フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« あと、もうちょっと・・・ | トップページ | 下部尿路症状 »

牛乳の効能

牛乳はカルシウムが豊富で健康に良い

というのは、厚生労働省も推奨している優良な食材の一つ

しかし、牛乳は人間にとって毒という人もいます。

”医学不要論”の著者内海聡ドクターがその一人です。

私自身も牛乳は飲めません。

牛乳を飲むと途端に下痢になるからです。

いわゆる、乳糖不耐症というものですが、

小学校、中学校の給食には必ず牛乳はつきものですので

午後になると、大変な苦しい思いをしたのを

今でも覚えています。

高校生になって以来、ほとんど牛乳を飲まない生活を送っています。

牛乳は、カルシウムが豊富で、云々といいますが、

実は、アジア人の成人には、牛乳に含まれる乳糖を

カルシウムに分解する分解酵素が体内で分泌されないので

結果的に上手く吸収されないようなのです。

私のように乳糖不耐症で、却って体調を崩してしまう原因に

なってしまうのです。まさに、百害あって一利なしです。

また、牛乳を飲みすぎると、却って骨が弱くなるという統計もあります。

カルシウム豊富で骨を強くするというイメージがあり、

女性や老人は、積極的に牛乳を飲んでいる人が多いのですが、

飲めば飲むほど骨が弱くなるのであれば、

まさに逆効果。

牛乳がビタミンCの作用を弱めてしまうために

骨を健康に保つコラーゲンの合成に必要なビタミンCが

十分に働かないからなのです。

それから、牛乳に含まれる脂肪は、ほとんどがコレステロールを増やす

不飽和脂肪酸で、動脈硬化や心臓病、脳卒中などの循環器の疾患の

原因にもなるようです。

また、酪農で人工的に育った乳牛の牛乳には、成長ホルモンや

女性ホルモンが含まれていて、そのホルモンの作用が原因で

たとえば、乳がんや卵巣がん、あるいは前立腺がんなどの

生殖器系のがんを発症するリスクが高まるという医学研究もあるようです。

ここまで来ると、なんだか毒を飲んでいるようで怖くなりますね。

日本人が牛乳を飲むようになったのは、飛鳥時代からのようですが

当時は、皇族や将軍などの、極限られた人だけでしたが

明治維新後に西洋文化が入ってきた頃になると

国民にも飲む習慣が広まったようです。

栄養状態の良くなかった時代には、

確かに必要な栄養素だったかもしれませんが

今となっては、わざわざ体調を壊してまで飲むものではなく

その代替となる栄養素はいくらでもありますので、

積極的に飲む必要はないように思います。

何を信じて、どう行動するかは、その人自身の価値観の問題ですので

やはり自分の信じた道を進んだ方が、

後悔しない人生を送ることが出来るでしょう。


« あと、もうちょっと・・・ | トップページ | 下部尿路症状 »

健康な話」カテゴリの記事

食養の話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« あと、もうちょっと・・・ | トップページ | 下部尿路症状 »