フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


健康な話

男性更年期障害

更年期障害といえば、女性特有の疾患と思われがちですが、実は男性にも更年期障害が起こることがあります。起こる時期は女性と同じように50歳前後に始まります。

 

症状は、なんとなく体調が良くないから始まり、イライラする、良く眠れないなど、ちょっとした体調の変化がなので、気づきにくいことが多いようです。この症状をそのまま放置していると、うつ病やメタボリック症候群、生活習慣病のリスクが高まり、重大な病気を引き起こすことになります。

 

男性の更年期障害は、加齢男性性腺機能低下症候群(LOH症候群)と呼ばれます。加齢によって、男性ホルモンであるテストステロンが減少することによって、身体のいろいろなところの不調が表れてきます。潜在的な患者は600万人とか。60代以上では2割、50代以上でも1割は罹患しているようです。

 

最近、体調が良くないとか、気力なない。疲れがなかなか取れない、精神的に不安定などの症状がある男性は、うつ病かもと思う前に、テストステロンの検査をしてみると良いでしょう。テストステロンの値が低ければホルモン補充などで症状の改善が期待できます。

 

 

また、ストレスや睡眠不足でもホルモン量は低下するので、生活習慣を改善することで症状が容易に改善するかもしれません。

 

男性の更年期障害は、まだそれほど認知されていませんので、うつ病などの精神的な病気を疑われてしまい、間違った治療をすることでさらに症状が悪化してしまうことも考えられます。うつ病などの症状と似ているだけに、素人目には判別が難しいですが、血液検査で容易にわかる症状ですので、心当たりの人は検査をお勧めします。

 

鍼灸治療では、このような不定愁訴に対してはとても効果的な治療方法です。自律神経に働きかけて、体全体の機能をUPさせますので、性別に関係なく更年期の症状を改善することができます。更年期障害でお悩みの方は是非鍼灸治療を受けてみてください。

血液サラサラ食べ物ベスト10

東洋医学では、ドロドロ血液を”瘀血”といいますが、

原因は様々。冷えや熱によるものよるもの、

ストレスや疲れによるもの、食事の偏りや水分の過剰摂取によるものなど。

ドロドロ血液にも様々な種類があります。


【ベタベタ血液】

白血球同士の粘性が高く、血管の壁にくっつき易い血液。

【原因】

過度のストレスや過労

【東洋医学的タイプ】

気が滞る”気滞”、イライラ、怒り易いなどの”肝気鬱結”、気が不足している”気虚”タイプ


【ネバネバ血液】

赤血球の柔軟性が低下して、本来くっつき合わない赤血球同士が塊を作ってしまう血液。

【原因】

糖尿病、糖質の摂り過ぎ、肥満

【東洋医学的タイプ】

余分な水分が溜まる”痰湿”、胃腸が弱い”脾胃虚弱”タイプ


【ザラザラ血液】

血小板の凝集性が高まるような原因が存在することで、無数に塊を作る血液。

【原因】

冷たい物、辛いものなどの多食、お酒の飲み過ぎ、糖分の摂り過ぎ

【東洋医学的タイプ】

冷えが凝集する”寒凝”、熱が妄行する”熱邪”タイプ

さて、これらのドロドロ血液を解消するための食べ物には、

どのようなものがあるでしょう。

基本的には、私たち日本人が昔から口にしてきた食材が

一番の効果があるようです。

その中でも次の次の食材が、最も血液をサラサラにします。

【1.黒酢】

即効性があり、赤血球の変形能を高めます。血小板の凝集を抑えます。

【2.梅肉エキス】

ムメフラールという成分が血小板の凝集を抑えます。

【3.納豆】

血小板の凝集を抑えます。ビタミンB2が酸化を防ぎます。

【4.青背魚】

赤血球膜の質を良くし、変形能を高めます。血小板の凝集を抑えます。

【5.黒豆】

血小板の凝集を抑えます。抗酸化力に優れています。

【6.緑茶】

血小板の凝集を抑えます。抗酸化力や殺菌力に優れています。

【7.トマト】

赤い色素のリコピンには抗酸化力があります。高血圧を予防します。

【8.玉ねぎ】

血小板の凝集を抑えます。血糖値を下げ、善玉コレステロールを増やします。

【9.ブロッコリー】

豊富なビタミンCやβーカロチン、ポリフェノールには、抗酸化作用があります。

【10.ビール】

赤血球の変形能を高めます。葉酸が新しい血液を作るために働きます。

恋をしましょう!

