フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 2018年6月 | トップページ | 2018年12月 »

2018年11月

元気で長生き

東洋医学が目指すのは、分かりやすく言うと”元気で長生き!!”。

西洋医学では、確かに長生きは実現しましたが、

”元気に”がどうも抜け落ちているようです。

介護保険導入で過剰なサービスをしたために、寝たきり、

車椅子生活のご老人が増えたという笑えない話があります。

東洋医学は、数千年前から人の健康を診て来ました。

まだ、西洋医学が主流でなかったつい最近まで、

日本では鍼やお灸は身近な存在だったのです。

最近ではお灸女子と呼ばれるお灸を愛好している女性が

増えてきていますが、西洋医学の限界に気づき

病気にならない体にしていこうという意識が高まってきているのでしょう。

そういう意味では、東洋医学が再び身近な存在になりつつあるようです。

”なんか調子悪いなぁ~”と思って生活している人は大勢いると思いますが、

そのくらいでは誰も医者には行かないでしょう。

医者は病気にならないと治療してくれませんし、薬だって処方してくれません。

”気のせいですね”とか”それは年のせいだからね・・・”

といわれるのがオチです。

だから、”調子悪いなぁ~”では、医者に行かないのですね。

ただ、この”調子悪いなぁ~”が積み重なると、

”病気”として自覚するようになり、

この時点でようやく医者に掛かろうかなって思うようになります。

”寝れば治るや”とか”仕事が忙しいから”といって、

そのまま放っておくと、

ある日て突然倒れてしまうなんてことになるかもしれません。

本当は、”調子悪いなぁ~ ”の段階で調子を整えていけば、

病気になることはないし、突然倒れることもないのです。

東洋医学は、この”調子が悪いなぁ~”の段階から治療するのです。

だから、鍼やお灸、漢方もそうですが、東洋医学に馴染みがある人は、

調子が悪いなぁ~ということもなく、健康で元気の過ごしています。

なんか体が調子悪いと思っている若い人は、

今から鍼やお灸で自分の体調を整えていれば、

大きな病気をすることもなく一生元気で生きていくことができます。

中高年にさしかかった人も、今からでも遅くはありません。

誰でも等しく訪れる老いを健康で迎えることができます。

もう還暦を過ぎてしまった人も大丈夫です。

それ以上老いないように今から東洋医学を始めましょう。

不妊症改善の灸

昔から不妊症治療のための灸というのがさかんに行われていました。

ここでは二つの方法をご紹介しましょう。

まず、4寸(約12㎝)の紐をご用意ください。

仰向けに寝ていただいて、臍の中心から下に垂直に紐を垂らします。

下に垂らした紐の端にあたる部分にペンなどで印をつけます。

今度は、紐を横向きにして、紐の中心を印をつけたところに当て、

水平になるようにピンと張ります。

それぞれの紐の両端に印を付け、その点にお灸をします。

古典では、それぞれの点に37壮灸すると書いてありますが、

一般の方は艾を小さく捻ってお灸することが難しいと思いますので、

市販されている千年灸やカマヤ灸で代用してください。

壮数は、1壮で十分です。熱さを感じない人は、

熱さを感じるまでやりましょう。

ただし、火傷にはくれぐれもご注意願います。

Photo_2

さて、二つ目の方法ですが、これもおおよそ同じような場所にある

経穴ですが、”子宮穴”という奇穴があり、その経穴にお灸をします。

この経穴は不妊症だけでなく、子宮内膜症、子宮下垂などの

婦人科系疾患に効果があります。

子宮穴の場所ですが、、臍から恥骨の上端までを5等分して、

臍からの5分の4のところに印をつけ、

そこから両サイドに9㎝ほどのところに印を付けます。

調子の悪い人はこの付近を押すと圧痛がするはずです。

体格によって多少位置がずれてしまいますので9㎝にこだわらずに、

自分の人差し指から小指までの(こぶしを作る部分)の幅を取ったほうが

正確に位置が取れます。

