フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


鍼灸な話

起立性調節障害と鍼灸

起立性調節障害(OD)は、ODは思春期に起こりやすい自律神経機能失調と考えられており、急激な身体発育のために自律神経の働きがアンバランスになった状態といわれています。日本の中学生の約10%にみられ、特に思春期の女子に多いとされています。

主な症状は、朝起きられない・めまい・立ちくらみが一番多くみられ、その他にも動悸・息切れ・睡眠障害・食欲不振・腹痛・頭痛・倦怠感など人によりさまざまな症状が現れる。 午前中に体調を狂わし、午後になると改善する症状もあります。精神的な症状としては疲労感・過換気症候群・不安障害などがみられる場合もあります。 

これらの症状が起きる原因として、自律神経のアンバランスが挙げられます。人間の体は起き上がろうとするときに交感神経が興奮して下半身の血管を収縮させて血圧を挙げます。そのことによって脳の血流を保とうとします。同時に副交感神経の活動が低下して、心臓の拍動が増加し心拍出量を上げて、血圧を維持しようとします。

起立性調節障害の場合は、この交感神経と副交感神経の働きに異常が出てしまうので、血圧が低下して脳の血流量や全身への血流が維持されないために、たちくらみやふらつき、易疲労や疲労回復が遅れてしまいます。また、脳の血流が悪いために、思考力は低下し、集中力もなくなってきます。心臓は代償性頻脈を起こすため、起立状態や少しの運動で息切れ、動悸を起こすようになり、とても体が辛く感じます。逆に、体を横にすると全身への血流が回復するため、このような症状が軽減し身体が楽になります。 

ところで自律神経の活動性には24時間周期の日内リズム(概日リズム)があります。たとえば、人は早朝になると交感神経活動が増えて身体を活性化し、夜には副交感神経活動が高まり身体をクーリングさせ、休養させます。ところが、起立性調節障害の子ども達に対応する際に、このような特徴は十分理解してあげてください。 

東洋医学では、起立性調節障害の概念に当てはまる病証はありませんので、現在出ている症状に対して、例えば”眩暈”であったり、”鬱証””不眠””心悸”などの病証に当てはめて、それぞれの病証に該当する証で治療をしていきます。

当院では、鍼灸治療に加えてスパーライザー照射も併せて行っています。スーパーライザーを星状神経節に照射することによって、交感神経をコントロールしていきます。起立性調節障害は、基本的には交感神経と副交感神経のアンバランスが原因で引き起こされますので、鍼灸治療とスーパーライザー照射を併用することで、効果的にバランスを整えていくことができます。

 

リウマチと鍼灸治療

リウマチは自己免疫疾患の一つですが、原因はまだはっきりと分かってはいません。広い意味でのリウマチは、関節や筋肉、骨、靭帯なdの運動器の痛みやこわばりを引き起こす症状で、例えば変形性関節症や膠原病、痛風などの多くの疾患がこれに該当します。

狭い意味でのリウマチは、関節リウマチを指します。関節リウマチは文字通り関節に炎症が起こり、軟骨や骨が破壊されて関節の機能が損なわ、放っておくと関節が変形してしまう疾患です。

