フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 日光浴の効用 | トップページ | 雷地予 »

精子の老化

昨日放映されたNHKのクローズアップ現代という番組で

精子の老化について取り上げられていました。

不妊症の原因の半分が男性の問題ということが言われて久しいですが

単に精子の量が少ないとか、運動率が低いというレベルから

特に問題のないレベルの精子の量であったり

運動率であったりしても、精子自身が老化しているために

受精をした後に受精卵を分割させる力がないということが

最近の研究で分かってきたようです。

これはかなり衝撃的な事実で

卵子の老化は以前から言われていましたので

できるだけ早く妊活に取り組もうと努力を重ねてきています。

今までは、精子の状態が悪くても

例えば人工授精や体外受精などをすれば

妊娠するだろうと言われていましたが

精子の老化がある場合では、人工授精をしても体外受精をしても

妊娠することは難しいのです。

卵子がたくさん採れて、受精したにもかかわらず

分割が上手くいかず、胚盤胞まで培養できずに

移植まで進むことができないというケースは多くあります。

少しでも卵子の質を上げようと、サプリメントを服用して

鍼灸治療などを受けて、卵子の質が上がったとしても

精子の老化があれば受精はしても受精卵の質を高めることはできません。

昨年の海外の研究で、男性の葉酸不足によって

流産や低体重児などの問題が多くなるという結果が出ています。

妊活するうえで、女性だけでなく男性も身体のケアをすることが

大切なのです。

精子の量が40年間よりも半減しているという事実が明らかになり

生活環境や生活習慣などが原因といわれていますが

まず自分でできる範囲の生活習慣を変えていくことから始めて

精子の老化を予防していきましょう。

« 日光浴の効用 | トップページ | 雷地予 »

不妊の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 日光浴の効用 | トップページ | 雷地予 »