フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 調子がイイです! | トップページ | 気の持ちよう »

黄色信号??

”年齢的に仕方ないけど、黄色信号・・・・”

と、ドクターから言われ、ショックを受けてしまった患者さん。

不妊治療において、ホルモン値の検査は必須です。

ただ、どのような検査でもそうですが、

正常範囲というものがあります。

特に不妊治療において重要なホルモン値は、

FSH(卵胞刺激ホルモン)とLH(黄体形成ホルモン)です。

最近では、卵巣年齢と言われるAMH(抗ミュラー管ホルモン)があります。

FSHは、卵巣機能を見る上で重要なホルモンですが

女性の場合は、月経周期によって刻々と変化しています。

なので、月経が始まって何日目に検査をしたかによって

ホルモン値にばらつきが出てしまいます。

FSHの低温期(卵胞期)の正常値は、

3.0~14.7mlU/ml

と言われています。月経3日目くらいであれば

一桁であることが望ましいでしょう。

ただ、ドクターによってこの値にシビアに見る人がいます。

私が患者さんから聞いたあるドクターによると、

5以下でなければ卵巣機能が低下していると判断するようです。

それはちょっと厳しすぎるよね・・・・

と、患者さんと苦笑いするのですが、

それによって、卵巣機能が黄色信号!!

と言われると、ショックを受けてしまうのは致し方ありません。

先の患者さんも一桁なのに、そういわれてしまったようです。

あまりホルモン値に振り回され、それがストレスになって

ホルモンバランスを崩してしまっては

元も子もありません。

しばらくは、クリニックに行かず、鍼灸で体を整えていくようです。

その方が、却って近道かもしれませんね。

 

« 調子がイイです! | トップページ | 気の持ちよう »

不妊な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 調子がイイです! | トップページ | 気の持ちよう »