フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 星状神経節ブロック | トップページ | 夏バテの正体 »

パーフェクト

”3個とも胚盤胞で凍結できました!!”

と嬉しそうに話す患者さん。

前回は、分割が途中で止まってしまい凍結できませんでしたが

今回は3個採卵して3個とも胚盤胞で凍結できたようです。

まさに、パーフェクト!!

一般的には、複数採卵すると、概ねその半分が胚盤胞にまで分割すれば

良しとされています。

胚盤胞手前の桑実胚で止まってしまうことが多いので、

凍結できず苦い思いをする人も大勢ます。

それだけ胚盤胞になるは、卵にとって大事業ともいえます。

鍼を始めてまだ数回の患者さんですが

劇的に鍼が効いたのでしょう。

通常、鍼を始めて良い卵が採れるまでは3か月から6か月かかります。

原始卵胞から排卵されるまでそれくらいかかるからなのですが、

今回のように鍼治療を始めてすぐに結果が出る場合もあります。

それは、卵胞内で静かに成長している卵子をしっかりと成熟卵にするためには、

やはり、卵巣周辺の血流を良い状態にしておくことが大切。

卵胞刺激ホルモンがしっかりと卵巣に届くように

そして黄体刺激ホルモンがしっかり卵胞の膜を刺激することによって

成熟卵へと成長していくのです。

エコーの映像だけでは、卵の状態は分かりません。

採ってみて初めて分かる卵の状態を、

少しでも良い状態にするためには、鍼灸治療による血流改善が

必要不可欠なのです。

3個の胚盤胞が凍結できた患者さんは

精神的にも余裕が出てきました。

いよいよ次周期より移植が始まります。

« 星状神経節ブロック | トップページ | 夏バテの正体 »

不妊の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 星状神経節ブロック | トップページ | 夏バテの正体 »