フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »

2015年7月

ミトコンドリア

最近、ミトコンドリアを活性化させる健康法が

密かにブームですが、不妊治療をしている人であれば

一度は聞いたことがあるかもしれません。

ミトコンドリアとは、体中の細胞の中でエネルギーを作り出している

細胞小器官ですが、このミトコンドリアの働きが

若さや元気の源になっています。

このミトコンドリアの機能が低下すると、

いわゆるエネルギー不足(気虚)になります。

もともとミトコンドリアは、何十億年前までは独立した細菌で存在していましたが

何らかの原因で生物の細胞に棲みつくようになりました。

健康な人ほどミトコンドリア多く、

とくに女性は男性に比べてミトコンドリアの量が多いので

男性よりも長生きなのです。

年齢とともにミトコンドリアの働きは低下していきます。

そのためにいわゆる老化現象が起きますが、

不妊治療をしていると良く聞かされるのが卵子の老化ということ。

卵子の老化にもミトコンドリアの働きが低下していることが関与していますので

このミトコンドリアの機能を活性化することが

卵子の老化を止めるには必要なことになります。

最近では、ミトコンドリアの働きを活性化させるような

サプリメントが多く販売されていますが、

そのようなサプリメントに頼らずとも、ミトコンドリアの機能をUP

させる方法はあります。

最も簡単な方法は、”空腹”になること。

食べ過ぎるとミトコンドリアは、栄養が体に行き渡っているため、

怠け始めるそうで、体に入ってくる糖や脂肪はエネルギーに変換され

難くなってしまいます。

なので、空腹になることでミトコンドリアが活性化し、体に蓄えられている

脂肪などをエネルギーに替えようと働き始めるのです。

それから”運動”もミトコンドリアを増やすには最も効果的。

運動をして筋肉の量を増やせばミトコンドリアの量も増え、

体全体のミトコンドリアの働きも活性化します。

1分間の軽めの運動と30秒間の強めの運動を繰り返す

サーキットトレーニングが、 ミトコンドリアを増やすのに効果的だとされています。

寒い所に行くとミトコンドリアが増えるという報告があります。

体は寒さを感じると体温を上げるためにエネルギーが必要だと判断し、

そのためにミトコンドリアを増やせという指令を出します。

人間の場合は12度で10分というのが適当ではないかと言われています。

その他、 ミトコンドリアを増やす生活習慣を挙げておきましょう。

  ● 座った時も立った時も背筋を伸ばす。

  ● ヨガや社交ダンスを習ってみる。

  ● 寒い場所で運動をする。

  ● 有酸素運動の前に短いダッシュをする。

  ● マグロトレーニングを行う。

  ● サウナに入った後に水風呂に入る。

  ● 野菜は緑、赤、黄を食べる。

  ● 週末断食をする。

断食については、何度かその効用を話していますが、

ミトコンドリアを増やし、その機能の活性度をUPさせることにも

効果があるのですね。

卵子の質を高め、妊孕性を高めるために

ミトコンドリアを増やしていきましょう!

一卵性双生児

”双子でした!!”

と、嬉しさと不安とで複雑な心境の患者さんは

そう話します。

”おめでとうございます!”

と思わず私も大喜びしましたが、

あれ??確か移植したのは1個だったような・・・・

気になり尋ねたところ、

”そうです・・・”