先日、ネットで見かけた記事で、

恋愛は心身に大きな影響を与えるという内容が書かれていました。

恋愛というと若い人の特権のように思われますが

実は、恋愛に伴うスキンシップが中高年の健康にも

かなりの影響を与えているとのこと。

特にこの記事では、高齢者でもスキンシップをすることで

オキシトシンというホルモンが分泌され

精神的な安心感を得ることが知られているようです。

このことは、例えば未熟児の乳児の背中や手足を優しく触れることで

体温が安定し、体重が増加することは経験的に知られていましたが

実は、高齢者でも同じと事が起きるようで、

単に精神的な安心感だけでなく、痛みの感覚を抑制したり

認知症が改善したり、介護が必要な状態でも

少しずつ介護が必要でなくなる項目が増えるという事例もあるようです。

ある高齢者施設では、利用者の恋愛を自由にしたところ

利用者の日常生活のQOLが上ったとか。

イギリスの大学での研究によると、血圧や脈拍などの健康調査で

高齢者でも日常的に性交渉がある人の方が健康的だったという

結果が得られたようです。

日本では、セックスレス夫婦が増加していると言われて久しいですが

お互いの健康のために、せめて相手に恋心をいただき

手をつないだり、抱擁したりと

適度なスキンシップは欠かさず取るように心がけましょう。

健康の曲がり角

東洋医学では、男性は8の倍数、女性の場合は7の倍数の歳に

身体が変化していくと考えています。

もっとも身体の機能が充実するときは、

女性は28歳、男性は32歳。

この歳がピークになるので、それ以降徐々に

機能は低下していきます。

女性の場合は、その次の周期の35歳になると

いわゆる高齢出産という時期に入ります。

卵巣機能が低下し始める時期になり、

妊娠しずらくなります。

42歳になると、体外受精を受かられる不妊専門クリニックでも

リミットがあと1年となり、いよいよ妊娠が厳しい状況になってきます。

男性の場合も、40歳になり、次の48歳までの間に

厄年を迎えます。体力的にも低下していき、

運気的にも変化の多い歳になりますので、精神的なストレスも多くなります。

この時期に、無理をしてしまうと、その次に変化の表れる

女性は49歳、男性は56歳の時までに

一気に体調を崩してしまうことになります。

女性は更年期障害で、ホルモンバランスが乱れることにより

様々な全身の症状が表れます。

男性は、循環器疾患が急激に増えてきます。

がんの罹患率も50歳を過ぎると急激に増えてきます。

50歳以降の中高年を健康的に過ごすには、

身体が変化する時期に合わせて、生活習慣を変えていくことが大切。

特に40代に入った時に生活習慣を改められるかが

その後の健康に大きく影響をします。

私自身も丁度厄年である42,3歳のころから

食習慣が変わり、30代のときのように量も食べられなくなり

肉食もかなり減って、飲酒も毎晩できなくなりました。

この仕事をしているおかげで、自分の身体のそういう声に

敏感になっていましたので、自然な流れとして

食事は一日二食に減らし、肉食から野菜中心の食事になり

飲酒も週末のみになり、夜更かしは控えて

睡眠も8時間はしっかり取るように心がけています。

おそらくあのまま同じような生活習慣を続けていたら

今頃、高血圧や肝臓機能の低下、心臓機能の低下を

招いていたでしょう。

40代になり、30代と同じ生活習慣を続けている人は

その後訪れるであろう中高年の健康不安に陥らないために

生活習慣を見直し、無理のない生活を送るようの心がけてください。

睡眠負債

日本人の平均睡眠時間は、先進国の中では最低レベルであることは

良く知られています。

今年の初めに、日本人のす民不足による経済損失が16兆円である

という衝撃的なニュースが流れました。

睡眠不足により、体調が悪くなり集中力も低下、あるいは仕事を休むなど

仕事の効率が悪くなり、生産性が低下するために、

それが経済損失となって、日本の経済を圧迫するとか・・・・

確かに、残業時間が長いことが問題になって久しいですが、

残業が長いことで、帰宅時間が遅れ、その分就寝時間も遅れ

翌日は朝早くから出勤せざるを得ず、多少体調が悪くても

無理して出勤するために、余計に生鮮性が低下してしまいます。

最近、睡眠負債という言葉がマスコミで使われるようになっています。

睡眠不足の影響が、まるで借金の様にじわじわと蓄積され

