フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

三角灸で卵巣機能改善

三角灸は、卵巣機能改善の効果があります。

方法は、口の幅を一辺とする正三角形を作り

頂点をお臍に当て、底角に当たる部分がお灸のポイントになります。

Sankakukyu3

上記の写真がお灸のポイントになりますが、

何故ここが卵巣に効果的なのかというと

生理学的にきちんと説明ができます。

体表には内蔵体性反射という関連痛が放射するエリアがります。

Photo

上記の図が胸部と腹部の関連痛エリアですが、

丁度お臍の下部に卵巣のエリアになっています。

つまり卵巣の症状が脊髄を介して体表に反映されているということで

体表のエリアを刺激すると、卵巣を刺激していると同じ効果が得られるのです。

その刺激が痛みの刺激であれば、交感神経が興奮して

血管を収縮させてしまいますが、

同じ痛みの刺激でもお灸や鍼の刺激の場合は

一旦交感神経が興奮しても、直ぐに交感神経が抑制されて

結果的に血管が拡張していきます。

なので、卵巣周辺の血流が改善し、

卵巣機能の改善が期待できるのです。

また、このエリアは、デルマトームでいうと

第11番胸髄(Th11)の皮膚節になっていますので

卵巣動脈神経叢と同じ胸髄となり

やはり、皮膚の刺激を介して

間接的に卵巣動脈神経叢を刺激することができ

卵巣周辺の血流を改善することができます。

先人たちは、このエリアに卵巣機能を改善する効果があることを

経験的に知っていたので、その取穴方法として

口の幅を一辺とする正三角形を考案したのでしょう。

誰でもできる卵巣機能改善方法なので

妊活中の女性は是非試してみてください。

物忘れ改善薬

先日、物忘れ改善薬が発売されたというニュースがありました。

興味津々でそのニュースを読みましたが、

どれも同じ生薬が配合されていました。

以前、このブログかHPの記事に書きましたが

3年ほど前に富山医科薬科大学の研究によって

生薬の遠志(おんじ)が含まれている

加味帰脾湯が、脳神経再生の効果があり、

アルツハイマー型の認知症に効果が期待できるという

論文が発表されました。

それ以降、この遠志の研究が進んでいたのでしょう。

各製薬メーカーはら発売されたこれらの薬の効能効果に、

”中年以降の物忘れ改善”

と書かれています。

厚生労働省が、この効能効果を認めたということの表れで

遠志が脳神経再生に効果があると認めたということにもなります。

各メーカーとも派手に宣伝していますが、

中高年以降の方にとっては

切実な悩みでもある物忘れからの

それが悪化することによる認知症にはなりたくないという

危機感があります。

ただ、漢方薬というのは、複数の生薬が合わさって

初めて全体としての効果を発揮しますので

生薬単独で服用するよりも、より効果的で

生薬単体の副作用を緩和する働きもあり、

また、その他の症状も改善しつつ

本来ある身体のベストな状態に

戻していくことができます。

どうしても西洋薬を中心に製造している製薬メーカーは

一つの効能効果に捉われるあまりに

本来生薬が持っている特性を生かしきれないような気がします。

もし、中年以降の方で物忘れ改善薬を試してみたいという場合は

加味帰脾湯をお勧めします。

加味帰脾湯は、精神的な不安感も和らげ、貧血や不眠症

その他慢性疲労などの虚弱体質も改善していきます。

生薬がこれほどクローズアップされる機会はあまりまいので

これを機に漢方薬に興味を持ってもらえると

漢方好きの私にとっては、この以上嬉しいことはないですね。

気が合わない??

