フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 米国インフル大流行、ワクチン効果の低さが一因か | トップページ | 足三里の灸 »

出産報告のお手紙

Baby

昨年の夏に出産された患者さんから、出産報告のお手紙をいただきました。

一昨年、体外受精の傍ら体作りのために鍼灸治療をされ

その年の秋に妊娠されました。

年齢的にもアラフォー世代で、決して簡単に妊娠できる状態ではありません。

加えて、もともとの胃腸の弱さがあり、拒食症気味でとても痩せていました。

これでは妊娠はおろか、自分の体を維持するもの大変な状態でしたので

まずは胃腸を整えるところから始めました。

半年ほど鍼灸治療をすると、胃腸の調子も良くなり

食欲も出てきて、体重も少しずつ増えてきましたので

体外受精を開始。

何回目かの移植で、無事妊娠することができました。

その後、妊娠も順調に経過していましたが、

もともと体力のない身体でしたので、妊娠が進むにつれて

妊娠中毒症などの症状が出て、後半はとても大変だったようです。

出産も難産で、出産後も3ヶ月ほどは睡眠不足と体調不良で

育児も大変だったようですが、今はお子さんも元気に成長して

寝返りを打つようになったとか。

最初に問診したときには、あまりにも体調が良くないので

妊娠は無理かも・・・・と思っていましたが

ご本人の強い意志と地道な体作りた功を奏して

無事出産されて、本当にほっとしています。

妊娠は時間との勝負です。本気で妊娠を考えている人は

今すぐにでも本気で生活習慣を変え、

体作りに取り組まなければなりません。

鍼灸治療が不妊症を克服するには最適な治療法であることは

徐々に明らかになってきています。

もう無理かも・・・と諦めかけている人は

是非鍼灸治療を試してみてください。

« 米国インフル大流行、ワクチン効果の低さが一因か | トップページ | 足三里の灸 »

おめでとう!」カテゴリの記事

不妊の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 米国インフル大流行、ワクチン効果の低さが一因か | トップページ | 足三里の灸 »