フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 妊娠のスイッチ | トップページ | 秋の五志 »

チョコレート嚢腫

”17㎜と小さくなっていました!”

と、患者さんの嬉しそうな声。

数年前、左側卵巣に30㎜以上のチョコレート嚢腫が見つかりました。

定期的にチェックしていましたが、ほぼ大きさは変わらずでしたが

鍼治療を始めてから、1年ほど前に20㎜台になり

今年に入って10ミリ台に小さくなりました。

妊活のために始めた鍼灸治療ですが、

着実に体が変化をしていることを実感することができ

気持ち的にも前向きになってきているようです。

チョコレート嚢腫は、子宮内膜症の一つの症状ですが、

卵巣に発生した子宮内膜様組織から

月経のたびに赤血球の滲出やうっ血が起こります。

卵胞の成長を阻害するために、排卵障害が起こり

不妊症の原因にもなります。

東洋医学的には、瘀血が原因で引き起こされると考えますので

基本的には血液循環を改善することを目標にしていきます。

生理痛も楽になり、チョコレート嚢腫も小さくなった患者さんは

さらに気合を入れて妊活に励むようです。

 

« 妊娠のスイッチ | トップページ | 秋の五志 »

婦人科疾患の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 妊娠のスイッチ | トップページ | 秋の五志 »