フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 白露 | トップページ | 地名 »

そうだ鍼灸院、行こう!

”お久しぶりです!”

と、2年ぶりに来院された患者さん。

不妊治療で通っていましたが、無事妊娠し卒業されました。

その後、出産と育児と順調に過ごされていたようですが、

2か月ほど前、それまで順調に来ていた生理が突然狂い始めます。

不安になり、婦人科で検査をしましたが、

特に異常はありません。

ストレスで、ホルモンバランスが崩れているのでしょう 

とのことで、ホルモン剤を処方されました。

不妊治療の時にホルモン剤の副作用には散々苦しめられたので

あまり服用したくはありません。

どうしようかと思い悩んでいるとき

不妊治療をしているときに受けた鍼灸治療を思い出しました。

”そうだ!鍼灸治療をしよう!”

思い立ったが吉日で、さっそく来院されました。

数年前より、厚生労働省でセルフメディケーションを推進しています。

WHOではセルフメディケーションを次に様に定義しています。

”自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること”

これによって、

(1)毎日の健康管理の習慣が身につく

(2)医療や薬の知識が身につき

(3)疾患により、医療機関で受診する手間と時間が省かれる

(4)通院が減ることで、国民医療費が抑制できる

などの効果が期待できます。

厚生労働省的には、(4)が最大の目的だと思いますが、

やはり、自分の健康には責任を持つことが、ひいては

健康で長生きできることにつながります。

その一役を担っているであろう鍼灸治療は

健康で長生きのために最も効果的な治療方法ではないかと考えます。

最近では、お灸女子なるキーワードが流行っていますが、

安易に病院に行かず、日本人の体の最も適している

東洋医学を日常生活にもっともっと取り入れてほしいものです。

« 白露 | トップページ | 地名 »

鍼灸な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 白露 | トップページ | 地名 »