自分が気づかないうちに脳や体の状態を低下させてしまう・・・

そのような蓄積した睡眠不足を、睡眠負債と呼ぶようです。

この負債は、知らず知らずのうちに仕事や家事の効率が低下して

場合によっては命にかかわるような病のリスクが高まることがあります。

じゃ、どれくらい睡眠不足であれば、そのようなリスクが高まるのか・・・・

アメリカの大学医学部の研究チームがこんな結果を発表しました。

ある一定の睡眠時間を一定期間続ける実験で、作業の反応速度を計測。

8時間睡眠、6時間睡眠、4時間睡眠、徹夜の4グループに分け

反応速度を計測したところ、6時間睡眠を14日続けた状態と

2日間徹夜をした状態の反応速度がほぼ一緒であったようです。

当然ですが、8時間睡眠の人はほぼ変化はありません。

6時間睡眠の人は比較的多いと思いますが

それを2週間続けると、2日間徹夜したと同じダメージを

脳や体に与えているということですので

これはかなり深刻に受け止めなければなりません。

さらに、6時間睡眠の人は、眠気など脳の働きが低下していることを

それほど自覚していないとのことで、これがさらに事態を悪化させてしまう

要因になるようです。

睡眠負債は、単に作業効率が下がるだけではありません。

東北大学の研究によると6時間以下の睡眠の女性は

7時間睡眠の女性に比べると乳がんになるリスクが1.6倍になるとか。

また、シカゴ大学の研究では、睡眠不足にさせたマウスは

がんが増殖しやすくなっていることが分かったようです。

本来がん細胞を攻撃するはずの免疫細胞が

がん細胞の増殖を助けるように働くようになることを発見しました。

それだけ深刻なダメージを睡眠不足は体に与えるようです。

東洋医学では、寝ている間は気を養うとても大切な時間と考えています。

昼間働いている陽の気を寝ることによって、また次の日も働けるように

補うのです。寝不足が続けば、それが十分に補われずに

どんどん減っていくのが分かりますね。

陽の気は、脳や運動機能を高めるだけでなく、免疫機能を活発にし

内蔵機能の働きも助けます。

陽の気が減るということは、身体の機能全体が機能不全に陥るのです。

週末に一度に返済しようとすると却って睡眠のリズムを崩してしまい

さらに負債を増やす結果になります。

そうならないためにも、できるだけこまめに睡眠負債を返済していきましょう。

宿命??

先日、浜崎あゆみがMステに生出演し、

そのパフォーマンスを観たファンから、

悲鳴ともとれる反応があったというニュースが流れました。

どのような悲鳴であるかは、ニュースを見た方であれば

知っていると思いますが、要するに体型に関するものと

パフォーマンスそのものに関するもので、

あるマスコミな”劣化”という言葉を使って表現していましたが、

あまりにも醜い表現に呆れてしまいました。

確かに、アーチストは常に最高のパフォーマンスを求められます。

それが仕事なので当然なのですが、

年齢とともに体は衰えていきますので、

どんなに努力をしても、抗うことはできません。

彼女は、今年39歳になります。

女性としては、卵巣機能が低下してくる歳は過ぎています。

早い人であれば、更年期に差し掛かっている人もいるでしょう。

ホルモンバランスが崩れやすい時期なので、

プレ更年期様の症状が出てきます。

以前、ストレスによって突発性難聴になっていますので

強いストレスが身体に影響しやすい体質であることが

推測できます。

となると、丁度卵巣機能が低下してくる時期に

強いストレスを感じ、ホルモンバランスが乱れたことにより

体調が変化していると考えられます。

それ以外にも甲状腺機能が低下するなどの

ホルモン異常があるかもしれません。

最高のパフォーマンスをしようとして努力をしても

体調が変化して、ホルモンバランスが悪い状態であれば

体型などは以前の様に保つことは難しいでしょう。

もちろん、過度のストレスによって、生活習慣が

乱れている可能性もありますが、

今までの彼女のストイックなパフォーマンスを見る限り

その可能性は低いような気がします。

私自身、浜崎あゆみのファンではありませんが、

日常的に女性を対象にして治療をしているので

もしかしたら、体調が変化してしているのでは・・・・

そうであれば、ファンやマスコミのその反応が

あまりにも冷たい反応であることに違和感を感じています。

もう少し、体調を心配するような反応があってもいいのでは???