土地を購入して一軒家を建てる計画がある患者さんは

1年以上も物件を探し続けています。

良い物件が見つからないのかと思いきや

物件はあるのだけれども、見学に行こうとすると

家族の誰かが必ず体調を崩してしまい、

見学ができないので、物件が決まらないようです。

土地などの不動産を購入する際には

方位やその土地の風水がとても大切です。

見学に行こうとすると体調を崩してしまうのは

方位的に良くないか、その土地の気が

家族に合わないか、どちらかの可能性があります。

不動産に限らず、旅行などに行っても

その観光地の土地から出ている気が

自分に合わなければ、敏感な人であれば

体調を崩してしまうでしょう。

特に強い気が出ているところは、

パワースポットなどと呼ばれていますが

そういう場所であっても、自分に気に合わなければ

パワースポットといえども、悪い影響を受けてしまいます。

最近、心理学の世界でも、自分が好ましいと感じる人と

積極的に交流することが、自分の心理をポジティブにするということが

分かってきています。

文字通り気の合う人との交流が

心理的にも肉体的にも良い影響を与えるということですので、

それはあらゆるものに共通していると考えても差し支えないでしょう。

仲の良い夫婦は、お互いの気が合っているでしょうし

逆に仲の悪い夫婦は、お互いの気が合わないのです。

単に価値観や趣味、相手に求める条件が合う合わないではなく

自分から放射されている気の波長が

相手の気の波長と合うかどうかがとても重要なのです。

それが、物であっても、その物から放射されている波長が

自分の気の波長と合えば、一目で気に入るでしょうし、

行きつけのお店があれば、そのお店から出ている波長や

そこで働いているスタッフやマスターとの波長が

合っているということなのです。

よく人から勧められているのに、何か気乗りがしないということがありますが、

それはお互いの波長が合っていないということなので、

そのものが悪いわけでも自分が悪いわけでもありません。

絶対的に良いものや悪いもの、あるいは価値のあるものないものはありません。

常に自分にとってそのものから放射されている気が合うかどうかが

自分にとって良いものであったり悪いものであったり

価値あるものであったりなかったりするのです。

そのことに気づいた患者さんは

きっと良い物件と巡り合うことができるでしょう。

過敏??

”過敏性腸症候群かも・・・”

