フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 気持イイ~♪ | トップページ | おめでとう!! »

hcg

体外受精の妊娠判定は、血液検査によって

血中のhcgの値を調べます。

クリニックによっては、尿中のhcgで判定をするところもあるようですが

ほとんどの不妊専門クリニックは、血中のhcgで判定します。

着床をするとhcgが分泌されるようになり、

胎児の成長を促していきますので、

その値で妊娠の有無を判断することが出来ます。

妊娠判定の4週0日の基準値は、50mIU/ml以上であることが

一般的で、この値を超えていると”陽性”と判定されます。

その後、ほぼ1日毎に2倍くらいずつ値は伸びていき

5週0日ころには、1000mIU/ml程度まで上昇していきます。

50mIU/ml以下でも陽性と判定される場合があります。

ただ、その後の妊娠継続率は、必ずしも高くはありません。

hcgが25~50mIU/mlの場合は、35%程度といわれています。

では、50mIU/ml以上あれば安心かというと、そうではなく

50~100mIU/mlの場合は、64%

100~200mIU/mlで80%

200~500mIU/mlで95%

という妊娠継続率になり、とりあえず50以上であれば

3分の2以上の確率で妊娠は継続すると言われているので

陽性判定の基準は50mIU/ml以上となっているわけです。

50mIU/ml以下でも35%は妊娠が継続するわけですから

決して絶望してはいけません。

当院でも、25mIU/ml程度の判定で出産した方はいます。

あくまで確率の問題です。

その後のhcgの伸び率で状況も変わってきますので、

最後まであきらめず、成長を見守ってあげましょう。

« 気持イイ~♪ | トップページ | おめでとう!! »

不妊な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気持イイ~♪ | トップページ | おめでとう!! »