フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 土用入り | トップページ | 気が合わない?? »

過敏??

”過敏性腸症候群かも・・・”

と、患者さんが不安そうに話します。

過敏性腸症候群は、英語表記の頭文字を取って”IBS”とも呼ばれますが、

腸検査や血液検査などで特に異常が発見されないにもかかわらず、

腹痛や下痢、便秘などが長期にわたり継続する疾患を言います。

長期というのはどれくらいかというと、

ローマ基準という国際的に標準化された診断方法によると

3ヶ月以上と言われています。

女性の場合は、月経周期に伴って便秘をしたり下痢をしたりする場合がありますが、

その場合は、当然ですが含まれません。

何の異常もないのに、腹部の不快な症状が3か月以上継続する場合に

初めて過敏性腸諸侯群というお診断がされます。

私も子供のころ、腹痛と下痢に悩まされましたが、

まだそのころはこの概念がなかったので、

単に大腸炎とか、食あたりとか、風邪などと診断を受けて

適当な薬を処方されていました。

この症状は、西洋医学では治すことができないと悟った20代のころ

漢方や気功、鍼灸などを試して、その効果を実感して

自分でこの症状を治したくて、鍼灸師になったようなものですが、

実際、西洋医学ではあまり効果的な治療方法はありません。

西洋医学的にわかっている原因には、消化管運動の異常

消化管の知覚過敏、心理的な異常などがあり、

それによって、処方される薬がことなってきます。

基本的に対処療法なので、一時的に改善しても

また症状が出てきてしまうことが多いようです。

腸は第二の脳といわれているように、神経細胞が張り巡らされています。

ストレスや緊張などによって、セロトニンが増え、それによって

過敏に腸が反応してしまい、様々な腸の不快な症状を引き起こします。

神経質な人やストレスに弱いタイプの人に多い症状ですので、

本来気分を安定させるために作用するはずのセロトニンが

腸管では、過敏に反応するように作用してしまうのです。

また、腸管には、体全体の免疫細胞の6割が待機しているので、

その免疫機能の異常が現われれば、細菌などの進入を許し

腸管に炎症症状を引き起こしてしまうことになり、腸管はダメージを受けてしまいます。

最近では、免疫異常が関与している可能性があると指摘されているので

何らかの免疫機能の障害が引き金になっていることも考えられます。

免疫異常の病気といえば様々なアレルギー疾患や膠原病などの

自己免疫疾患がありますが、その一つの可能性もあるでしょう。

ストレスや過労、生活習慣の乱れによって免疫機能が下がれば

当然ですが、腸管内の免疫機能も低下し、防御作用の低下してしまいます。

そのことによって、容易に感染性の腸炎を引き起こし

それが原因になって、過敏になっていくことは十分に考えられます。

いずれにしても、腸の機能を調整している神経細胞や免疫細胞が

ストレスや生活習慣の乱れによって、機能が低下してしまうことで

過敏性腸症候群を発症していますので、

まずは生活習慣を改善し、ストレス解消を心がけ

自律神経や心理的な面でのバランスを改善することが

最優先でしょう。

鍼灸治療は、ストレスによって乱れてしまった自律神経を調整するには

最も効果のある治療法です。

また、免疫機能を改善する効果もありますので、過敏性腸症候群の治療には

最適な治療方法です。

日本人の10~15%はこの過敏性腸症候群に悩まされていると言われていますが、

薬ではなかなか改善しない症状ですので、自分の本来持っている治す力を

呼び覚まし、副作用のない鍼灸治療で、症状を改善していきましょう。

« 土用入り | トップページ | 気が合わない?? »

胃腸の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 土用入り | トップページ | 気が合わない?? »