と、患者さんが不安そうに話します。

過敏性腸症候群は、英語表記の頭文字を取って”IBS”とも呼ばれますが、

腸検査や血液検査などで特に異常が発見されないにもかかわらず、

腹痛や下痢、便秘などが長期にわたり継続する疾患を言います。

長期というのはどれくらいかというと、

ローマ基準という国際的に標準化された診断方法によると

3ヶ月以上と言われています。

女性の場合は、月経周期に伴って便秘をしたり下痢をしたりする場合がありますが、

その場合は、当然ですが含まれません。

何の異常もないのに、腹部の不快な症状が3か月以上継続する場合に

初めて過敏性腸諸侯群というお診断がされます。

私も子供のころ、腹痛と下痢に悩まされましたが、

まだそのころはこの概念がなかったので、

単に大腸炎とか、食あたりとか、風邪などと診断を受けて

適当な薬を処方されていました。

この症状は、西洋医学では治すことができないと悟った20代のころ

漢方や気功、鍼灸などを試して、その効果を実感して

自分でこの症状を治したくて、鍼灸師になったようなものですが、

実際、西洋医学ではあまり効果的な治療方法はありません。

西洋医学的にわかっている原因には、消化管運動の異常

消化管の知覚過敏、心理的な異常などがあり、

それによって、処方される薬がことなってきます。

基本的に対処療法なので、一時的に改善しても

また症状が出てきてしまうことが多いようです。

腸は第二の脳といわれているように、神経細胞が張り巡らされています。

ストレスや緊張などによって、セロトニンが増え、それによって

過敏に腸が反応してしまい、様々な腸の不快な症状を引き起こします。

神経質な人やストレスに弱いタイプの人に多い症状ですので、

本来気分を安定させるために作用するはずのセロトニンが

腸管では、過敏に反応するように作用してしまうのです。

また、腸管には、体全体の免疫細胞の6割が待機しているので、

その免疫機能の異常が現われれば、細菌などの進入を許し

腸管に炎症症状を引き起こしてしまうことになり、腸管はダメージを受けてしまいます。

最近では、免疫異常が関与している可能性があると指摘されているので

何らかの免疫機能の障害が引き金になっていることも考えられます。

免疫異常の病気といえば様々なアレルギー疾患や膠原病などの

自己免疫疾患がありますが、その一つの可能性もあるでしょう。

ストレスや過労、生活習慣の乱れによって免疫機能が下がれば

当然ですが、腸管内の免疫機能も低下し、防御作用の低下してしまいます。

そのことによって、容易に感染性の腸炎を引き起こし

それが原因になって、過敏になっていくことは十分に考えられます。

いずれにしても、腸の機能を調整している神経細胞や免疫細胞が

ストレスや生活習慣の乱れによって、機能が低下してしまうことで

過敏性腸症候群を発症していますので、

まずは生活習慣を改善し、ストレス解消を心がけ

自律神経や心理的な面でのバランスを改善することが

最優先でしょう。

鍼灸治療は、ストレスによって乱れてしまった自律神経を調整するには

最も効果のある治療法です。

また、免疫機能を改善する効果もありますので、過敏性腸症候群の治療には

最適な治療方法です。

日本人の10~15%はこの過敏性腸症候群に悩まされていると言われていますが、

薬ではなかなか改善しない症状ですので、自分の本来持っている治す力を

呼び覚まし、副作用のない鍼灸治療で、症状を改善していきましょう。

土用入り

明日19日から土用が始まります。

土用とは、立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を言います。

1年で土用の期間は4回あるのですが

季節が移り変わる時期を土用といいます。

土用の期間は、土の気が盛んになることから、土にまつわる作業は

禁忌とされています。土を移動させることや穴を掘ること

建築に関する基礎工事や棟上げ、農作業やガーデニングで土をいじる作業

今では法律で禁止されていますが土葬も禁忌でした。

土用といえば、土用の丑の日が有名です。

今年は7月25日と8月6日が丑の日になります。

丑の日といえば、ウナギですが、

ウナギを食べるだけが土用の過ごし方ではありません。

土用の期間は、次の季節の移り変わりの時期なので、

季節に合った生活スタイルに変えていくことはとても良いことです。

それと同時に、整理整頓をすることや

普段しないところを掃除するもの良いでしょう。

季節の変わり目で、体調を崩す時期でもあるので

溜まった疲れを癒す意味で、のんびり過ごすことも大切です。

まだ梅雨が明けていないので、これからが夏本番!!

と思っている人がほとんどだと思いますが、

季節は既に秋に向かって動いています。

せっかくの夏休みだからといって、生活習慣が乱れたり

無理な計画でレジャーをしないように気を付けましょう。

移植方法による妊娠率

体外受精の移植方法には、排卵させて移植をする自然周期法や

ホルモン剤を投与して、人工的に生理周期を作り移植をする

ホルモン補充周期方などあります。

先日、日本産婦人科学会の登録された全国のデータを解析したところ

フェマーラを服用して移植する方法が、自然周期法や

ホルモン補充周期法に比べて、臨床的に妊娠率が有意に高いという結果になりました。

それ以外にも、新鮮胚移植よりも凍結胚移植の方が妊娠率が高い

というデータもありますので、

移植方法によって、妊娠率の違いがあることが分かっています。

フェマーラは商品名で、レトロソールという成分名で言われることあります。

もともと乳がんの治療薬として開発されていますが、エストロゲンの作用を

抑制するという意味では、クロミッドやセロフェンと同じジャンルの薬になります。

ただ、作用機序が異なり、エストロゲンを産生るときに必要なアロマターゼという

酵素を阻害するために、アロマターゼ阻害剤といわれています。

とはいえ、体質的に薬が合わない人は当然いますので、

フェマーラを服用した周期の移植が全ての人に優位かというと

そうでもないでしょう。

最近では、40歳以上の場合は、新鮮胚の2段階移植や

2個の新鮮胚を移植する方法が、妊娠率が高いということも言われています。

胚盤胞の凍結胚移植しかしないクリニックもあり

胚盤胞でも凍結がなかなかできず、時間だけ無駄に過ごしてしまう人もいて

あくまで、確率論での話なので、

自分にとってどのような方法が一番ベストな方法であるか

見極めるのが至難の業です。

少なくとも、同じ方法を3回続けて上手くいかなければ

その方法は合っていませんので、別の方法を選択することが良いでしょう。

もし別の方法を取り入れていなければ、転院をした方が

ベターかもしれません。

恋をしましょう!

