フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 出生前診断 | トップページ | デトックス? »

おまもり

”とても安心して過ごすことができました!”

と、つらい症状で悩んでいた患者さんは、

体調が安定して嬉しそうです。

今年に入ってから、鍼灸治療の効果をより継続させるために

治療後に置鍼をするようになりました。

その時の症状に合わせて、最も効果がある経穴を

一か所選択をして置鍼をします。

置鍼をすると、以前よりも治療効果が継続するので

患者さんからは、とても体が楽になったとか

精神的にとてもあんていしている、

という話をよく耳にするようになりました。

久しぶりに鍼灸治療を受けた患者さんは

初めての置鍼でしたが、

それがまるでおまもりのように、

安からな心で日常を過ごすことができたようです。

わずか1㎜前後の短い鍼の置鍼ですが、

たった一か所の経穴を刺激するだけで

全身の経絡を刺激し、気血のバランスをとります。

この優れた鍼を考案したのは、赤羽幸兵衛という日本の鍼灸師です。

鍼治療は中国で発祥しましたが、現在日本で行われている鍼治療の

ほとんどは日本で独自に発達しています。

その一つが、この置鍼です。

微小な刺激で、全身を整える・・・

まさにおまもりですね。

 

« 出生前診断 | トップページ | デトックス? »

鍼灸な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 出生前診断 | トップページ | デトックス? »