フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« ストレス | トップページ | 余裕 »

”また桑実胚で止まってしまいました・・・”

と、残念そうに話す患者さん。

クリニックの方針では、胚盤胞にならなければ移植はしないとのこと。

年齢的にぎりぎりのところに来ているので、

移植ができないのは、時間的にも大きなロス。

桑実胚でも着床率は変わらないというデーターもありますので

できれば桑実胚で移植してほしい・・・

そう思っても、クリニックの方針は変わらないので

それはできないとのこと。

鍼を始めてから、コンスタントに卵が採れるようになりましたが

あと一歩のところで、成長が止まってしまいます。

培養液の中よりは、子宮内の方が

確実に環境が良いはずです。

少なくとも桑実胚まで成長できるだけの力を

持っているのですから、

子宮内に戻れば、しっかり着床してくれる気がします。

次は必ず胚盤胞になることを願いつつ、

ひたすら、気血の流れを良くしていきます。

 

« ストレス | トップページ | 余裕 »

不妊な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ストレス | トップページ | 余裕 »