フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 初めてです! | トップページ | 早いですね! »

響き

”腫れぼったい感じは何ですか?”

と、初めて鍼灸治療を受けた患者さんは

治療後に不思議そうにそう話します。

鍼を刺した後に感じる独特の感覚を”響き”といいます。

末梢神経の自由神経終末の一つに

C線維という神経線維がありますが、

そのC線維にはポリモーダル受容器という

刺激を感受する装置があります。

その受容器は、鍼の刺激を受容することが知られていて

鍼の刺激を受容したときに、腫れぼったい重い感覚を

脳に伝えます。

その感覚が、”響き”といわれる鍼をした時の独特な感覚の正体になります。

その響きを感じるということは、

体が鍼の刺激をしっかりと受け止めたということで、

それがあればあるほど、鍼の効果が現れてきます。

日本人は、この響きを嫌がる人が多いですが、

中国では逆にこの響きを心地よいと感じて、

響きを好む人が多いようです。

中国では、響きがないと効果がないと考えていますので

響かせる手技が多彩です。

私自身も、軽い響きを感じてもらうように

鍼を刺した後に鍼を操作しています。

その響きを感じた患者さんは、意外と心地よかったようで、

鍼の効果を実感できるのを楽しみにしているようです。

« 初めてです! | トップページ | 早いですね! »

鍼灸な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 初めてです! | トップページ | 早いですね! »