とのお返事。

当院にいらしていた患者さんで、体外受精の移植胚が

一つだったにもかかわらず双子になったのは

この患者さんで二人目です。

自然妊娠で一卵性双生児なる確率は、0.3~0.4%。

体外受精で一卵性双生児なる確率は、自然妊娠の約2倍

という報告もありますので、実は自然妊娠よりも

一卵性双生児になる確率が高いようです。

それにしても1%未満ですので、

稀であることには間違いありません。

患者さんの親兄弟、親戚に至るまで、

双子を出産した人はいないようです。

年齢的にアラフォー世代ですので、

超ハイリスクな出産になりそうですが、

長い不妊治療の末授かった二つの命ですので

しっかり育んで、無事出産することを

願っています。

清暑益気湯

大暑が過ぎて、一年で一番暑い時期ですが、

そろそろ夏バテになるころかと思います。

夏バテで最も多い症状が、疲労感です。

何となく体がだるく、疲れが取れない、

場合によっては、暑さによって寝不足になることも・・・

それによってさらにだるさや疲労感が増すという

悪循環に陥ってしまいます。

それから、冷たいものの飲み過ぎやエアコンの効いている部屋と

野外との温度差による自律神経の乱れによって

消化機能が低下し、食欲不振に陥ってしまいます。

体に必要なエネルギーやビタミン不足を引き起こし、

それによってさらにだるさや疲労感が増し、

無気力になってしまいます。

そんな夏バテを解消してくれる漢方が

清暑益気湯です。

夏バテを解消するためだけに作られた漢方薬ですので、

効かないわけがありません。

生薬の構成は、

気血を補い、消化機能を改善する黄耆、人参、陳皮、当帰、甘草

肺腎を補う五味子、麦門冬

脾を補い湿を燥す白朮

虚熱を清する黄柏

からなります。

余分な湿を取り除きつつ、消化機能を改善し、体にたまった

余計な熱を解消してくれます。

夏になると下痢になりやすいタイプの人は最も合う漢方です。

夏バテで食欲がなくなったら、是非試してみてください。

肌がきれい!!

”肌がすきとおって綺麗!!”

と、久々に実家に帰省した患者さんは、親や親戚に

そう言われたようです。

特別、肌をケアしているわけではないし、

エステに通い始めたわけではないので

肌がそこまで変化する心当たりがありません。

そんなに肌が変わっているのかと

不思議に思っていましたが、

唯一始めたのが鍼灸治療です。

そっか!!鍼灸治療で肌がきれいになったのかも!

と、体調も良くなっていることも実感していたので

肌も綺麗になっているのかと、

改めて鍼灸治療の効果を実感したようです。

最近、美容鍼が女性の間で流行していますが、

よくマスコミで紹介される一般的な美容鍼は

顔面を中心に鍼を刺しています。

確かに、顔の美容の場合はそれでも良いかもしれませんが

全身的な肌の美容の場合は、

やはり全身的に鍼をしていかなければなりません。

鍼をすることによって、気血の循環が良くなります。

皮膚表面の血行も良くなりますので、

当然肌の状態も改善していきます。

鍼をすることで自律神経のバランスが良くなり

女性の場合はホルモンバランスも改善していきますし

内臓機能も改善し便秘などの解消していきます。

結果的に、体全体の機能が良くなりますので

その表れである肌の状態も良くなるわけです。

肌だけではなく、髪の毛の質も良くなっていきます。

いつもパサついているとか枝毛が多い、まとまらない

などの髪の毛のトラブルを抱えている人は

これらの症状が改善していきます。

わざわざ美容鍼と謳わなくても

一般的な鍼灸をするだけで、実は美容効果もあるのです。

エステなどで表面だけを綺麗にするのではなく

鍼灸で体内部から綺麗にしていきましょう。

守護霊

Photo

”マリア様に守られているんです。”

と、患者さんは当院に飾ってあるマリア像を見て

そう話します。

以前、守護霊を見ることが出来るという人から

あなたはマリア様に守られていると言われたようで

ご本人はカトリック信者ではないので

キリスト教徒は縁もゆかりもありません。

なんで私の守護霊がマリア様なのだろうと

不思議に思っていましたが、

しばらくそのことは忘れていたようで、

たまたま訪れた鍼灸院にマリア像が飾ってあり

これはもしかしたら何かの導きがあったのかも・・・・と

感じたようです。

カトリックでは、守護天使という神が一人一人の人間に対して

善を勧め悪を退けるようにその心を導く存在として

天使を付けていると考えています。

それは、洗礼を受けた信者のみならず

全ての人間に遣わしていると考えています。

ですので、信者でない患者さんにもその守護天使が

付いていてもおかしくはないのです。

その天使の導きに従って行動することは

必ずその人を良い結果をもたらします。

それに背いて行動することは

決して良い結果をもたらすことはないでしょう。

その声に気づくか気づかないかによって

その人の人生は大きく左右されることになります。

自分を守ってくれている存在があるということを感じるだけでも

精神的に平穏で安心して過ごすことが出来ます。

患者さんの望みが一日でも早く叶うよう

祈っています。

夏の土用

現在、夏の土用期間中ですが、

土用は季節の変わり目の18日間を言いますが、

夏の土用は立秋前の18日間。

土用期間中の丑の日は

特に土用の丑の日と言って

うなぎを食べる習慣がありますが

その習慣が始まったのは江戸時代中頃

平賀源内の発案だという説が有力です。

元々、うなぎの旬は冬なので、

うなぎは本来冬に食べるものなのです。

食欲のなくなりやすい夏に良質なたんぱく質を多く含む

うなぎを食べるのは確かに良いかもしれませんが、

夏は一番脂が乗っていないので本当は一番美味しくないのです。

それから、土用は土の作用が強く出るので

土を掘り起こすような土木工事や家の建築なども禁忌です。

また、気が落ち着かない時期でもあるので

引っ越しなども避けた方が良いでしょう。

夏の旅行やレジャーもほどほどが良いかもしれません。

夏仕様

Sunshade

梅雨明けとともに厳しい夏の日差しで、毎日35度前後の

日が続いています。

治療院のある位置は、午後になると西日がきついので

ブラインドをしていても強い日差しが差し込んでしまいます。

少しでもその日差しを遮るために

昨年からサンシェードを取り付けています。

土用の季節ですが、まだまだ暑さはこれからが本番。

秋分過ぎまでは、このサンシェードのお世話になりそうです。

2万歩

”全然疲労感はありませんでした!”

