎症で、流産された方がいました。

決して珍しい症状でないので、妊娠されている方

これから妊娠を予定している方は、

高血圧や浮腫などの体調の異変には敏感になり

少しでも早く対処することをお勧めします。

危機は生殖機能を低下させる

人の体は危機的な状況になると

子宮や卵巣の機能を低下させます。

危機的な状況は、本当に生命の危険な状態だけでなく

強いストレスや過度なダイエット

過酷な運動などでも、身体にとっては危険な状態であると認識されると

身体は生命を維持するように機能を集約させます。

生殖機能は生命維持には深くかかわってはいないので

真っ先にその機能を停止されます。

女性の場合、過度なダイエットをすると生理が止まってしまったという

経験をされた方もいるかと思います。

ハードな練習をしているアスリートたちも

生理が止まってしまう人がいます。

男性の場合も、精子に異常が出たり、EDになるなど

生殖機能が低下してしまいます。

通常は、その危機的な状態が解消すれば

ホルモンバランスが改善し、生殖機能は回復するのですが

その危機的な状況が長引いたり、体質的にもともと生殖機能が弱かったり

何らかの機能的な問題があると

その状況が解消しても、生殖機能の回復が遅れる場合や

最悪の場合そのまま戻らない場合もあります。

特に、女性の場合、何か特別な状況があり

その後生理が遅れるようなことがあれば

身体が危機回避反応を起こしていると考え

妊孕性にかなりのダメージが起こっている可能性があると

認識した方が良いでしょう。

妊活中の方は、その原因を取り除き

月経が速やかに始まり、規則正しい周期になるよう

心身ともにケアをして行く必要があります。

場合によっては、ホルモン剤を服用し

リセットを掛けることも必要でしょう。

備えあれば患いなしです。

出来る限り、そのような身体が危機的な状況に陥らないために

日ごろから心身を整えつつ、危機回避の心構えを準備しておきましょう。

愛している・・・

今月22日に乳がんで亡くなられた小林麻央さん。

ご冥福をお祈りいたします。

最後の言葉が”愛している・・・”

だったようで、とても切ないですね。

彼女を襲った病魔は、乳がんでした。

2014年10月に乳がんと診断されたようですが、

その8か月前に左胸のしこりが見つかり

検査をしたようですが、その時は乳がんでないと

診断されました。

その8か月後、左胸と腋下リンパにしこりがあり

すでに転移している状態だったようです。

最初の検査でがんと診断され、治療をしていたら

もしかしたら助かっていたかもしれません。

乳がんには、浸潤性と非浸潤性があり

浸潤性は転移しやすく非浸潤性は転移はしにくいようです。

当院にいらしている患者さんで、乳がんと診断され

最近手術された方がいます、

非浸潤性の初期のがんでしたので、転移はないようですが

がんと診断されてから手術までの間

不安な日々を過ごしていたようです。

最近、乳がんに罹患する女性が増えてきています。

タレントでも乳がんを告白して、治療に専念をしている人がいます。

麻央さんもその一人でしたが、残念ながら他界されてしまいました。

生活習慣の変化が大きな要因のようで、

食生活の欧米化によって、もともと日本人の体に合わない食事が

次第に気血の巡りを悪くして、それががんの発症をする体質に

してしまうのでしょう。

また、冷たい飲み物や夏のエアコンなどにより、

過度に体を冷やしてしまう生活習慣も要因の一つでしょう。

それから、過度なストレスも気血の循環を悪くする要因です。

睡眠不足が加わるとさらに気が養うことができませんので

免疫力が著しく低下してしまいます。

日本人に合った食生活と季節に合った生活習慣を

取り戻すだけでも、がんになりにくい体質にすることができます。

二人に一人ががんになる時代。

早期発見早期治療も大事ですが、

がんにならない体づくりを心がけることがとても大切です。

乳がん

乳がんがここ5年で2倍になっているようですが、

最近、タレントの北斗さんや歌舞伎俳優の奥さんである麻央さんなど

有名人でも乳がんを告白して、治療に専念している人は多くいます。

ここまで増えて原因は、ハッキリしたことはわかっていないようですが

一つは食生活があるでしょう。もともと日本食に慣れている体質の日本人が

肉食中心、乳製品中心の欧米食がここまで普及しているので

体質に合わない食事を続けていると、体が対応できずに

様々な症状を引き起こしてしまいます。

東洋医学には医食同源という言葉がありますが

まさに食は薬にも毒にもなりますので、

自分の体質に合った食事を摂ることが大切です。

それから生活環境の変化でしょうか。

女性もフルタイムで働くことが当たり前に時代ですので

過剰はストレスをため込んでいる人も多くいるでしょう。

また、エアコンや一年中冷たいものを摂る習慣など

体を冷やしてしまう環境が、瘀血を作り出してしまい

それが原因で起こる様々な症状を引き起こします。

がんはその最悪な状態ですが、

東洋医学では、肺と大腸と肝の異常が続くと

がんが発生すると考えます。

解毒作用の肝が滞れば、毒が体に溜まり

排泄機能の大腸が滞れば、毒が溜まり

ガス交換の肺が滞れば、やはり毒が溜まります。

なるべく毒になるものを取り入れず、

毒を効率的に排泄する機能を整えておくことが大切です。

チョコレート嚢腫

”17㎜と小さくなっていました!”

