フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 解放感! | トップページ | 免疫と不妊 »

AMHの作用

不妊治療をしていると様々なホルモンチェックをしますが、

最近AMH(抗ミュラー管ホルモン、アンチミュラーリアンホルモン)という

ホルモンを測定することが多くなってきています。

卵巣の予備能力を示すホルモンと言われていて、

卵巣年齢ホルモンとも言われています。

なので、この値が該当年齢よりも低いと、卵巣年齢が高い

ということを示していて、

いわゆる卵巣の老化が進んでいることを意味しています。

従来は、FSH(卵巣刺激ホルモン)やE2(エストロゲン)

LH(黄体刺激ホルモン)の値によって、

卵巣の状態を推測していましたが、

AMHの値によって卵巣が持っている卵子の状態を

推測することができるようになりました。

ただ、AMHが低いからと言って、卵に質が悪いというわけではありません。

卵の在庫が年齢よりも高いが低いかという目安にすぎません。

AMHは単に卵巣の予備能力を知るためのホルモンではありません。

ホルモンである以上、何か他に役割があるはずです。

ホルモンは、生理活性物質で必ずホルモンが作用する標的細胞があり、

何らかの作用をする発現ことになります。

では、このAMHはどんな働らきがあるでしょうか。

最近のアメリカの研究論文でこのAMHの働きが詳しく分かってきました。

人の卵胞は、

原始卵胞→一次卵胞→二次卵胞→前胞状卵胞→胞状卵胞

の順に成長していきますが、

AMHは胞状卵胞以前の卵胞から作られて分泌されます。

AMHが分泌されることにより、前胞状卵胞までの成長を促進して、

胞状卵胞以降の成長を抑制することが分かっています。

つまり、卵胞の成長を調整している役割をこのホルモンがしている

というわけなのです。

AMHが高い人は、胞状卵胞以前の卵が多く成長しているので、

それが全て成長したら大変なことになります。そうならないために、

胞状卵胞以降の卵の成長を抑制し数を減らしていきます。

逆に、AMHが低い人は、胞状卵胞以前の卵の数が少ないので、

胞状卵胞以降もそれがしっかり成長するように

AMHが低い状態になっているのです。

年齢が高くなるとAMHの値が低下してくるのは、

残された卵がしっかり成長するようにしているというわけなのです。

なので、AMHが低いからと言って決して嘆くことはありません。

残された卵を丁寧に育てることで、良い卵に成長していきます。

無暗に卵巣を刺激してしまえば、良い卵を育てることができません。

なるべく自然な形で、ゆっくり育ててあげることが大切です。

そのためには、卵巣周辺の血流を改善することが必要で、

日ごろから、骨盤内蔵の血流を良くすることを心がけましょう。

« 解放感! | トップページ | 免疫と不妊 »

不妊の話」カテゴリの記事

婦人科疾患の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 解放感! | トップページ | 免疫と不妊 »