フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« パーフェクト | トップページ | 肝腎 »

夏バテの正体

先日ある番組で、夏バテの正体は、

自律神経の疲れであるということが言われていました。

その原因の一つに、暑さによって無暗に汗をかくことが挙げられていました。

暑くなることで、体は体温を調整しようと汗をかくように脳から指令が出てきます。

体温調整中枢は視床下部にありますので、

まさに自律神経の中枢が働いているわけです。

その体温調整中枢が、夏の間はフルに働くわけですから

働き過ぎることによって脳が疲れ、

それによって体全体の疲労感を感じるようになるというわけなのです。

東洋医学では、汗を無暗にかくと気が消耗して気虚になるといわれています。

まさに自律神経を使いすぎることによる疲労は、気虚と同じ状態といえます。

せめて寝ているときはエアコンをかけっぱなしにして

汗をかないようにして寝ることで熟睡でき、

脳の疲労、体の疲労を解消することができるので

夏バテにならないということらしいのです。

エアコンを止めて、汗をかいて寝ることは

寝ているときに運動をしていることと同じことなので

疲労が解消でないばかりか、疲労がどんどん蓄積してしまうとのこと。

朝起きたときに怠いのは、そのせいだということなのです。

それと同じような理屈で、熱いふろに入って汗をかくのは疲れるだけなので、

ぬるいお風呂で汗をかかない程度で出るのが

一番理想的なお風呂の入り方のようです。

私はエアコンを全く付けずに寝ていますので、

汗だくの状態で朝起きることになり、確かに起きたときにだるさはありますが

部屋を移動するときの温度差によるストレスの方が大きいと思うので

夏は仕事以外では、35度を超えるような猛暑日にならない限り、

エアコンをつけることはありません。

無暗に汗をかかないように、適度に活動を調整しつつ、

うちわなどの適度な風を送り、気化熱によって体をクールダウンさせる程度が、

体に優しい方法だと思います。

汗のかき過ぎで自律神経が疲れることが夏バテの正体だとしても

汗をかかないことによる弊害もあることを忘れてはいけません。

まだ、暑い日が続きますので、自分に合った方法で

この暑い夏を乗り切っていきましょう。

« パーフェクト | トップページ | 肝腎 »

健康な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パーフェクト | トップページ | 肝腎 »