と、患者さんの嬉しそうな声。

数年前、左側卵巣に30㎜以上のチョコレート嚢腫が見つかりました。

定期的にチェックしていましたが、ほぼ大きさは変わらずでしたが

鍼治療を始めてから、1年ほど前に20㎜台になり

今年に入って10ミリ台に小さくなりました。

妊活のために始めた鍼灸治療ですが、

着実に体が変化をしていることを実感することができ

気持ち的にも前向きになってきているようです。

チョコレート嚢腫は、子宮内膜症の一つの症状ですが、

卵巣に発生した子宮内膜様組織から

月経のたびに赤血球の滲出やうっ血が起こります。

卵胞の成長を阻害するために、排卵障害が起こり

不妊症の原因にもなります。

東洋医学的には、瘀血が原因で引き起こされると考えますので

基本的には血液循環を改善することを目標にしていきます。

生理痛も楽になり、チョコレート嚢腫も小さくなった患者さんは

さらに気合を入れて妊活に励むようです。

 

AMHの作用

不妊治療をしていると様々なホルモンチェックをしますが、

最近AMH(抗ミュラー管ホルモン、アンチミュラーリアンホルモン)という

ホルモンを測定することが多くなってきています。

卵巣の予備能力を示すホルモンと言われていて、

卵巣年齢ホルモンとも言われています。

なので、この値が該当年齢よりも低いと、卵巣年齢が高い

ということを示していて、

いわゆる卵巣の老化が進んでいることを意味しています。

従来は、FSH(卵巣刺激ホルモン)やE2(エストロゲン)

LH(黄体刺激ホルモン)の値によって、

卵巣の状態を推測していましたが、

AMHの値によって卵巣が持っている卵子の状態を

推測することができるようになりました。

ただ、AMHが低いからと言って、卵に質が悪いというわけではありません。

卵の在庫が年齢よりも高いが低いかという目安にすぎません。

AMHは単に卵巣の予備能力を知るためのホルモンではありません。

ホルモンである以上、何か他に役割があるはずです。

ホルモンは、生理活性物質で必ずホルモンが作用する標的細胞があり、

何らかの作用をする発現ことになります。

では、このAMHはどんな働らきがあるでしょうか。

最近のアメリカの研究論文でこのAMHの働きが詳しく分かってきました。

人の卵胞は、

原始卵胞→一次卵胞→二次卵胞→前胞状卵胞→胞状卵胞

の順に成長していきますが、

AMHは胞状卵胞以前の卵胞から作られて分泌されます。

AMHが分泌されることにより、前胞状卵胞までの成長を促進して、

胞状卵胞以降の成長を抑制することが分かっています。

つまり、卵胞の成長を調整している役割をこのホルモンがしている

というわけなのです。

AMHが高い人は、胞状卵胞以前の卵が多く成長しているので、

それが全て成長したら大変なことになります。そうならないために、

胞状卵胞以降の卵の成長を抑制し数を減らしていきます。

逆に、AMHが低い人は、胞状卵胞以前の卵の数が少ないので、

胞状卵胞以降もそれがしっかり成長するように

AMHが低い状態になっているのです。

年齢が高くなるとAMHの値が低下してくるのは、

残された卵がしっかり成長するようにしているというわけなのです。

なので、AMHが低いからと言って決して嘆くことはありません。

残された卵を丁寧に育てることで、良い卵に成長していきます。

無暗に卵巣を刺激してしまえば、良い卵を育てることができません。

なるべく自然な形で、ゆっくり育ててあげることが大切です。

そのためには、卵巣周辺の血流を改善することが必要で、

日ごろから、骨盤内蔵の血流を良くすることを心がけましょう。

つわり

”唾液がたくさん出て困っています・・・”