と、思います。

アーティストの宿命で、常に体型的にスマートで

美しくあらねばならない・・・

特に女性にはそれが求められる傾向にあり、

ある意味理不尽さを禁じ得ませんが・・・・

それゆえに、このようなファンやマスコミの

残酷とも思える反応が出てしまうのでしょう。

アーティストである前に、一人の女性であることを忘れていはいけません。

どんなに努力をしても、それに抗うことのできない体の変化があることを

理解してあげましょう。

静電気

ここ数年、静電気がひどいんです・・・

と患者さんは深刻に話します。

これからの季節、空気が乾燥して体に静電気が溜まりやすくなります。

金属のドアノブや車のドアを開けようとしたときに

ピリ!!っときた経験のある方は多いかと思いますが

非常に不快な思いをします。

痛みもありますので、しばらくは金属に触れるのが怖くなります。

患者さんは、冬の季節だけでなく、湿度の高い夏にも起き

一年中ピリピリしているとのこと。

絶縁だであるゴム手袋をしていても、静電気が発生するとか。

かなりの重症です。

体の静電気は、単に衣類などの摩擦だけで溜まるわけではありません。

空気と皮膚の摩擦でも溜まります。

それ以外に、実は体内でも静電気は常に溜まっています。

神経には電気が流れています。脳も電気によって活動しています。

筋肉も神経から伝わってくる電気信号で動きます。

微弱ながら常に体は電気が発生しているわけです。

それから、血管内壁と血液の摩擦によって静電気が発生します。

リンパ管も同じように静電気が発生します。

筋肉も何層にもなっていますので、筋肉の収縮の摩擦で

やはり静電気が発生します。

常に体内では静電気が発生し蓄えられているのです。

蓄えられた静電気は、例えば金属に触れたときにそこから放電しますので

必要以上は溜まることはありません。

まだ、草履なので生活していた時代は、常に足裏が地面に接していたので

歩いているだけで溜まった静電気を放電していました。

ただ、現代はゴム製の靴や革の靴を履くようになったので、絶縁してしまうために

地面の上を歩いても放電することはありません。

なので、現代人は静電気が溜まりやすいのです。

鍼は、そんな現代人にとっては、その静電気を抜くための方法としては

とても有効です。鍼を体に刺すことで、それがアースになって

体に溜まった静電気を放電します。

時折、鍼を刺しているときにピリピリと感じるときがあります。

患者さんの体に溜まっていた静電気が放電しているのですね。

静電気は、細胞を傷つけ、神経を傷つけますので

様々な体調不良の原因にもなります。

静電気が溜まっていると感じている人は

是非、鍼灸治療を試してみてくださいね。

夏バテの正体

先日ある番組で、夏バテの正体は、

自律神経の疲れであるということが言われていました。

その原因の一つに、暑さによって無暗に汗をかくことが挙げられていました。

暑くなることで、体は体温を調整しようと汗をかくように脳から指令が出てきます。

体温調整中枢は視床下部にありますので、

まさに自律神経の中枢が働いているわけです。

その体温調整中枢が、夏の間はフルに働くわけですから

働き過ぎることによって脳が疲れ、

それによって体全体の疲労感を感じるようになるというわけなのです。

東洋医学では、汗を無暗にかくと気が消耗して気虚になるといわれています。

まさに自律神経を使いすぎることによる疲労は、気虚と同じ状態といえます。

せめて寝ているときはエアコンをかけっぱなしにして

汗をかないようにして寝ることで熟睡でき、

脳の疲労、体の疲労を解消することができるので

夏バテにならないということらしいのです。

エアコンを止めて、汗をかいて寝ることは

寝ているときに運動をしていることと同じことなので

疲労が解消でないばかりか、疲労がどんどん蓄積してしまうとのこと。

朝起きたときに怠いのは、そのせいだということなのです。

それと同じような理屈で、熱いふろに入って汗をかくのは疲れるだけなので、

ぬるいお風呂で汗をかかない程度で出るのが

一番理想的なお風呂の入り方のようです。

私はエアコンを全く付けずに寝ていますので、