関節リウマチの鍼灸治療は、保険が適用されています。鍼灸治療では、運動器の疾患に対しては保険が適用されていますが、その一つにリウマチがあります。

リウマチで起こる症状の筋肉のこわばりや関節の炎症、痛みなどが改善することができますので、リウマチ疾患で悩んでいる方は、是非、鍼灸治療を試してみてください。

かかりつけ鍼灸院

最近では、厚生労働省や医師会などでは

”かかりつけ医”を推進しています。

”かかりつけ医”とは、病気になったとき、

真っ先に相談したい医者をいいます。

予防も含めて普段から、気軽に何でも相談できる関係を築いている

医者がいることはとても心強いものです。

原因不明の体調不良でどこの科にかかってよいか分からない場合

まずそのかかりつけ医にかかることで

必要があれば他の科を紹介してもらうなど

的確に適切な治療受けることができます。

また、最近では総合病院でも総合診療科を設けているところが

増えてきています。

原因が分からずどこにかかったら良いか分からない場合

まず総合診療科にかかり、そこで原因を突き止め

適切な科を紹介してもらうことができます。

そういうシステムが西洋医学の世界では整いつつありますが

鍼灸治療の世界では、まだ鍼灸それ自体がそれほど一般の人に

浸透していない状況なので、自分の症状にあった鍼灸院を探すのは

更に困難を極めるでしょう。

鍼灸治療は、西洋医学よりも治療方法が標準化されていませんので、

鍼灸師ごとにその治療の仕方が異なるくらいに多彩です。

ですので、その鍼灸院が自分の疾患に合う治療をしてくれるかどうかは、

行ってみないとわからないというのが、実情です。

ただ、少なくとも自分が抱えている症状を得意としているか、

そういう疾患を多く手がけているかどうかをチェックすれば、

大きな間違いはないでしょう。

鍼灸治療は、基本的に西洋医学で言うところの

診療科全ての症状を治療することが可能ですが、

鍼灸師自身が長い間治療していくうちに、

特定の症状の患者が多く来院するようになりますので

自然と得意な症状が出来てきます。

最近では、HPを作っている鍼灸院も多くありますから、

Googleなどの検索サイトで、”症状 地域 鍼灸”をキーワードに

検索をすると、いくつか該当する鍼灸院を見つけることができます。

クリニックに行くほどの体調不良ではないけれども

このまま放っておくと病気になりそうという場合は

遠慮なく鍼灸院にかかりましょう。

鍼灸治療が最も得意としている未病の状態です。

かかりつけ鍼灸院があれば、気軽に健康相談もできますので

是非、お近くの鍼灸院を探してみてください。

鍼と灸

時折患者さんから、鍼と灸の効果の違いを聞かれることがあります。

鍼灸というのは、もともと中国の別々の地域で発展した治療方法で、

灸は北の乾燥した寒い地域、鍼は南の高温多湿の地域で発展しました。

なので、基本的にそれぞれ治療効果や治療する対象の疾患が

異なってきます。

つまり、鍼も急も地域の気候風土で起こりやすい疾病に対して有効な方法で、

その地域の人の体質に合った方法として発展してきたのです。

日本の場合、夏は高温多湿、冬は低温少湿ですが、

体質的に鍼と灸はどちらも有効な治療方法になりますので、

日本の多くの治療院では、両方の治療をしています。

もちろん、鍼専門の治療院もありますし、灸専門の治療院もあります。

鍼を専門にするか、灸を専門にするかによって、

おのずと来院する患者の体質や症状も違ってきます。

日本人の場合、体に湿邪を持っている人が多くいますから、

湿邪による症状には鍼はとても有効な手段なり、

湿邪による冷えの症状には灸がとても有効な手段になります。

その人が体力のあるタイプれば、滞りが強く出るケースが多いので

鍼だけの方が効果はありますし、

体力のない虚証タイプの人であれば、気血が足りないケースが多いので

灸を組み合わせた方が効果があります。

