フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 記録更新!? | トップページ | 妊娠率を上げるには »

妊娠高血圧腎症

妊娠高血圧症候群は、何らかの原因で引き起こされる

妊娠に対する母体の適応不全と定義されています。

基本的には、妊娠をすると妊娠していないときよりも

軽度に低下するようです。

症状としては、高血圧とそれに伴う頭痛、浮腫、蛋白尿

DIC(播種性血管内凝固)、肺水腫、肝機能障害、腎機能障害など

全身にわたります。

全妊娠の7~10%に起こる症状で、最悪の場合母体の死亡

胎児の死亡の原因にもなりますので、安易に考えることはできません。

妊娠高血圧症候群の中で、腎機能に障害が現われる

妊娠高血圧腎症について、11~14週から36週までの間

アスピリンを150㎜g服用することで、早産のリスクが低下するという

研究結果が発表されました。

不育症で使用されている低用量アスピリンは、

この研究で使用されている量の半分ほどですが、

アスピリンは不育症だけでなく、妊娠高血圧腎症にも

一定の効果があるようですので

リスクの高い妊娠の場合は、服用が勧められるでしょう。

最近、当院に来院されていた患者さんで

この妊娠高血圧腎症で、流産された方がいました。

決して珍しい症状でないので、妊娠されている方

これから妊娠を予定している方は、

高血圧や浮腫などの体調の異変には敏感になり

少しでも早く対処することをお勧めします。

« 記録更新!? | トップページ | 妊娠率を上げるには »

婦人科疾患の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 記録更新!? | トップページ | 妊娠率を上げるには »