フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 虚実 | トップページ | 時間を見つける »

陰陽

先日、陰陽のリズムについて書きましたが、

もう少し詳しく陰陽について書いてみましょう。

東洋医学の基本理論に”陰陽論”があります。

自然界の様々な物事の発生や発展、変化には、

この陰と陽という相対するものが存在し、

それらの相互作用によって、

自然界のあらゆるものが発生し変化していくと考えています。

森羅万象、全てのものを次のように陰陽に区分しています。

陽  上 天 日 昼 火 熱 動 外 男 腑

陰  下 地 月 夜 水 寒 静 内 女 臓 

身近な例で言いますと、男は陽に属し、女は陰に属します。

陰と陽とが交わることによって、新しい生命が誕生します。

私たちの体には、陰と陽とがバランスを保つことによって、

健康でいることが出来ます。

母から受け継いだ陰と、父から受け継いだ陽とが、

お互い補いまた制約しながら、微妙なバランスをとって、

一つの体を作り上げています。

陰と陽は単に対立する概念ではなく、

陰が存在するから陽が存在することができ

陽が存在するから陰が存在することができます。

また、陰によって陽が調整され、

陽によって陰が調整されます。

陰が増えるに従って陽が減っていき

陽が増えるに従って陰が減っていきます。

さらに、陰が極まると陽に転化して

陽が極まると陰に転化していきます。

このように、陰と陽とは常にお互いに影響しあっていて

全体として常にバランスを保っています。

この陰と陽とのバランスが崩れるとどうなるか。

陽が著しく急激に少なくなったり、

陰が著しく急激に多くなったりすると、

代謝が悪くなり、体が冷え、血圧・体温などが低下していきます。

逆に、陰が著しく急激に少なくなったり、

陽が著しく急激に増えたりすると、

代謝が活発になり、体が熱くなり、血圧・体温などが高くなります。

一日で考えると、昼間は陽気が盛んです。

陽の気が足らない人は、昼間だだるく、眠たくなります。

逆に夜になると陰気が盛んになりますから、

陰虚の人は手足がほてり、寝苦しさを訴えます。

一年で考えると、夏至はもっとも陽気が盛んで、

冬至は陰気が最も盛んなときになります。

一日で、どの時間帯がもっとも体の調子が良いか、

あるいは悪いか、一年で、どの時期が調子が良いか悪いかによって、

自分の体質が陰証なのか陽証なのかを知ることができます。

« 虚実 | トップページ | 時間を見つける »

東洋医学の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 虚実 | トップページ | 時間を見つける »