フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 内臓同士が会話している! | トップページ | 統合医療 »

21人に1人

2014年のデータによると体外受精で出産した子供は

47,322人で、総出生数に対する割合は

21人に1人となったようです。

ということは、1クラスに1,2人はいる計算になります。

日本は、世界の中でも体外受精の実施件数が

最も多い国であることで有名です。

2014年のデータでは、年間39万件あまりとのこと。

しかし、体外受精による妊娠率は最下位クラスのようです。

その理由は、晩婚化による高年齢での実施件数が多いためで

他の国は、妊娠できない原因がはっきりしている比較的に

若い人の実施率が多いために、妊娠率も高くなっているようです。

年齢が高いというだけで、他の妊娠できない原因がはっきりしていない

というのが日本の特徴のようで、

どうしても卵子の老化による妊娠の難しさがあるようです。

とはいえ、年間40万件近い体外受精が行われているのですから

それだけ体外受精をする心理的な壁が低くなったことも

体外受精を積極的に受ける要因になっているかもしれません。

体外受精と鍼灸治療を併用することで

妊娠率が上がるという研究報告はされていますので

特に40歳を超えた方は、鍼灸治療の併用をお勧めします。

卵質の向上と子宮環境の改善で、

妊娠しやすい身体づくりをしていきましょう。



« 内臓同士が会話している! | トップページ | 統合医療 »

不妊の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 内臓同士が会話している! | トップページ | 統合医療 »