と、治療後に高尾山に登り

2万歩を歩いたという患者さん。

いつもならぐったりしてしまうようですが

鍼のおかげか全く疲労感がなかったようです。

鍼灸の効果を実感するのは時間がかかると言われますが

本来は鍼灸の刺激を受けると体は劇的に反応をして

変化をしていきます。

ただ、もともと体というのは変化をしても

生命に危険がない限り、意識されるほどの

強い反応を起こしません。

いちいち体の変化に反応をして、それを意識させていたら

様々な活動に支障をきたしてしまいます。

なので、鍼灸などの微細な刺激に対して

体が変わっていても気づきにくいのです。

では、どういうときに気づきやすいかというと

普段と同じ行動をしたときや同じ生活習慣をしたときに

いつもなら起きるはずの体の反応が起きなかった場合に

あれ???いつもと違う・・・という形で

体が変化していることに気づきます。

この患者さんのように、いつもならぐったりしてしまうはずなのに

全然疲れずに、家事もスムーズにこなせることをことを経験すると、

その時に鍼灸が効いている!と実感することが出来ます。

この調子で体が変化していけば

確実に妊孕力が付いていきますので

妊娠もきっと近いことでしょう。

小さい??

卵は採れるけれどもなかなか陽性反応が出ない患者さんは、

体質を改善しようと鍼灸治療を始めました。

3周期ほど鍼灸治療をして臨んだ移植で、

無事陽性反応が出ました。

ようやく陽性反応が出たので、心の底から嬉しいのですが、

と同時に、このまま順調に成長してくれるだろうか

という不安が湧き上がってきます。

5週に入った時の胎嚢確認で

胎嚢はしっかり見えましたが、ちょっと小さかったようです。

ドクターからは、良くもないけど悪くもない・・・

というような、あいまいな返事をもらったとか。

妊娠初期は、個人個人成長の度合いが異なりますので

大きさにはかなりのばらつきがあります。

基本的に5週0日の段階で、5㎜以上の胎嚢が確認できれば

そのまま妊娠を継続する可能性は高いといえます。

一般的には、10~20㎜が基準といいますが、

大きさだけでは、その後のことははっきりとは分かりませんので

全く気にすることはありません。

とりあえず、胎嚢が確認できたということは

しっかり子宮に着床してくれたということですので

着床してくれた子がしっかり胎盤を形成できるように

気血の循環をさらに良くしてあげることが大切です。

いたずらに不安がらず、母としてどっしりと構え

無事クリニックを卒業していきましょう!

降圧剤

降圧剤と便秘薬を服用して

気分が悪くなったという患者さんは

朝起きたときに測った血圧が50/30だったようで

にまで下がってしまったようで

測り間違いか・・・・と思いましたが

とにかく、起き上がることが困難なほど

体調が悪かったので、慌てていつもの病院に掛かりました。

薬の飲み合わせで、思わぬ副作用が起きることがあります。

降圧剤にはいくつか種類があり、

その症状によって使い分けられていますが

カルシウム拮抗剤が最も多く使用されているようですが

血管の平滑筋の収縮を抑制することで圧を減らすというもの。

その他、利尿作用のある薬や血圧を上げる物質を阻害する作用のある薬

あるいは交感神経の興奮を抑制するなど

現在8種類ほどの降圧剤が存在しています。

カルシウム拮抗剤は、平滑筋が収縮するときに使うカルシウムの作用を

阻害する作用があるので、それが血管だけに作用してくれればよいのですが

全身の平滑筋にも作用してしまうので、胃腸などの消化器系の

平滑筋に作用すれば便秘や逆流性食道炎などになってしまいます。

もちろん、心筋にも作用しますので、場合によっては

心機能低下してしまうこともあります。

便秘薬には、やはり腸などの平滑筋を刺激するものあり

またマグネシウム剤などのありますので、

降圧剤と一緒に服用することで、その作用を強めてしまい

著しい血圧低下を起こしてしまう可能性があります。

そのことによって、ある種のショック症状が起きてしまうこともありますので

降圧剤を服用している人は、その副作用について

十分に気を付けた方が良いでしょう。

パイオネックス

”どうして片方だけに付けるんですか?”