その部分に37壮お灸しますが、

やはり一般の方が千年灸がカマヤ灸を1壮すると良いでしょう。

人中

私は、易を趣味としていますが、易以外にも、人相と手相も好きで、

問診のときなどに患者さんのかを見ては、こういうタイプの人だなと、

ちょっとした観察をしています。

もちろん、東洋医学的に顔を診ることは、診断の一つでもありますから、

そういう意味合いでも、何気なく顔を観察することは、

とても大切なことなのですね。

人相学的に、”人中”という部分があって、

鼻の下から上唇のかけて延びる溝(下の写真の赤丸の部分)で、

ここは女性の生殖器の状態が現れるところと言われています。

Photo

それ以外にも、寿命の長短や運勢の強弱を見ることができます。

この”人中”が下に行くにしたがって広がって、

竹を割ったようにはっきりとした窪みがあることが良い相で、

逆に溝がない場合は、子宮が未発達で、

逆に深すぎて一本の筋のように見える場合は、

子供が出来にくい体質と見ます。

また、この人中が曲がっている場合は、

子宮後屈か前屈であるとされていて、

常に赤かったり、赤い斑点があると、

子宮や卵巣に何らかの異常がある場合が多いといわれています。

男性の場合は、運勢とその人の人格を見ることが出来ます。

基本は、先ほどのように、はっきりして、

下に行くにしたがって広がる状態が吉。

運勢も人格的にも申し分はありません。

浅い人は、運勢も弱いし、人格も貧弱。深すぎるのは、

運勢が定まらず、迷いが多い証拠。短い人は、

根気がなく、精神的に幼稚な人が多いようです。

よく漫画やイラストで、間が抜けているタイプには、

鼻の下が間延びして、締りがないように描きますが、

まさに人相学的に的を得た書き方なのです。

顔は、その人そのものであり、人生そのものなのですね。

今一度、自分の顔をじっくりと眺めてみてはいかがでしょう。

ガラムマサラ

ガラムマサラというのは、にインド料理で使われる

いくつかのスパイスを混ぜた香辛料の一種で、

インド料理には欠かせないスパイス。

分かりやすく言うと、カレーの香りや味が

ほぼそれに近いので、想像しやすいかと思います。

以前、ある番組でインド料理研究家の香取薫さんが出演していて、

家庭でできる簡単インド料理の作り方を紹介していました。

以前からスパイスには興味があったのですが、

スパイスの混合の仕方がわからず、難しそうでもあり、

実際に作ることはありませんでした。

その番組で香取さんが手際よく、料理してるのを観て、

私にも出来そうだと、始めてみることを決意。

スパイスは、基本的に漢方薬と同じものを使うことが多いのです。

ガラムマサラに使われるスパイスには、たとえばシナモン、

クミン、コリアンダー、カルダモン、ブラックペッパー、

クローブ、ナツメグなどがあります。

漢方では、桂枝、馬芹、香菜、小荳蒄、黒胡椒、丁子、肉荳蒄といいます。

インド料理というと、まずカレーを思い浮かべますが、

カレーはいわゆる薬膳料理で、カレーのルーは

まさに漢方の塊なのです。

日本で一般的にカレーといわれているものは、

スパイスにデミグラスソースを加えていますので、

とろみがあり、濃い茶色をしていますが、

インドカレーの色はさまざまです。

一般的な黄色は、ターメリックの色で、

これもまた 漢方ではウコンといいます。

白いカレーや緑色のカレー、赤色のカレーなど、

それぞれ加えるスパイスによって、色もさまざまです。

さっそく、香取薫さんが書いているインド料理のレシピ本を数冊購入して、

基本的なスパイスであるシナモン、クミン、コリアンダー、

カルダモン、ブラックペッパー、グローブ、ナツメグ等を購入し、

作ってみることに。

スパイスは、なんといっても香りが良いですね。

香ばしい香は、食欲をそそります。

本に記載のある分量でスパイスを調合し、

トマトとジャガイモと玉ねぎを炒め、

調合したスパイスを入れていきます。

最後に、ガラムマサラで味を調え、

ブラックペッパーで辛さを調整し、出来上がり!!

