フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« ガラムマサラ | トップページ | 不妊症改善の灸 »

人中

私は、易を趣味としていますが、易以外にも、人相と手相も好きで、

問診のときなどに患者さんのかを見ては、こういうタイプの人だなと、

ちょっとした観察をしています。

もちろん、東洋医学的に顔を診ることは、診断の一つでもありますから、

そういう意味合いでも、何気なく顔を観察することは、

とても大切なことなのですね。

人相学的に、”人中”という部分があって、

鼻の下から上唇のかけて延びる溝(下の写真の赤丸の部分)で、

ここは女性の生殖器の状態が現れるところと言われています。

Photo

それ以外にも、寿命の長短や運勢の強弱を見ることができます。

この”人中”が下に行くにしたがって広がって、

竹を割ったようにはっきりとした窪みがあることが良い相で、

逆に溝がない場合は、子宮が未発達で、

逆に深すぎて一本の筋のように見える場合は、

子供が出来にくい体質と見ます。

また、この人中が曲がっている場合は、

子宮後屈か前屈であるとされていて、

常に赤かったり、赤い斑点があると、

子宮や卵巣に何らかの異常がある場合が多いといわれています。

男性の場合は、運勢とその人の人格を見ることが出来ます。

基本は、先ほどのように、はっきりして、

下に行くにしたがって広がる状態が吉。

運勢も人格的にも申し分はありません。

浅い人は、運勢も弱いし、人格も貧弱。深すぎるのは、

運勢が定まらず、迷いが多い証拠。短い人は、

根気がなく、精神的に幼稚な人が多いようです。

よく漫画やイラストで、間が抜けているタイプには、

鼻の下が間延びして、締りがないように描きますが、

まさに人相学的に的を得た書き方なのです。

顔は、その人そのものであり、人生そのものなのですね。

今一度、自分の顔をじっくりと眺めてみてはいかがでしょう。

« ガラムマサラ | トップページ | 不妊症改善の灸 »

占いの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ガラムマサラ | トップページ | 不妊症改善の灸 »