汗だくの状態で朝起きることになり、確かに起きたときにだるさはありますが

部屋を移動するときの温度差によるストレスの方が大きいと思うので

夏は仕事以外では、35度を超えるような猛暑日にならない限り、

エアコンをつけることはありません。

無暗に汗をかかないように、適度に活動を調整しつつ、

うちわなどの適度な風を送り、気化熱によって体をクールダウンさせる程度が、

体に優しい方法だと思います。

汗のかき過ぎで自律神経が疲れることが夏バテの正体だとしても

汗をかかないことによる弊害もあることを忘れてはいけません。

まだ、暑い日が続きますので、自分に合った方法で

この暑い夏を乗り切っていきましょう。

歯痛

先日、15年ぶりに歯医者に行きました。

2週間前ほどから、右上の奥歯付近に違和感を感じ、

徐々に痛みに変わり、食事をするのも辛くなってきました。

ただ、神経が刺激されるような痛みではなく、

歯肉に炎症が起きているような痛みです。

時折、奥歯の歯肉が腫れることがあったので

今回もしばらくすると炎症が収まると高をっくくっていました。

しかし、2週間たっても痛みが一向に治まりません。

徐々に痛みが増してきます。

痛みの場合、合谷を指圧したり、鍼をすると楽になりますが

歯痛の場合は痛みを取るのは一時的にすることが望ましく

痛みを緩和することによって、仮にその部分が虫歯であった場合に

治療を遅らせることになるので、歯痛の痛みは歯医者に行くまでの

一時的な緩和にとどめておくことがベストなのです。

とりあえず、その間は合谷に鍼をして、また右奥歯の痛みのある部分の

顔面部に鍼をして、痛みを緩和していました。

15年前に歯医者に行ったときは、やはり右上の手前から4番目の歯が痛み

結果的に虫歯であったので、その部分を削り詰め物をして終了しました。

その時の痛みの感じが違うので、しばらく放っておきましたが

いよいよ辛くなってきたので、致し方なく受診。

結果は、奥から1番目と2番目の間に虫歯ができていて、

そこに食べ物のカスが入り込むことのよって歯肉が炎症を起こしていたようです。

幸い虫歯はごく浅く、神経まで達していなかったので、表面を少し削り

詰めて終了となりました。

日本では、定期的に歯医者にいきケアをする人が16%しかいないようで、

スウェーデンでは80%以上、アメリカなどの北米では70%以上の人が

予防のために定期検診をしているようです。

その効果で、80歳時点で自分の歯である数は20本以上であるようです。

最近では、歯の異常や歯肉の異常が、痴ほう症の原因になったり

脳や心臓などの循環器の疾患の原因になったり、あるいは特定の癌の

原因になったりと言われていますので、

歯のケアはとても需要であることが見直されてきています。

東洋医学では、上の歯は胃の弱り、下の歯は腸の弱りが原因で病気になる

といわれています。

いずれにしても、歯の健康イコール体全体の健康ですので

これから定期的に歯のチェックをしていこうかと思っています。

木剋土

5,6年前から強いストレスを受け、緊張感を続くと

下腹に力が入らず、全身倦怠と胃腸の調子が悪くなることを

繰り返していた患者さん。

胃カメラ検査をして、多少の胃粘膜の荒れがある程度で

特に異常は見られません。

内科で処方される薬を服用しても、一時的に症状は緩和しますが

根本的に治ることはありません。

藁をもつかむ思いで、鍼灸治療を受けることにしたようです。

東洋医学では、強いストレスを受けると肝が傷つきます。

肝が傷つくと、気の流れ悪くなり気滞になります。

やがて気滞が限界まで達すると、脾胃を傷つけ始めます。

西洋医学にはない理論ですが、東洋医学には五行という考え方があり

肝は木に脾胃は土に配置され、五行理論では木剋土という

木が亢進すると土を傷つける関係になるため

肝の影響が脾腎に及ぼされるのです。

なので、西洋医学でもストレス性の胃炎や胃潰瘍という病名がありますが

実はこの五行理論で説明すると分かりやすいのです。

治療後に、大きく息を吐いた患者さんは

”とてもリラックスできました!”

と、柔和な表情になりました。

より以前の記事一覧