先日、ネットで見かけた記事で、

恋愛は心身に大きな影響を与えるという内容が書かれていました。

恋愛というと若い人の特権のように思われますが

実は、恋愛に伴うスキンシップが中高年の健康にも

かなりの影響を与えているとのこと。

特にこの記事では、高齢者でもスキンシップをすることで

オキシトシンというホルモンが分泌され

精神的な安心感を得ることが知られているようです。

このことは、例えば未熟児の乳児の背中や手足を優しく触れることで

体温が安定し、体重が増加することは経験的に知られていましたが

実は、高齢者でも同じと事が起きるようで、

単に精神的な安心感だけでなく、痛みの感覚を抑制したり

認知症が改善したり、介護が必要な状態でも

少しずつ介護が必要でなくなる項目が増えるという事例もあるようです。

ある高齢者施設では、利用者の恋愛を自由にしたところ

利用者の日常生活のQOLが上ったとか。

イギリスの大学での研究によると、血圧や脈拍などの健康調査で

高齢者でも日常的に性交渉がある人の方が健康的だったという

結果が得られたようです。

日本では、セックスレス夫婦が増加していると言われて久しいですが

お互いの健康のために、せめて相手に恋心をいただき

手をつないだり、抱擁したりと

適度なスキンシップは欠かさず取るように心がけましょう。

朝ヨガ

健康維持のために、または美容のために

ヨガをしている人は多くいると思います。

ヨガジャーナルによると、月に1回以上ヨガをしている日本人は

590万人にも上るようです。日本の人口の約5%に当たり

ほぼ鍼灸治療の受診率と同じくらいになります。

ヨガをする、というとどうしてもヨガスタジオやスポーツクラブに行き

時間をかけてヨガをするというイメージがありますが、

それ以外にも自宅で好きな時間に好きなポーズをしているという人も

含めると、かなりの人がヨガを楽しんでいると思います。

ヨガの良いところは、ゆっくりした動きで体の負担が少ないこと

ヨガをするスペースは畳1畳もあれば十分、

それでいて効果は計り知れないということでしょうか。

私も30年ほど前から時折ヨガをしていますが、

最近また思い立って毎朝ヨガをするようになりました。

ヨガはたくさんの種類がありますので、

それを全てマスターするのは至難の業。

インストラクターになりたい人以外は

ほとんどが必要ありません。

自分の健康維持のためにできるだけ毎日続けられる

簡単なポーズが最適。

私が30年前から実践しているのは

太陽礼賛のヨガです。

非常に簡単なポーズですが、全身の血液が一気に循環することを

感じることができます。初めての人は、1回やるだけで息が切れ

全身筋肉痛になるほどの運動量です。

太陽礼賛のヨガは、いくつか種類があります。

私が今までやっていたものは、最近になって知りましたが

古典的なポーズのようで、現在では太陽礼賛のヨガAとBがあり

それ以外にもいくつか発展形のポーズがあります。

日常生活の中で、できるだけ毎日継続できる方法がベストなので

私は、今までの古典的なポーズにAポーズとBポーズを組み合わせた

3ポーズのヨガをしています。

この歳になると毎日継続することが大切になりますので

負担にならずに、飽きずに、そして気持ちよくできるエクササイズとして

太陽礼賛のヨガが最も適していると思います。

月経不順と漢方薬

月経不順は、医学的な表現ではありませんが、

一般的には月経期間の長さや周期の長さが一定しない状態をいいます。

日本産婦人科学会によると正常な周期の長さは25~38日。

月経期間は3~7日間が正常と言われています。

周期が24日以下の場合、頻発月経といい