匂いは、まさにカレー(当たり前ですが・・・)。

市販されているルーで作るよりも、香ばしく、

それぞれのスパイスの個性が光ります。

味もまた、絶品!初めて作ったのに、

これだけ美味しくできるのですから、スパイスの力には驚きました。

スパイスの量は、自分好みに自由に変えることができます。

全く漢方薬を調合するときと同じで、これもまた楽しい作業になります。

カレーを食べるということは、漢方薬を食べていることと同じですので、

これかれカレーを食べる回数が増えそうです。

心身一如

先日、不妊治療で来院されていた患者さんから、

妊娠しましたとのメールをいただきました。

毎回、ご懐妊メールをいただくたびに、嬉しい気持ちで一杯になります。

この方は、病院での治療は技術の押し付けと

流れ作業的な診療になるから嫌だということで、

初めから東洋医学で体を整えていこうと志していました。

東洋医学を多く分けると、湯液(漢方)、鍼灸、気功、

推拿(按摩)に分けられ、体の内側と外側からの刺激と、

セルフエクササイズによって、体の気血の流れを良くし、

気血を充実させることによって、体を整えていきます。

この方は、まず太極拳(気功の一種)を始めまして、

体を動かして、気を整えていました。

それから、当院での鍼灸治療で、外側から気血を充実させ、

それから漢方(偶然にも私が知っているドクターのところに通院!)を

服用して内側から、体を整えていました。東洋医学のフルコースです。

4ヶ月ほどしたころ、今まで張り詰めていた気持ちが、

ふっと吹っ切れたとのメールをいただきました。

何事もがむしゃらにやり過ぎたと・・・周囲の様々なプレッシャーと、

あれもこれもやらなきゃ、妊娠できないという、ある種の強迫感・・・

そのメールが来て間もなく、妊娠しましたという報告を受けました。

それまでにやってきた鍼灸や太極拳、漢方によって、

今まで鬱屈していた気持ちが一気に解放したのでしょう。

その瞬間に、体中に気が巡ったのです。

そうして、本当の意味での赤ちゃんを迎えるための体になったのですね。

体が変わるということは、心も変わるということ。

これを東洋医学では”心身一如”といいます。

心が変わっていることに気づいたら、

もう体は整っているということです。

心と体が一つであることは、いろいろなところでお話をしていますが、

まさにそのことを実感することができました。

美肌の鍼灸

これからの季節、寒さと乾燥によって

肌がカサカサになる方は大勢いると思います。

特に女性にとってはお肌の手入れは

日常欠かせないものになっていますね。

若さのバロメータでもあり、カサカサやシミはできるだけ

避けたいというのが人情でしょう。

さて、そこで美肌の基本はまず肌荒れを防ぐこと!!

ということで、肌荒れにならないためのツボをご紹介しましょう。

Daitsui_3

まず、首のちょうど後ろにある”大椎”という経穴、

頚椎の7番目と胸椎の1番目の棘突起(背骨の尖った部分)にあります。

首を曲げると大抵の人は一箇所だけ

ぼこっと盛り上がりったところがあります。

それが大体頚椎の7番目の棘突起になりますので、

その真下が大椎になります。


”大椎”は、顔中にある経絡が全て通過する経穴なので、

ここを刺激すれば、顔中の経絡にその刺激が行き渡るのですね。

だから美顔には大切な経穴なのです。

Chukan_2

それから、お腹にある中脘という経穴。

みぞおちとお臍を結んだ線のちょうど真ん中にあります。

胃の調子が悪いと肌荒れの原因なります。

胃の調子を整えるにために重要な経穴なのです。

Gokoku

さらに手の親指を人差し指が接している根元の

凹みにある"合谷”という経穴。

大腸経の重要な経穴で、便秘などで肌が荒れている方には

必須の経穴です。便秘解消で美肌をゲット!!

これらの4箇所の経穴に、お灸でもいいですし、

鍼と同じような刺激を与えることができる”簡易梅花鍼”で刺激を与えましょう。


【簡易梅花鍼の作り方】

まず、楊枝を10本程度用意してください。

それを、揃えて束ね輪ゴムでしっかり留めます。

尖っている方ではなくてぎざぎざの付いている方を

しっかり縛ってください。これで出来上がりです!

