フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月

プロスタグランジン

”頭痛が辛くて鎮痛剤を服用してしまいました・・・”

と、移植を控えた患者さんが不安そうに話します。

痛みの原因は様々ですが、一般的にはプロスタグランジンという

生理活性物質が原因で起こります。

いわゆる発痛物質と言われるもで、体中の細胞の中で合成される物質で

炎症が起こっている場所などで盛んに産生されて

痛みを引き起こします。

痛みは、とても不快な症状ですが、体にとっては大切な症状で

その場所に炎症が起きていることを知らせるための信号の役割を果たしています。

もしこれがなければ、命にかかわる重大な症状が起きていても

全く感じないわけですから、体を休めることも治療もすることもないわけで

非常に危険な状態であることは容易に想像がつきます。

プロスタグランジンは痛みを引き起こすだけの物質ではなく

体では様々な役割をしています。

その一つの役割が、受精卵を子宮内膜にしっかり着床させる働きで

実は、このプロスタグランジンの産生を阻害する薬

つまり一般的な鎮痛薬(別名非ステロイド性抗炎症薬:NSAIDsといいます)

を服用し続けている女性は、妊娠しずらいという報告があります。

頭痛や生理痛で鎮痛薬を常用していると、

実は着床を妨げている可能性があり、そうなると正常に受精で来ていても

正常な子宮内膜であっても、着床せず妊娠が成立しないことが起こるのです。

なので、移植前に鎮痛薬を服用した患者さんは

着床の妨げになるのでは・・・・と不安になったのです。

もし、鎮痛薬を常用している人で、妊活中の人は、

鎮痛薬の服用方法について再考されたほうが良いでしょう。

痛みには鍼灸がとても効果的ですので、薬の代わりに鍼灸をお勧めします。

もっと早く・・・

”もっと早く治療を開始していれば・・・”

と、患者さん。なかなか結果が出ないことに、焦りを感じています。

結婚をして、4年くらいは自然に任せていましたが、

自分と夫の年齢も、もう限界に近付いてきているので

意を決して、病院に行きました。

自分は特に問題はなかったようですが、

夫の状態が思ったほど良くありません。

タイミング療法から始めて、人工授精とステップアップするも

結果が出ず。

さらにステップアップをして、体外受精を始めました。

ところが、問題がなかったと思っていた自分の卵巣からは

卵が採れないことが判明。

排卵していたと思っていたのが

実は卵が入っていなかった可能性が高くなりました。

少しでも卵巣機能を改善したいと、鍼灸治療を始めました。

2周期ほど鍼灸治療を受けた臨んだ最初の採卵で

無事成熟卵が採れました。

受精もして、移植まで進みましたが

判定は残念ながら陰性です。

ただ、先に進めたことが大きな成果だったので

とても前向きです。

今回2回目の採卵ですので、もっと良い卵が採れることを期待しています。

もっと早くに鍼灸治療を始めていれば

もっと早くに良い結果を得られたかも・・・・

不妊治療を始めるまでも時間がかかってしまったので

鍼灸治療ももっと早く始めれば良かったと、後悔しているようです。

でも、結果が良くなってきているいので

もうすぐ、良い結果を出すことができることでしょう。

 

運気の上がるツボ

”運気の上がるツボってありませんか?”

と、最近運気が低迷していると感じている患者さんは、

その低迷運をどうにかして打開したいようです。

病は気からといいますが、運も気からなので

気を充実させて、気の流れを良くすると

運も上がります。もちろん、健康にもなります。

運がある人は、やはり気が充実して健康です。

気が充実していない状態では、運も上がりません。

運が上がれば気も充実してくることはありえませんので

やはり気がとても大切なのです。

そこで、運気の上がるツボは、まずは臍下丹田にある関元です。

気が充実している人は、この臍下丹田が充実しています。

丹田は気の集まるところで、武道ではこの丹田に意識を集中させて

相手と対峙します。この丹田の充実しているか否かが勝負を左右します。

運もこの丹田が充実していなければ、それを掴むことはできません。

棚から牡丹餅式に運はやってきませんので

自分の丹田が充実しているときにこそ、運はやってきます。

そしてその運をしっかり掴み、上昇運気に乗ることができるのです。

最近運気が低迷していると感じている人は

この臍下丹田を触ってみましょう。

きっと、ふにゃふにゃで全く力のが入っていない状態だと思います。

この関元にお灸をして、しっかり丹田に気を蓄え

運気を上げていきましょう。

 

様々な事情・・・

不妊治療は、他の疾患の治療と違った事情が様々あります。

病気であれば、それが直接死に至る病気であれば

ほぼ間違いなく治療を選択するでしょう。

直接死に至らない病気であれば、治療をしないという選択も

あるかもしれませんが、多かれ少なかれ何らかの体のケアをするでしょう。

不妊治療の場合、基本的に病気ではないので

治療をせずとも自分の体の健康のとっては全く関係はありません。

それは、不妊治療の目的は妊娠し出産することであって

自分の体の健康を保つためではないからです。

妊娠することは、自分だけにかかわる問題だけではなく

もちろん、病気であっても周囲の人や家族に多大な影響を与える場合もありますが

基本的には結婚を前提としているために、夫婦関係や家族関係、親戚関係

お互いの人生観や価値観、社会的な立場や経済状況など、

様々に絡み合った複雑な状況の中で、

治療を選択するのかあるいは治療をせずに成り行きに任せるのか

あるいは妊娠しないような方法を選択するのか、

人それぞれの状況に合わせて、夫婦で決断していかなければなりません。

女性にとっては、それだけにではなく年齢的なリミットもありますので

よりシビアな決断をしていかなければなりません。

当院に不妊治療でいらしている患者さんの全ての人が

妊娠に至るわけではありません。

年齢の限界を知り、全ての治療から卒業する人

経済的な限界を知り、積極的な治療を中断する人

体の限界を知り、、体のケアを優先する人

家族関係が悪化して、中止してしまう人

それそれの様々な事情で妊娠を諦めていきます。

私たち鍼灸師は、体や心のケアを通して妊娠に至る

最大限のサポートを提供することはできますが、

それ以上の様々な事情に対するサポートはできません。

ただ、少なくとも、その人に人生にとって、

その後の人生が自分らしくそして幸せを感じられるような

心身に替えていくことはできますので、

精一杯鍼灸を通じてサポートをしていきたいと考えています。

地震予知??

