フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 不眠 | トップページ | 体を温める »

冬季性うつ

”これからの季節が辛いんです。。。”

と、冬の季節が苦手な患者さんは、憂鬱そうに話します。

寒暖の差や日が短くなるこの時期に

うつに似た症状が出てくる人がいます。

医学的には、季節性情動障害と言われていて

冬型が多いようです。

冬型の場合は、日照時間が短くなることにより

引き起こされると言われています。

メカニズムについては良く分かってはいませんが、

体内時計をつかさどるメラトニンの分泌が

日照時間が短くなることによって遅れたり

あるいは分泌が過剰になることで

体内時計が狂ってしまう場合、

それから、光の刺激が減ることによって

神経伝達物質であるセロトニンが減り

そのために脳の活動が低下してしまうなど

様々な原因が考えられています。

いずれにしても体の機能が低下してしまうので

自律神経がしっかり機能していないことが考えられます。

鍼灸の刺激で、自律神経に刺激を与え

メリハリのある機能を取り戻せば

日光の刺激が減るこの時期でも

健康的に過ごすことが出来ます。

季節性のうつ状態に悩んでいる患者さんも

鍼灸治療をしていることで、

体がいつもの同じ季節より

しっかり動いていることを実感しているようです。

    « 不眠 | トップページ | 体を温める »

    健康な話」カテゴリの記事

    鍼灸な話」カテゴリの記事

    コメント

    コメントを書く

    コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

    (ウェブ上には掲載しません)

    « 不眠 | トップページ | 体を温める »