39日以上になると稀発月経といいます。

月経周期が2日以下の場合、過短月経といい

8日以上になると過長月経といいます。

月経周期や期間には個人差がありますが、

月経不順の原因の多くがホルモン分泌のアンバランスが原因で起こります。

月経不順の改善に効果のある代表的な漢方薬は

当帰芍薬散、加味逍遥散、桂枝茯苓丸、桃核承気湯などがあります。

寒がりで体力のないタイプで、貧血やむくみがある場合は

当帰芍薬散がお勧め。

寒がりで体力のないタイプで、月経痛が強くのぼせ症状がある場合

桂枝茯苓丸がお勧め。

体力がなく不眠やイライラなどの精神的に不安定なタイプは

加味逍遥散がお勧め。

体力が充実していて頑固な便秘があるタイプで、月経痛が強い場合は

桃核承気湯がお勧め。

ホルモンバランスが崩れてしまう原因は、生活習慣の乱れや

ストレス、過労、偏食や暴飲暴食など様々ですが、

生活習慣などを改善しつつ副作用の少なく体に優しく作用する

漢方薬を服用してホルモンバランスを正常に戻していくと

月経不順が改善していきます。

女性の健康は、月経に左右されます。月経不順であるということは

何らかの健康上のトラブルを抱えているので

心当たりに人は、早めに体のケアを心がけましょう。

健康の曲がり角

東洋医学では、男性は8の倍数、女性の場合は7の倍数の歳に

身体が変化していくと考えています。

もっとも身体の機能が充実するときは、

女性は28歳、男性は32歳。

この歳がピークになるので、それ以降徐々に

機能は低下していきます。

女性の場合は、その次の周期の35歳になると

いわゆる高齢出産という時期に入ります。

卵巣機能が低下し始める時期になり、

妊娠しずらくなります。

42歳になると、体外受精を受かられる不妊専門クリニックでも

リミットがあと1年となり、いよいよ妊娠が厳しい状況になってきます。

男性の場合も、40歳になり、次の48歳までの間に

厄年を迎えます。体力的にも低下していき、

運気的にも変化の多い歳になりますので、精神的なストレスも多くなります。

この時期に、無理をしてしまうと、その次に変化の表れる

女性は49歳、男性は56歳の時までに

一気に体調を崩してしまうことになります。

女性は更年期障害で、ホルモンバランスが乱れることにより

様々な全身の症状が表れます。

男性は、循環器疾患が急激に増えてきます。

がんの罹患率も50歳を過ぎると急激に増えてきます。

50歳以降の中高年を健康的に過ごすには、

身体が変化する時期に合わせて、生活習慣を変えていくことが大切。

特に40代に入った時に生活習慣を改められるかが

その後の健康に大きく影響をします。

私自身も丁度厄年である42,3歳のころから

食習慣が変わり、30代のときのように量も食べられなくなり

肉食もかなり減って、飲酒も毎晩できなくなりました。

この仕事をしているおかげで、自分の身体のそういう声に

敏感になっていましたので、自然な流れとして

食事は一日二食に減らし、肉食から野菜中心の食事になり

飲酒も週末のみになり、夜更かしは控えて

睡眠も8時間はしっかり取るように心がけています。

おそらくあのまま同じような生活習慣を続けていたら

今頃、高血圧や肝臓機能の低下、心臓機能の低下を

招いていたでしょう。

40代になり、30代と同じ生活習慣を続けている人は

その後訪れるであろう中高年の健康不安に陥らないために

生活習慣を見直し、無理のない生活を送るようの心がけてください。

そして母になる

”無事、出産しました!”

と、患者さんから出産報告メールが届きました。

切迫早産で37週での出産でしたが

2900gの元気な女の子。

本当におめでとうございます!

