フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 帰脾湯 | トップページ | 原因不明 »

産後の肥立ち

”出来れば負担のない方法で出産したい。。。”

と患者さん。

長い不妊治療の末、流産を何度繰り返し

ようやく授かりましたが、今度は出産の悩みが出てきました。

できれば帝王切開で出産したいと思っていますが

産科のドクターは基本的には普通分娩との方針。

分娩の種類には、様々な種類があります。

普通分娩は、分娩時の姿勢による分類の一つで

他に座位分娩、フリースタイル分娩などがあります。

分娩によって赤ちゃんが通過する場所による分類では、

帝王切開と経腟分娩という分類があります。

その他、無痛分娩や和痛分娩、誘発分娩などがあります。

どの方法が一番体に負担がないかは、妊婦の体調や体質に

よるところが大きいと思いますが、

とにかく陣痛が嫌だという人は、無痛分娩を選択するでしょうし、

できる限り自然な状態で分娩したいと考えている人は

経腟分娩を選択するでしょう。

できる限り産後の肥立ちを良くしたいと考えている患者さんは、

分娩で体力をあまり消耗しない方法を選択したいようです。

年齢定期にいわゆる超高齢出産になりますので、

長時間の陣痛に耐えられる自信がないようです。

仕事にも早く復帰したいので、肥立ちが良いことが

何より大切とのこと。

分娩方法で肥立ちの良し悪しがどれだけ変わるか分かりませんが

出産前までに、安産のお灸をしておくと、

お産が楽になりますので、結果的に産後の肥立ちも良くなります。

出産は、女性にとって人生最大の大仕事ですので

その後の健康にも大きな影響を及ぼします。

悪い影響が残らないよう、是非とも安産のお灸をお勧めします。

« 帰脾湯 | トップページ | 原因不明 »

医療な話」カテゴリの記事

不妊の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 帰脾湯 | トップページ | 原因不明 »