フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 三人の天使 | トップページ | 4年振りの大雪 »

卵のグレードについて

体外受精をしている方にとっては、採卵の度に気になる受4精卵のグレードですが、

初期胚のグレードと胚盤胞のグレードの表記に違いがありますので、注意しましょう。

初期胚の場合

グレード1が最も良く、割球が均等でフラグメンテーションを認めないものを指します。フラグメンテーションとは細胞の破片のことで、破片が少ないほど質の良い胚となります。

グレード2は、割球の形は均等だけど、わずかにフラグメンテーションがあるものを指します。

グレード3は、割球が不均等で、少量のフラグメンテーションも認められるものを指します。

グレード4は、割球が均等または不均等で、かなりのフラグメンテーションがあるものをします。

グレード5は、割球がほとんど見られず、フラグメンテーションで埋め尽くされているような胚を指します。

胚盤胞の場合は、成長の過程で、胚盤胞腔の広がりと孵化(ハッチング)で

6段階で評価し、初期のものがグレード1、胚盤胞腔の広がりが進むにつれて

2、3、4とグレードが進み、グレード6は着床寸前の状態となります。

グレード1は初期胚盤胞と呼ばれ、胚盤胞腔が胚容積の半分未満の状態です。

グレード2が「胚盤胞」と呼ばれ、胚盤胞腔が胚容積の半分以上の状態です。

グレード3は、完全胚盤胞と呼ばれ、胚盤胞腔が完全に胚を満たす状態です。

グレード4は、拡張胚盤胞と呼ばれ、胚盤胞腔容積がさらに拡張し、

透明帯が薄くなり始めているものをさします。

グレード5は、孵化中胚盤胞と呼ばれ、孵化しつつある(栄養外胚葉が

透明帯の外に脱出し始めている)胚盤胞になります。

グレード6は、孵化後胚盤胞と呼ばれ、胚が完全に透明帯から脱出し、

孵化(ハッチング)が完了した胚盤胞を指します。

また、このグレード表記に加えて、グレード3以上は、内細胞塊(ICM)と

栄養外胚葉(TE)の状態をA、B、Cの3段階で評価します。

内細胞塊のAは「細胞同士が密に接し、細胞数が多い」、

Bは「細胞同士の接着が粗で、細胞数が少ない」、

Cが「細胞数が非常に少ない」という状態です。

また栄養外胚葉は、Aは「細胞数が多く、互いに接着した上皮を形成している」、

Bは「細胞数が少なく、結合が粗な上皮を形成している」、

Cが「数少ない大きな細胞が上皮を形成している」ことを表します。

内細胞塊は、実際に胎児の体に成長していく部分で、

栄養外胚葉は胎盤などに成長していく部分になります。

では、胚盤胞の場合のグレードと妊娠の成績にはどのような関連があるのでしょう。

この件に関して、今年発表された論文に次のような結果が公表されました。

ベスト(3AA以上)、

良好(3〜6AB、3〜6BA、1〜2AA)、

普通(3〜6BB、3〜6AC、3〜6CA、1〜2AB、1〜2BA)、

不良(1〜6BC、1〜6CB、1〜6CC、1〜2BB)の4群に分類し、

正常胚を移植した417名477個の胚盤胞を移植したところ、

次のような結果になったようです。

      継続妊娠率   流産率

ベスト    84,2%     0%

良好     61.8%      2.7%

普通     55.8%    11.3%

不良     35.8%    18.9%

ICM(内細胞塊)グレード

A      76.2%       1.6%

B      53.6%      11.5%

C      13.5%      58.3%

やはりというべきか、胚のグレードと妊娠率あるいは

流産率は関係があるのです。

特に、内細胞塊、つまり胎児の体になる部分のグレードが良いほど

妊娠率は高いことが分かったようです。

ちなみに、栄養外胚葉のグレードや胚の大きさによる比較では

有意差を認めなかったようです。

« 三人の天使 | トップページ | 4年振りの大雪 »

不妊の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 三人の天使 | トップページ | 4年振りの大雪 »