フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


検査の話

卵管造影検査

不妊治療の検査の中で、卵管の通りを検査する方法には

いくつかあります。

卵管造影検査、通気検査、通水検査がそれですが、

卵管造影検査は、造影剤を卵管に流し、レントゲンを撮り

造影剤の拡散の状態を確認し、卵管の通過状態を確認します。

ドクターによっては、被爆を懸念するために

卵管造影検査に消極的な場合があります。

その代りに通気検査や通水検査をするのですが、

卵管に生理食塩水や二酸化炭素などのガスを注入し

圧をかけることによって、圧の状態を測定し

卵管の通過状態を確認します。

簡単で、被爆の心配もないのですが、

いずれの場合も、どちらかの卵管が詰まっていると

正確な検査が出来ないというデメリットがあります。

卵管造影検査を予定していた患者さんは、

一人目のときは、検査後に妊娠をしたので

今回もそれを期待して、クリニックに行きましたが

そのドクターは、被爆を気にするタイプで

通気検査のみで卵管の状態を確認したようです。

結果は、卵管が詰まっているとの診断。

自然妊娠は無理だから、体外受精にステップアップするように

勧められてしまいました。

子宮内膜症などの既往歴もありませんし、

クラミジアなどの感染歴もありませんので

特に卵管が詰まるような心当たりはないようです。

どうも腑に落ちないので、クリニックは行かずに

鍼灸で自然妊娠を目指すようです。

東洋医学的には、お血や気滞があると

卵管などの機能が低下することがあるので、

ひたすらに気血の流れを良くしていきます。