と、安定期に入った患者さんは、妊娠初期より

いわゆる”よだれづわり”に悩まされているとのこと。

つわりというと悪心や嘔吐、食欲不振、あるいは眠気や倦怠感

頭痛や嗜好の変化などのがありますが、

意外と知られていない症状に、唾液量の増加があります。

医学的には唾液過多症といわれていますが、

一般的には”よだれづわり”と呼ばれることが多いようです。

西洋医学的にはその原因は不明なようで、

治療方法もなく、特効薬もありません。

ようは時間が経てば症状は治まるので、我慢するしかないというのが

実情のようです。

東洋医学では、つわり全般にいえることですが、基本的に消化器系が弱い

脾虚あるいは脾胃虚弱タイプの人がつわりが悪化しやすいと考えています。

脾気が弱いと水分代謝が悪くなりますので

体に余計な水分が滞留することになりますので、

それがいわゆる”水毒”になり、体に様々な症状を引き起こす原因になります。

その一つの症状が、この”唾液過多症”すなわち”よだれづわり”になり

基本的な治療は、脾胃経の経穴に鍼灸を施すことで

水分代謝を改善して、つわり症状を緩和させていきます。

妊娠初期は、ホルモンバランスも劇的に変化していますので

それに伴い自律神経も乱れていきます。

頭の天辺にある百会などの自律神経を整える経穴を使用して

自律神経のバランスを改善し、つわり症状を緩和していきます。

初めて鍼灸治療を受けた患者さんは、

唾液量が減ったことを実感できたようです。

この調子で、マタニティーライフのQOLを上げていきましょう!

すっかり良くなりました!

”すっかり良くなりました!”

と、満面の笑みを浮かべて話す患者さんは、

それまでの不安げな表情は全くありません。

定期的に体のメンテに来院している患者さんは

ある日突然、今まで感じたことがない症状に襲われます。

最初は肩こりがいつもより強くなったのかと思っていましたが

次第に仕事に集中できなくなり、耳が過敏になり

めまい感も現れだしました。精神的にも不安定になり

ちょっとしたことでイライラしてしまいます。

そうこうしているうちに、手にも力が入りません。

丁度、更年期の時期ですので、一気に更年期障害の症状が

出てきてしまったようです。

病院で検査をすることも考えましたが、

まずは鍼灸治療を受けよう!

ということで、相談のあった翌日に来院されました。

いわゆる自律神経症状が主な症状ですので

鍼灸治療にスーパーライザーにて星状神経節照射を併用しました。

週一の間隔で2回治療を終えたところで

それまでの症状が嘘のように、消えたようです。

症状が出てから直ぐに治療を始めたことと

それまで定期的にメンテナンスをしていたことで

回復も早かったのでしょう。

まだ体調が不安定なので、しばらくは短い間隔で

治療をしていきます。

不正出血

”出血が止まりません・・・”

と3週間近く出血が続いている患者さんは

とても不安そうに話します。

不正出血の原因は様々ですが、

一番怖いのが子宮関係のがんです。

直ぐに検査をするように伝えます。

検査結果は異常なしとのこと。

ホルモンバランスが崩れているようで、

ピルを処方されたようです。

東洋医学的には。崩漏という言い方をします。

崩中は、急に大量の出血が始まり止まらない状態をいいます。

漏下は、中~少量の出血がぽたぽたといつまでも続く状態をいいます。

患者さんの場合は、生理時の量よりは少ない状態が

いつまでも止まらないようなので、漏下という状態です。

基本的には、腎気が低下しているときに起こる症状で、

それ以外にもお血や脾虚、血熱なども引き起こされます。

もともと月経不順の患者さんなので

腎気が弱い状態です。

ちょっと無理をしたり、疲れがたまると、気がたちまち不足して

不正出血を引き起こしてしまいます。

西洋医学では、ピルなどを服用して出血を止めてしまいますが

対処療法ですので、根本的には治りません。

鍼灸治療で、腎気を補い、体の気を充実させていくことが

大切です。

腎気は生殖機能とも密接に関係がありますので、

腎気がしっかりしてくれば、自然と妊娠も近づいてくるでしょう。

ステージ3

 ”特に異常はありませんでした・・・”

と、検査結果にほっとした様子の患者さん。

子宮頸がん検査で、ステージ3の可能性を指摘され

精密検査を受けました。

結果の出るまでの1か月、不安な毎日を過ごしたようです。

ステージ3の状態は、5年生存率が40%と

かなり進行している状態のがんです。

子宮傍組織の浸潤が骨盤壁に達していない場合は、IIIaの状態で

骨盤壁に達している場合はIIIbの状態になります。

いずれにしてもかなり広がりを持った状態ですので

いきなりステージ3と言われれば

精神的なショックは大きくて当然でしょう。

まだ小学校にも上がっていない子供を抱え

将来のことをいろいろと考えてしまった患者さんは、

下手に検査は受けるものではないということを実感したようです。

もちろん、早期発見で症状が重くなる前に治療を開始すれば

生存率も高くなることは医学的に知られていることですので

結果的に検査を受けてよかったということにもなりますが、

今回の場合、結果的に異常でなかったようなので

逆に検査を受けることによって強いストレスがかかり

意図しない病気を発症する可能性もあったわけで

何をどうすればそこまでの検査結果の違いが出るのか

検査を受ける側の立場に立って、

しっかり検査をしてもらいたいものです。

私は過去に2度ほどしかいわゆるがん検査を受けたことがないので

早期発見により得られる利益よりも

検査を受けないことによる利益の方が大きいような気がします。

それ以前に、がんにならないための生活習慣を

しっかり築き上げる方が、もっとも体にとって利益になることは

間違いないでしょう。

より以前の記事一覧