フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 劇的に改善?? | トップページ | 不育症 »

経絡的思考

東洋医学の独特な考え方に、経絡というのがあります。

経絡は、気の流れ道で、体の左右に12本ずつ、

それから、体の正中線の前側と後ろ側の経絡2本を加えて

14本の経絡があります。

経絡上の組織に何か障害が起こると

その経絡上に異常反応が出てきます。

その異常反応をチェックして、

経絡上にある経穴に鍼や灸で刺激を与え

その異常反応を改善していき

その組織の修復を助けます。

胆のうを子供の頃に手術した患者さんは

左薬指から首に至るラインが重だるい症状が

出てきて辛いようです。

加えて、ちょっと運動しただけで息切れがします。

薬指から始まる経絡は三焦経で、

その経絡と接続している経絡は胆経です。

胆経の異常反応が、接続している三焦経に影響を

与えている状態です。

三焦経と表裏で接続している心包経にも影響が出て

動悸の症状が出ています。

それぞれの経絡上の経穴に刺激を与えることで

辛い症状は改善していきます。

最初の治療でかなり症状が楽になったと感じた患者さんは

これからも治療を続けていきます。

« 劇的に改善?? | トップページ | 不育症 »

鍼灸な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経絡的思考:

« 劇的に改善?? | トップページ | 不育症 »