フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 免疫力UP | トップページ | 暑さ対策 »

つわり

”唾液がたくさん出て困っています・・・”

と、安定期に入った患者さんは、妊娠初期より

いわゆる”よだれづわり”に悩まされているとのこと。

つわりというと悪心や嘔吐、食欲不振、あるいは眠気や倦怠感

頭痛や嗜好の変化などのがありますが、

意外と知られていない症状に、唾液量の増加があります。

医学的には唾液過多症といわれていますが、

一般的には”よだれづわり”と呼ばれることが多いようです。

西洋医学的にはその原因は不明なようで、

治療方法もなく、特効薬もありません。

ようは時間が経てば症状は治まるので、我慢するしかないというのが

実情のようです。

東洋医学では、つわり全般にいえることですが、基本的に消化器系が弱い

脾虚あるいは脾胃虚弱タイプの人がつわりが悪化しやすいと考えています。

脾気が弱いと水分代謝が悪くなりますので

体に余計な水分が滞留することになりますので、

それがいわゆる”水毒”になり、体に様々な症状を引き起こす原因になります。

その一つの症状が、この”唾液過多症”すなわち”よだれづわり”になり

基本的な治療は、脾胃経の経穴に鍼灸を施すことで

水分代謝を改善して、つわり症状を緩和させていきます。

妊娠初期は、ホルモンバランスも劇的に変化していますので

それに伴い自律神経も乱れていきます。

頭の天辺にある百会などの自律神経を整える経穴を使用して

自律神経のバランスを改善し、つわり症状を緩和していきます。

初めて鍼灸治療を受けた患者さんは、

唾液量が減ったことを実感できたようです。

この調子で、マタニティーライフのQOLを上げていきましょう!

« 免疫力UP | トップページ | 暑さ対策 »

婦人科疾患の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 免疫力UP | トップページ | 暑さ対策 »