フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 不安・・・・ | トップページ | 調子がいいです! »

体が重い・・・

梅雨の時期になると、体がだるくなり

貧血様のふらふら感が出てくるという患者さん。

高温多湿の日本ではとても多い症状の一つですが

東洋医学的には、この時期の湿度が関係していて

いわゆる湿邪が体を侵すために体、特に手足が重怠くなり

脾胃の機能が低下するために食欲がなくなり、

その結果として、気が不足することで、

体全体のエネルギー不足を引き起こし、

疲れやすくなり、貧血用の症状が起こります。

秋になるとこの症状がなくなるという患者さんも

まさに湿邪に侵されてしまっています。

改善方法としては、湿邪を体の外に排泄することで

しっかりと汗をかくこと、暑いからと言って冷たいものは避け

常温以上のもので水分補給をしましょう。

エアコンは昼間の暑い時間帯だけにし、

温度はあまり下げずに除湿モードでエアコンを使用しましょう。

夏に採れる野菜は、利尿作用があるので、

水分代謝を高める意味で、夏の食材を積極的に摂りましょう。

ただ、汗をかき過ぎると、一緒に気も消耗してしまうので

気を補う大切な臓腑である脾胃に負担にならない食事を摂るように

心がけましょう。食欲がない時は胃を休める意味で、

無理をせず、思い切って一食抜くようにするもの良いでしょう。

ビタミンやミネラルの不足が気になる場合は

サプリメントで補うのも良いでしょう。

胃の機能を高めるツボとして足三里がありますが

足三里にお灸をして、胃の機能を高めておくもの予防になります。

そろそろ梅雨の明ける時期ですのすが、

本格的な夏に向けて、湿邪に負けない体づくりを心がけましょう。

 

« 不安・・・・ | トップページ | 調子がいいです! »

東洋医学の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不安・・・・ | トップページ | 調子がいいです! »