フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 妊娠の脈 | トップページ | 忘年会 »

性格と不妊症

最近、不妊治療の専門クリニックには、カウンセラーが常駐しているようですが、

不妊治療においては、特に心の問題を重視しながら治療する必要があります。

しかしながら、そのカウンセリングを担当するのが

圧倒的に看護師が多いようで、

確かに看護師の立場上、患者に寄り添い、サポートする役割には

とても適している職種かもしれませんが、

本来であれば、治療に直接携わる医師にもそのスキルが必要で

現状ではカウンセリングのスキルを持っている医師の数はそ数は

未だに少ないというのが現状のようです。

決して、その体制がマイナスだとは言いませんが、

治療に直接携わる 人間がカウンセリングのテクニックを

見につけていないのでは、片手落ちのよう な気がします。

東洋医学では、心と臓腑の関係をとても重要視しています。

臓腑に心があるという考え方があるためで、

心の状態によって、体の臓腑 に異常が出るということを、

経験的に理解して、それを体系化したのです。

不妊症の患者さんでもっとも多いタイプが、

肝鬱タイプと脾虚タイプ。

肝鬱タイプの人は、せっかち、じっとしていられない、

直ぐにイライラしやすく 起こりやすい、感情に起伏が激しい、

多弁で早口、など・・・

脾虚タイプの人は、おっとりしていて、何をするにもおっくう、

しゃべるのが ゆっくりでぼそぼそ喋る、

物事を考えすぎる傾向がある、など・・・

このような性格をしているからといって、

全員が不妊症になるというわけでは ありませんが、

そういうタイプの人が、多いということで、

そのタイプの人はほぼ同じような体質をしていて、

同じような症状を訴えます。

よく治療をしている患者さんから、

なんだか最近精神的に落ち着いてきた とか、

ちょっとしたことでイライラしなくなったとか、

気持ちがとても軽く なったというようなことを聞きます。

それも、そのはず。そのタイプ別に 治療方法を変え、

弱っている臓腑の調子を整えていますので、

臓腑が調子よく なれば、自ずと心も変わってくるのです。

西洋医学の治療ではまずあり得な い変化だと思いますが

鍼灸治療が、心を癒しす治療であるということを、

実際に体験してみると実感することが出来るでしょう。

« 妊娠の脈 | トップページ | 忘年会 »

不妊の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 妊娠の脈 | トップページ | 忘年会 »