特に女性の場合、虚証タイプで寒邪(冷え)に犯されている人がほとんどですから、

灸を多用した方が効果があります。

また、年配の方も虚証タイプが多くいますから、

灸がとても効果があるのです。

”甲の薬は乙の毒”という諺があるように、

その人にあった治療方法でないと十分な効果は得られないばかりか、

却って症状を悪化させてしまうことにもなりかねないのです。

一見同じようは症状でも、その人の体質(証)が異なれば

使用する鍼や灸の種類、使用する経穴など、

治療する方針が全く異なることがあるのが、

鍼灸治療なのです。

それをいかに見極めるかが鍼灸師の腕というわけです。

妊娠の脈

妊娠したかもしれない・・・

そういうときには、市販の妊娠検査薬を使うことが一般的で、

尿中のhCgを検出して、陽性か陰性を判定していきます。

東洋医学でも、実は妊娠を知る方法があるのです。

一つは脈で見る方法です。

妊娠するとどんな脈になるかというと、

”お皿の上で珠を転がすように流れに淀みなく、

脈の往来が円滑で、押さえた指をなめるように

均等に触れる脈”と表現されています。

ちょっとイメージが付かないと思いますが、

通常脈は、手首の親指側やや下の部分にある橈骨動脈で診ます。

この部分の脈を、上から人差し指、中指、薬指と順番に置いていくと、

脈を触れることができます。

Myaku_2

人によって、指に触れる脈のリズムや強さが異なり、

ゆっくりなリズム、早いリズム、

強く跳ねるような感じ、少し強く押さないと感じないなど、

様々な表情を見せます。

触ってみると分かると思いますが、脈のリズムは、

最初が強めに感じ、すっと弱くなり、少し間が空いて、

まだ強く感じます。

滑脈の場合は、この最初の立ち上がりが強くなく

優しく立ち上がり、そのままスムーズにピークを迎え、

また徐々に弱くなっていきます。

なぜこのような脈に変化するかというと、

妊娠をすると気血が充実してきて、血液の循環が活発になります。

また、血管壁も弾力性に富んできますので、

このようなスムースな脈状となるのですね。

お腹を触診しても、独特のふわっとした感覚があります。

普段硬いお腹をしている人でも、

表面がマシュマロを軽く触ったときのような、

ふわふわした感じがあります。

妊娠をすると、確実に身体の状態が変化していくわけですから、

その微妙な変化を観察することで、

東洋医学は妊娠を知ることができるのです。

普段から。自分のお腹の感じや脈の感じを掴んでおくと、

その差がはっきりとわかりますので、

みなさんも試してみてくださいね。

簡単に胃のむかつきを取る方法

年末も押し迫ってきましたが、すでに忘年会を済ませた方もいると思いますが

複数の忘年会をはしごして、まだまだこれからが本番!と

意気込んでいる方もいるかと思います。

忘年会でつきものがアルコールです。

一年の嫌なことを忘れて、来るべく新しい年に期待をかけつつ、

ついいつもより深酒になってしまうのもですが、

翌朝、後悔先に立たずのことわざ通り、

頭はがんがん、胃はむかむか・・・そう二日酔いですね。

来週はクリスマスもあり、さらに飲酒をする機会が増えますが

アルコールに限らず、食べすぎでも胃のむかむかは起きます。

東洋医学では、このむかむかの原因が胃に熱がこもってしまうと考えます。

胃に熱がこもっているときは、舌全体がいつもより赤くなっています。

そして舌の苔も厚くなっている場合があります。

この胃熱を取る簡単な方法は、前腕にある”内関”という経穴を指圧します。

少し強めに、ず~んと重く心地よい響きがある程度に指圧をします。

しばらくすると、胃のむかむかがすっと軽くなることを感じます。

二日酔いに限らず、脂っこいものを食べたときのむかむかにも効果があります。

妊娠初期に起こるつわりにも効果が絶大です。

年末年始で飲食をする機会が多くなってきますので

この内関の経穴をしっかり刺激して乗り切りましょう!