今日、北海道函館市で震度6弱の地震がありました。

今年の4月には熊本で震度7の地震が2回も立て続けに起きました。

地震列島日本では、ある意味地震は日常茶飯事。

とはいえ、震度6前後の地震が続くと

また東日本大震災のような巨大は自身が来るのでは?

と不安になります。

昨日の夜、突然頭痛が始まりました。

私はどんなに疲れても、体調が悪くても、滅多に頭痛になることはありません。

なので、頭痛になると、あれ???何か変・・・体調ではなく

何か起こるかも・・・・

と感じてしまいます。

それを意識し始めたのが、2011年の東日本大震災からです。

震災が起きる2か月前から右肩痛くなりだし、右側頭部の頭痛が頻発し

動悸や眩暈も頻繁に起きるようになりました。

当初は過労かな?それとも年かな?と

鍼をしてもお灸をしても、何をしても改善しませんでした。

そして3月11日に巨大な地震が起きたわけですが、

その後不思議と今まで何をやっても改善しなかった症状が

嘘のようにすっとなくなりました。

それに気づいたのは、震災後しばらく経ってからです。

その時は地震との関連性などは微塵も思いませんでしたが

その後、三陸沖や長野県、千葉県などで起きたM6以上の地震の時に

地震が起きる前に頭痛になることに気づきました。

あっ!そういえば、あの時も頭痛や肩の痛みがあったと

その時に初めて気づきました。

それ以降、頭痛がある度に、

”地震が来るかもしれないから、気を付けるように”

と家族に注意を促していました。

4月の熊本地震の時も、激しい頭痛が発生する1日ほど前に起き

そして、昨日の頭痛の時も、妻にはそのことを伝えました。

ただ、どこで起きるかまでは正確に分かりません。

少なくとも国内でM6以上もしくは震度5以上の地震が

24時間以内に起きる可能性が高いというところまでしか分かりません。

地震のエネルギは、マグネチュードが1増える度に30倍大きくなります。

2増えれば1000倍になるといわれています。

おそらくその溜まってるエネルギーを敏感に感じ

頭痛を引き起こしているのでしょう。

動物が地震の前に異常行動を起こすのも、このエネルギーを

敏感に感じるためで、人間でも敏感な人は体調を崩すようです。

日常的に人の気を診る治療をしていますので、

些細なエネルギーに敏感になっているので

感じるようになったのかもしれません。

気を診る感度が上がっているのはありがたいですが、

地震のエネルギーを感じてしまうのは、辛いですね。

L8020

L8020

昨年末にNHKの番組で取り上げられた虫歯予防の救世主である乳酸菌”L8020”

先日、ある番組を見ているときにたまたまこの乳酸菌の存在を知りました。

このL8020という乳酸菌は、広島大学の二川教授によって発見されました。

虫歯のない健康な人の口腔内の菌から見つかったようですが、

この乳酸菌入りのヨーグルトを2週間毎日食べ続けると

口腔内の虫歯菌や歯周病菌が90%前後も激減するようで、

虫歯になりにくい体質に改善できるとのこと。

この番組を見る少し前に虫歯の治療をしたばかりだったので

これ以上虫歯になりたくない!!と思い

さっそく、このL8020乳酸菌入りのヨーグルトを購入しました。

このヨーグルトは、四国乳業という会社が製造していますが、

今のところ関東近隣では市販されていないようで

ネットでしか購入することができません。

らくれんCOWニバル というサイトで購入できます。

味は、やや酸味があるようですが、

私が子供のころ食べていたヨーグルトの味に似ているので、

私にとってはとても食べやすいヨーグルトです。

L8020の名前の由来は、”80歳で20本(自分の歯の数)”だそうです。

歯は体全体の健康にとても影響がありますので、

今からしっかりケアしていきたいと思います。

ダイエット??

”鍼を始めて3キロも痩せました!!”

と嬉しそうに話す患者さん。

もちろん痩せるために鍼を始めてたわけではなく、

妊活のために鍼を始めたのですが、

毎年受診している健康診断で、体重が減っていることにビックリ!

代謝が高まり、血液循環が良くなったことで、余分な水分が減ったことが

体重減につながったのでしょう。

このダイエット効果は、比較的感じられる患者さんは多くいますので

決して珍しい現象ではありません。

最近は、美容系の鍼灸院が多くありますが、

特に美容系を標榜してない鍼灸院でも

いわゆる体質改善をしていけば、代謝が高まったり、血流が改善することで

ダイエットと同じ効果を感じるようになります。

もちろん、皮膚の状態や髪の毛の質が良くなりますので、

女性にとっては、鍼灸治療は絶対にお勧めの治療法なのです。

体がリラックスをして、自律神経のバランスが整っていくと

ホルモンバランスも良くなり、生理前後の症状が改善し、生理周期が安定していき

結果として妊娠しやすい体に整っていきます。

美容にも良い、妊活にも良い、様々な婦人科少女にも良い

至れり尽くせりの効果が期待できます。

お灸女子が巷では流行っていますが、

日常のケアにも是非お灸を取り入れてほしいと思います。

 

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »