フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 愛している・・・ | トップページ | 危険な痛み »

着床前診断

着床前診断は、まだ日本では正式に認められていません。

一部、一定の基準をクリアーした症例で学会の承認が得られれば

実施が可能となっていますが、承認されるまで数か月かかることと

費用が高額であることで、普及するにはいったっていません。

とはいえ、流産を繰り返している女性にとっては、

一日でも早く正式に認められ、

どこのクリニックでも安価な費用で検査できることを

願っていることでしょう。

診断方法にはいくつかありますが、

今年発表された論文で、3日目の正常胚をPGS法によって診断し

移植した結果をPGS法によらない方法と比較したところ

流産率が有意に低くなり、初回移植での出産率が有意に高くなりました。

また出産に要した移植肺気の数も少なく

妊娠までに要した期間も短くなっているので

少なくとも、高齢の方にとっては有益な方法であることが分かりました。

ただ、最近は3日目胚のPGS法よりも5日目胚のPGS法が一般的のようです。

また、PGS法も日々進化しており、安価で検査スピードも速く

より正確な方法が考案されています。

不妊治療をする人が増えてきているので

日本でも早く認可されてほしいものです。

« 愛している・・・ | トップページ | 危険な痛み »

不妊の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 愛している・・・ | トップページ | 危険な痛み »