ちりげの灸

昔から小児の疾患には、このちりげの灸がやられていました。

特に”疳(かん)の虫”の治療に用いられていました。

不思議なもので、ここに1壮小さなお灸をするだけで、

その夜は夜鳴きせずにすやすや寝てしまうのです。

うちの子供たちにも、このちりげの灸をやっていました。

ミルクが欲しいとき意外は、あまり起きなかったと記憶しています。

本当に子供には効果のあるお灸方法です。

Photo

どの場所のツボにお灸をするかというと、

背中の第3胸椎の突起のある下の凹みの部分です。

分かりずらいと思いますが、大雑把に言うと、

肩甲骨の縦の長さを4等分して上から4分の1の高さで、

胸椎の突起を見つけその直ぐ下の凹みです。

このツボは、疳の虫以外にも、子供の大抵の疾患に効果があります。

子供は、ちょっとした刺激で免疫力がUPし、

自分で体を治してしまうのですね。

その生命力には脱帽です。

不妊症改善の灸

昔から不妊症治療のための灸というのがさかんに行われていました。

ここでは二つの方法をご紹介しましょう。

まず、4寸(約12㎝)の紐をご用意ください。

仰向けに寝ていただいて、臍の中心から下に垂直に紐を垂らします。

下に垂らした紐の端にあたる部分にペンなどで印をつけます。

今度は、紐を横向きにして、紐の中心を印をつけたところに当て、

水平になるようにピンと張ります。

それぞれの紐の両端に印を付け、その点にお灸をします。

古典では、それぞれの点に37壮灸すると書いてありますが、

一般の方は艾を小さく捻ってお灸することが難しいと思いますので、

市販されている千年灸やカマヤ灸で代用してください。

壮数は、1壮で十分です。熱さを感じない人は、

熱さを感じるまでやりましょう。

ただし、火傷にはくれぐれもご注意願います。

Photo_2

さて、二つ目の方法ですが、これもおおよそ同じような場所にある

経穴ですが、”子宮穴”という奇穴があり、その経穴にお灸をします。

この経穴は不妊症だけでなく、子宮内膜症、子宮下垂などの

婦人科系疾患に効果があります。

子宮穴の場所ですが、、臍から恥骨の上端までを5等分して、

臍からの5分の4のところに印をつけ、

そこから両サイドに9㎝ほどのところに印を付けます。

調子の悪い人はこの付近を押すと圧痛がするはずです。

体格によって多少位置がずれてしまいますので9㎝にこだわらずに、

自分の人差し指から小指までの(こぶしを作る部分)の幅を取ったほうが

正確に位置が取れます。

その部分に37壮お灸しますが、

やはり一般の方が千年灸がカマヤ灸を1壮すると良いでしょう。

足三里の灸

Sanri

足三里というツボ(経穴)をご存知の方は大勢いると思います。

松尾芭蕉がこの足三里にお灸をしながら旅していたという記述が、

有名な”奥の細道”にはあります。

足三里に灸の痕がない人とは旅をするなとも 言われていたのです。

また、この足三里のツボは、養生のツボとしても有名です。

少し前までは、健 康維持のために足三里に灸をしている人もたくさんいたのですね。

まず、足三里の位置を確認していきましょう。

膝を直角に曲げて膝頭(膝蓋骨)の外側から

指4本分下(人差し指から小指ま での幅)にあります。

ちょっと言葉だけではわかりずらいかもしれませんが、

もしお手元にツボの書かれた本や図などがある方は、ご確認ください。

次に、このツボの効用についてですが、

足三里は胃の経絡に属していますので

胃の疾患全般に効果を発揮します。

また、他のツボと組み合わせると高血圧や

精神疾患にも効果があるのです。

さらに、妊娠悪阻(つわり)などにも効きます。

東洋医学では、胃腸などの消化器をとても重要視します。

胃腸が調子悪け れば”気”の原料である栄養が

十分に摂取することができません。

そうすると 元気がなくなってしまうのですね。

元気がなくなれば、さまざまな症状を引き 起こします。

ですので、毎日この足三里にお灸することをお勧めします。

お灸は、薬局や ドラッグストアでせんねん灸やカマヤ灸などの

温灸タイプのものが購入で きます。

一般の方向けのお灸ですのでとても簡単に使用することができますので

一度お試しください。

花粉症の季節

ネットのお天気のページに花粉飛散予報が掲載されるようになっています。

東京地方は、例年2月10日ころから飛散し始めますので

既に飛散し始めています。

私も数日前から、鼻の周囲が痒くなり始めました。

今年は鼻炎症状よりも、皮膚の症状から始まっています。

鍼灸治療は、花粉症に対してとても有効か治療方法です。

私も毎年シーズンが始まる前から置鍼をして肺経を整えています。

肺経は、呼吸器を司っている経絡ですので

ますはこの経絡に異常が現われます。

それ以外にも肺経に接続している大腸経や肝経の異常も

肺経に影響を及ぼすので、体質的に便秘や下痢になりやすい方

ストレスや暴飲暴食によって、肝臓機能が衰えている方は

肺経が弱っている可能性があるので、

早めの花粉症対策が必要です。

鼻炎に効果のある経穴は印堂と迎香です。

Photo_4

この部分を指圧すると鼻炎症状が緩和しますので、

辛い鼻炎症状が出てきたら、是非指圧してみてください。

より以前の記事一覧