フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« リウマチと鍼灸治療 | トップページ | 甲状腺機能と不妊 »

起立性調節障害と鍼灸

起立性調節障害(OD)は、ODは思春期に起こりやすい自律神経機能失調と考えられており、急激な身体発育のために自律神経の働きがアンバランスになった状態といわれています。日本の中学生の約10%にみられ、特に思春期の女子に多いとされています。

主な症状は、朝起きられない・めまい・立ちくらみが一番多くみられ、その他にも動悸・息切れ・睡眠障害・食欲不振・腹痛・頭痛・倦怠感など人によりさまざまな症状が現れる。 午前中に体調を狂わし、午後になると改善する症状もあります。精神的な症状としては疲労感・過換気症候群・不安障害などがみられる場合もあります。 

これらの症状が起きる原因として、自律神経のアンバランスが挙げられます。人間の体は起き上がろうとするときに交感神経が興奮して下半身の血管を収縮させて血圧を挙げます。そのことによって脳の血流を保とうとします。同時に副交感神経の活動が低下して、心臓の拍動が増加し心拍出量を上げて、血圧を維持しようとします。

起立性調節障害の場合は、この交感神経と副交感神経の働きに異常が出てしまうので、血圧が低下して脳の血流量や全身への血流が維持されないために、たちくらみやふらつき、易疲労や疲労回復が遅れてしまいます。また、脳の血流が悪いために、思考力は低下し、集中力もなくなってきます。心臓は代償性頻脈を起こすため、起立状態や少しの運動で息切れ、動悸を起こすようになり、とても体が辛く感じます。逆に、体を横にすると全身への血流が回復するため、このような症状が軽減し身体が楽になります。 

ところで自律神経の活動性には24時間周期の日内リズム(概日リズム)があります。たとえば、人は早朝になると交感神経活動が増えて身体を活性化し、夜には副交感神経活動が高まり身体をクーリングさせ、休養させます。ところが、起立性調節障害の子ども達に対応する際に、このような特徴は十分理解してあげてください。 

東洋医学では、起立性調節障害の概念に当てはまる病証はありませんので、現在出ている症状に対して、例えば”眩暈”であったり、”鬱証””不眠””心悸”などの病証に当てはめて、それぞれの病証に該当する証で治療をしていきます。

当院では、鍼灸治療に加えてスパーライザー照射も併せて行っています。スーパーライザーを星状神経節に照射することによって、交感神経をコントロールしていきます。起立性調節障害は、基本的には交感神経と副交感神経のアンバランスが原因で引き起こされますので、鍼灸治療とスーパーライザー照射を併用することで、効果的にバランスを整えていくことができます。

 

« リウマチと鍼灸治療 | トップページ | 甲状腺機能と不妊 »

鍼灸な話」カテゴリの記事

医学な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« リウマチと鍼灸治療 | トップページ | 甲状腺機能と不妊 »