と、パイオネックス(置き鍼)を片方だけに貼ることを

不思議に思ったようです。

通常、置き鍼をするときは、症状のあるところに貼る場合

症状のある経絡上に貼る場合など

様々なケースがあります。

私が片方だけに貼る理由は、

体の左右バランスを取るために

左右にある経絡の異常の出ている側に貼ります。

もちろん、その患者さんがどんな症状を持っているか

あるいはどのような目的で治療をしているかによって

同じ異常が出ていてもその都度貼る位置を

変えていきます。

人間の体は、多かれ少なかれ

左右のバランスが異なります。

癖で頭を片方に傾ける人や

片方の肩が挙がっている人や

女性の場合は特に骨盤の左右の高さが異なっていたり

前後方向に位置が違っていたり

あるいは、足の長さが異なっていたり

仰向けになった時に足先の傾きが片方に傾斜していたりと

様々な状態がありますが、

それによって、実は内臓の調子に悪影響を与えていたり

女性の場合はホルモンバランスに影響が及び

月経の状態や月経周期が乱れてしまったりと

体の全身に悪影響を与えてしまいます。

そのバランスを取るためにとても有効は方法が

パイオネックスなどの置き鍼なのです。

ただ、貼っているだけで、経絡のアンバランスを整え

体のゆがみを調整していきます。

鍼灸治療の効果を持続させるという意味でも

とても重要な効果を発揮します。

鎮痛剤の功罪

月経痛、頭痛、腰痛、神経痛・・・・

痛みの疾患はたくさんありますが、

痛みが辛い時、その痛みを除去してくれる薬が

鎮痛剤です。

痛みの多くは炎症や刺激による侵害受容性疼痛です。

いわよる痛みを伝える受容器が刺激されて

痛みの信号が脳に伝えられることによって起こります。

たとえば、打撲を負った時に患部が赤く腫れあがりますが、

打撲という刺激が加わることで組織が破壊され、

そこから炎症を起こす物質が放出され、

痛みを脳に伝えつつ、その組織の修復、感染していれば

それを取り除く作業に取り掛かります。

炎症を起こす物質の一つにプロスタグランジン(PG)があります。

PGは、血管を拡張させ、血管の透過性を高め

神経に対して痛みを伝えていきます。

鎮痛剤の多くは、このPGの産生を阻害する作用があり

その作用で痛みを抑えていきいます。

PGにはいくつか種類があって、シクロオキシナーゼ(COX)という

酵素から産生されるのですが、そのCOXの種類のよって

その作用が異なってきます。

炎症を起こす作用のあるPGは、COX2という酵素から産生されますので、

鎮痛剤はこのCOX2を阻害していきます。

ただ、鎮痛剤はCOX2だけではなく、COX1も阻害してしまいますので、

COX1から産生されるPGの重要な作用である胃粘膜保護作用も

一緒に阻害されてしまうので、鎮痛剤を服用すると胃が荒れるのです。

それでは、COX2だけを阻害する鎮痛剤はないのかというと、

以前開発されたのですが、今度はCOX2だけを阻害すると

COX1から産生されるPGのもう一つの作用である血小板凝集作用が起こり

血栓が出来やすくなってしまうとのことで、早々に使用中止になりました。

なので、一般的な鎮痛剤は、COX1とCOX2を阻害する作用があります。

鎮痛剤の作用として、妊活中の人にはとても問題な作用があります。

それは、子宮内膜で着床を促す因子を阻害してしまうという作用です。

受精卵が着床するような時期には、実はCOX2から産生されるPGが

子宮内膜に対してとても重要な作用をしていることが分かっています。

先ほどお話ししたPGの血管を拡張させて血管の透過性を高める作用プラス

子宮の筋肉でもある平滑筋を弛緩させる作用があるのです。

つまり、子宮内膜に対して受精卵が着床しやすいような状態にする

という作用です。

鎮痛剤を常用している女性は妊娠しづらいと良く言われていますが、

それは鎮痛剤によってCOX2から産生されるPGを阻害してしまうからなのです。

痛みを引き起こす物質として忌み嫌われるPGですが、

実は、妊娠するためにはとても大切な役割をしているのです。

女性に多い月経痛や頭痛で日頃から鎮痛剤を常用している人は

もしかしたら妊娠しづらい体になっているかもしれません。

鍼灸治療は、月経痛や頭痛などの痛みの疾患にはとても効果のある

治療方法ですので、月経痛や頭痛を緩和することによって、

鎮痛剤に頼らない体にすることだけでも妊孕性がUPします。

妊活中の女性で、月経痛や頭痛に悩まされている女性は

是非とも鍼灸治療を試してみてくださいね。

« 2015年6月 | トップページ | 2015年8月 »