この患者さんは、学生時代から通院しています。

月経不順で月経痛も辛く、鍼灸治療で改善したいと来院。

以来、定期的に治療を続けていました。

学生時代は、学業や就職試験の悩み、将来の夢などを聞き

社会人になってからは、仕事の様々な悩みを聞き

そしていつしか伴侶と出会い、結婚・・・・

彼女の人生の節目節目を見守ってきましたので、

まるで本当の親の様に、話に耳を傾け、時には叱咤激励をし

少しずつ大人になっていく様子を見てきました。

それだけに、この出産報告は感慨深いものがあります。

もともと月経不順で、妊娠しずらいと分かっていましたので、

しばらく時間がかかるだろうと思っていました。

夫婦とも仕事で忙しいので、妊活もままならなかったようです。

ただ、それまでずっと鍼灸治療をしていたので、

妊娠するための基本的な機能は十分に備わっています。

あとはタイミングの問題だろうと・・・・

初めて来院したときのあのあどけない表情だった彼女が

いつの間にか大人の女性となり、

そして母親になっていきました。

これか先も、子供の成長とともに母親として成長をする

彼女を見守り続けていくことでしょう。

睡眠負債

日本人の平均睡眠時間は、先進国の中では最低レベルであることは

良く知られています。

今年の初めに、日本人のす民不足による経済損失が16兆円である

という衝撃的なニュースが流れました。

睡眠不足により、体調が悪くなり集中力も低下、あるいは仕事を休むなど

仕事の効率が悪くなり、生産性が低下するために、

それが経済損失となって、日本の経済を圧迫するとか・・・・

確かに、残業時間が長いことが問題になって久しいですが、

残業が長いことで、帰宅時間が遅れ、その分就寝時間も遅れ

翌日は朝早くから出勤せざるを得ず、多少体調が悪くても

無理して出勤するために、余計に生鮮性が低下してしまいます。

最近、睡眠負債という言葉がマスコミで使われるようになっています。

睡眠不足の影響が、まるで借金の様にじわじわと蓄積され

自分が気づかないうちに脳や体の状態を低下させてしまう・・・

そのような蓄積した睡眠不足を、睡眠負債と呼ぶようです。

この負債は、知らず知らずのうちに仕事や家事の効率が低下して

場合によっては命にかかわるような病のリスクが高まることがあります。

じゃ、どれくらい睡眠不足であれば、そのようなリスクが高まるのか・・・・

アメリカの大学医学部の研究チームがこんな結果を発表しました。

ある一定の睡眠時間を一定期間続ける実験で、作業の反応速度を計測。

8時間睡眠、6時間睡眠、4時間睡眠、徹夜の4グループに分け

反応速度を計測したところ、6時間睡眠を14日続けた状態と

2日間徹夜をした状態の反応速度がほぼ一緒であったようです。

当然ですが、8時間睡眠の人はほぼ変化はありません。

6時間睡眠の人は比較的多いと思いますが

それを2週間続けると、2日間徹夜したと同じダメージを

脳や体に与えているということですので

これはかなり深刻に受け止めなければなりません。

さらに、6時間睡眠の人は、眠気など脳の働きが低下していることを

それほど自覚していないとのことで、これがさらに事態を悪化させてしまう

要因になるようです。

睡眠負債は、単に作業効率が下がるだけではありません。

東北大学の研究によると6時間以下の睡眠の女性は

7時間睡眠の女性に比べると乳がんになるリスクが1.6倍になるとか。

また、シカゴ大学の研究では、睡眠不足にさせたマウスは

がんが増殖しやすくなっていることが分かったようです。

本来がん細胞を攻撃するはずの免疫細胞が

がん細胞の増殖を助けるように働くようになることを発見しました。

それだけ深刻なダメージを睡眠不足は体に与えるようです。

東洋医学では、寝ている間は気を養うとても大切な時間と考えています。

昼間働いている陽の気を寝ることによって、また次の日も働けるように

補うのです。寝不足が続けば、それが十分に補われずに

どんどん減っていくのが分かりますね。

陽の気は、脳や運動機能を高めるだけでなく、免疫機能を活発にし

内蔵機能の働きも助けます。

陽の気が減るということは、身体の機能全体が機能不全に陥るのです。

週末に一度に返済しようとすると却って睡眠のリズムを崩してしまい

さらに負債を増やす結果になります。

そうならないためにも、できるだけこまめに睡眠負債を返済していきましょう。

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »