フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 健康の曲がり角 | トップページ | 朝ヨガ »

月経不順と漢方薬

月経不順は、医学的な表現ではありませんが、

一般的には月経期間の長さや周期の長さが一定しない状態をいいます。

日本産婦人科学会によると正常な周期の長さは25~38日。

月経期間は3~7日間が正常と言われています。

周期が24日以下の場合、頻発月経といい

39日以上になると稀発月経といいます。

月経周期が2日以下の場合、過短月経といい

8日以上になると過長月経といいます。

月経周期や期間には個人差がありますが、

月経不順の原因の多くがホルモン分泌のアンバランスが原因で起こります。

月経不順の改善に効果のある代表的な漢方薬は

当帰芍薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸、桃核承気湯などがあります。

寒がりで体力のないタイプで、貧血やむくみがある場合は

当帰芍薬散がお勧め。

寒がりで体力のないタイプで、月経痛が強くのぼせ症状がある場合

桂枝茯苓丸がお勧め。

体力がなく不眠やイライラなどの精神的に不安定なタイプは

加味逍遥散がお勧め。

体力が充実していて頑固な便秘があるタイプで、月経痛が強い場合は

桃核承気湯がお勧め。

ホルモンバランスが崩れてしまう原因は、生活習慣の乱れや

ストレス、過労、偏食や暴飲暴食など様々ですが、

生活習慣などを改善しつつ副作用の少なく体に優しく作用する

漢方薬を服用してホルモンバランスを正常に戻していくと

月経不順が改善していきます。

女性の健康は、月経に左右されます。月経不順であるということは

何らかの健康上のトラブルを抱えているので

心当たりに人は、早めに体のケアを心がけましょう。

« 健康の曲がり角 | トップページ | 朝ヨガ »

漢方な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 健康の曲がり角 | トップページ | 朝ヨガ »