フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« そうだ鍼灸院、行こう! | トップページ | 原因不明の腰痛 »

地名

茨城県で鬼怒川が決壊し、甚大な被害が出ていますが、

地名には、過去の災害の歴史が刻まれていることがあります。

内閣府のHP にもその記載があり、

例えば、水に関係する文字で川や池、浜、津、浦、沢などが

入っている地名はよく見かけますね。

近くに川や海、あるいはもともと池や沼があったところにつけられているので

地盤が緩いところが多いようです。

東日本大震災で、埼玉県の内陸部で液状化現象が起きた地域が

やはり、この水に関する地名でした。

ちなみに、当院のある絹ヶ丘ももとは長沼という地名でした。

長沼駅のある周辺は、今でも長沼という地名で、

すぐ近くを浅川と湯殿川が流れています。

今回のような大雨が続けば、浅川が氾濫して

水害を受ける可能性はあります。

それから、浅、深、崎、門、谷、田なども

川や湿地帯、低地などを意味しているので

災害に弱い地域を言えるでしょう。

また、竜や蛇の付く地名も過去に大きな土砂災害が

あったところのようです。

動物や植物などの地名も災害を表しているケースがあるようです。

例えば、牛や猿、鷹などが代表例で、梅や栗、柿の付く地名も

その時に起きた災害の状況を表しているようです。

ただ、最近では大規模な宅地開発によって新しい地名を付けるケースが

多いので、過去の災害の状況やその土地の状況が分かりにくくなっています。

これから家を購入しようとしている人は、

できるだけ災害に遭わないために

その地域の地名が変わっていないか、

あるいは古い地名は何かを知っておく必要があるかもしれません。

« そうだ鍼灸院、行こう! | トップページ | 原因不明の腰痛 »

自然な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« そうだ鍼灸院、行こう! | トップページ | 原因不明の腰痛 »