使い方は簡単、柄の方を軽く持って、

尖っている方をツボにとんとんとんという感じで、

少し痛みを感じる程度の力で叩きます。

しばらくすると叩いている部分が赤くなってきますので、

赤くなったら終わりにしましょう。

片頭痛を改善する体操

片頭痛は、頭の片側のこめかみから目にかけて、

場合によっては、後頭部の方まで広範囲にわたり、

脈を打つように痛むのが特徴です。前触れの現象として、

”閃輝暗点”というのがあり、視野の中心にチカチカした光の点や

ギザギザした線が現れます。

症状がひどくなると、吐き気や音や光に敏感になり、

寝込んでしまう人もいまから、たかが頭痛とって

片付けられることはできませんね。

片頭痛の原因は、脳内の血管の拡張や収縮に関わっている

”セロとニン”という神経伝達物質が減少したり、

あるいは上手く働かなくなることによって、

血管が拡張し過ぎてしまう事によって引き起こされます。

脈打つような痛みは、血管の周囲にある三叉神経が

血管が拡張するたびに刺激されるために起こります。

今回は、この片頭痛を簡単に和らげる体操をご紹介します。

いつでもどこでも手軽に出来る体操ですから、是非試してみてください。

【指そらし体操】

Yubimawashi1

・片頭痛のある側の薬指を写真にあるように、後に反らしていきます。

・ピリピリと痛いくらいまで、反らしていきましょう。

・あまり痛みを感じない人は、反らしながら、

小指側に曲げてみたり、中指側に曲げてみたりして、

より痛みの感じるところを探してください。

・しばらくすると、痛みがスーッと引いてくること感じてきます。

指反らし体操をしても、痛みに変化がない場合は、

薬指の爪の両側を、もう一方の手で挟み、

少し強めに、痛みを感じるくらいに、ぐりぐりと捻るようにしましょう。

Yubimawashi3

頭痛改善のマッサージ

頭痛にはいくとかタイプがあります。一番多い頭痛は次の2つのタイプ。

【片頭痛】

女性に多い、ズキンズキンと脈打つような痛み

【筋緊張型頭痛】

頭を締め付けられるような痛み

タイプによって使うツボは異なりますが、

マッサージによって筋の緊張を和らげ

首から肩の血行を良くすることで筋緊張型頭痛は改善できます。

また、片頭痛は痛みを抑えるためのツボで痛みを改善していきます。

使う経穴は次のとおり。

【片頭痛】

太陽・百会・合谷・外関・太衝・足臨泣

【筋緊張型頭痛】

太陽・百会・風池・崑崙

”太陽”は、いわゆるコメカミにあるツボ。

頭が痛いとつい抑えてしまうところですが、

ここを親指で痛気持ち良いくらいの強さで指圧します。

”百会”は、頭の天辺にあるツボで、

左右の耳の先端を結んだ線と頭の正中線が交わる部分。

人によっては、少しぶよぶよしています。

ここを少し強めに刺激します。

”合谷”は、手の親指と人差し指の付け根の

やや窪んだところあるツボ。

ここを親指でやや人差し指側にえぐるように指圧します。

”外関”は、手背を上向けにして手首のから

大体5~6㎝のところのちょうど中心にあるツボ。

ここを親指で押し揉むような感じで指圧します。

”太衝”は、足の親指と人差し指の骨の間にあるツボ。

ここを押すとかなり痛みを感じる人もいます。

そういう人はかなりストレスを抱えています。

手の親指と人差し指で足底とこのツボをは

うにして指圧します。

”足臨泣”は、足の薬指と小指の骨の間にあるツボ。

ここも押すとかなり痛みを感じる人もいます。

手の親指と人差し指で足底とこのツボを

はさむようにして指圧します。

”風池”は、後ろ髪の生え際のくぼみにあるツボ。

両方の親指を左右それそれのツボにあて、

他の4本の指は頭を包むように軽く頭に添えて、

それぞれ反対側の目に向けて指圧します。

目の奥がじ~んと心地よい響きが感じます。

”崑崙”は、外くるぶしの外側でアキレス腱との

間のくぼみにあるツボ。

親指と人差し指でつまむように指圧します。

それから、片頭痛の場合は、痛い側の首、

ちょうど頚動脈の走っている部分を冷やしましょう。

筋緊張型頭痛の場合は後頭部から首筋にかけて温めてください。

足三里の灸

Sanri

足三里というツボ(経穴)をご存知の方は大勢いると思います。

松尾芭蕉がこの足三里にお灸をしながら旅していたという記述が、

有名な”奥の細道”にはあります。

足三里に灸の痕がない人とは旅をするなとも 言われていたのです。

また、この足三里のツボは、養生のツボとしても有名です。

少し前までは、健 康維持のために足三里に灸をしている人もたくさんいたのですね。

まず、足三里の位置を確認していきましょう。

膝を直角に曲げて膝頭(膝蓋骨)の外側から

指4本分下(人差し指から小指ま での幅)にあります。

ちょっと言葉だけではわかりずらいかもしれませんが、

もしお手元にツボの書かれた本や図などがある方は、ご確認ください。

次に、このツボの効用についてですが、

足三里は胃の経絡に属していますので

胃の疾患全般に効果を発揮します。

また、他のツボと組み合わせると高血圧や

精神疾患にも効果があるのです。

さらに、妊娠悪阻(つわり)などにも効きます。

東洋医学では、胃腸などの消化器をとても重要視します。

胃腸が調子悪け れば”気”の原料である栄養が

十分に摂取することができません。

そうすると 元気がなくなってしまうのですね。

元気がなくなれば、さまざまな症状を引き 起こします。

ですので、毎日この足三里にお灸することをお勧めします。

お灸は、薬局や ドラッグストアでせんねん灸やカマヤ灸などの

温灸タイプのものが購入で きます。

一般の方向けのお灸ですのでとても簡単に使用することができますので

一度お試しください。

« 2018年6月 | トップページ | 2018年12月 »