フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

一卵性

”双子でした!!”

と、無事心拍を確認した患者さんは、嬉しそうにそう話します。

胚盤胞を1個しか移植していなのに、

心拍が2個確認できたようです。

患者さんも、まさかの双子にびっくり!!

妊娠できたことだけでも嬉しかったのに、

双子だったことで、嬉しさ二倍です。

一つの胚から双子になるケースが稀のようですが、

自然妊娠で双子になる確率よりも多いようです。

自然妊娠の場合は、0.4%の確率で

体外受精の場合は、0.8%の確率で起こるとのこと。

今まで、2個の胚を移植して、二卵性の双子を妊娠した患者さんは

何名かいましたが、

1個の胚移植で、一卵性の双子を妊娠した方は

初めてです。

長く胚培養をしていると双子になる確率が上がるようで、

その理由は明確には分かっていないようです。

NICUのある病院で出産するようですが、

嬉しさを通り越して、不安です・・・と患者さん。

無事、元気な双子ベビーが誕生することを

お祈りしています。

ブルー

”採卵を前にブルーになってしまいました・・・”

と、いつも元気な患者さんが浮かない顔・・・

女性は、ホルモンの状態が一定ではないので、

ホルモンの影響によって、心身の変化が現れます。

排卵の前になると、落ち込む人もいますし、

いわゆる月経前症候群に代表されるような

月経前の様々な不快な症状に悩まされる人もいます。

また、マリッジブルーやマタニティーブルーなど

環境の変化や妊娠に伴う体の変化によって、

精神的に不安定になってしまうこともあります。

時として、そのような心身の変化があることを理解できない

男性諸氏は、女性のヒンシュクを買ってしまいます。

女性のライフスタイルに多大な影響を与えている

ホルモンの変化があって初めて

新しい生命が誕生するのですから、

辛い心身の症状がある女性に対しては

しっかりサポートしてあげたいですね。

 

リラックス法

”緊張せずにリラックスできました!”

と嬉しそうの話す患者さん。

仕事に必要な試験を受験し、

緊張しやすい患者さんは、

私が教えたリラックス法を実践したところ

全く緊張せず、無事試験を終えることができたようです。                             

過敏性腸症候群の患者さんは、

緊張しやすいタイプのようで、

仕事でも常に緊張しているようです。

首から肩、背中まで、がちがちの凝っていて、

その緊張度がうかがえます。

緊張をすると、顎に力が入り、首に力が入ります。

その影響で、肩に力が入り、肩甲骨をギュッと締め付けます。

そうなると、呼吸が浅くなり、手足の筋肉がぶるぶると震えてきます。

こうなると自分ではどうすることもできなくなってしまうので

そうなる前に、まず顎の力を抜きます。

顎の力を効果的に抜くには、

舌の力を抜くこと大切。

舌先を上あごにちょっと触れるようにします。

そうすると自然に顎の力が抜けて

あとは雪崩式に、首・肩・肩甲間の筋肉が緩んできます。

呼吸も深くできるようになり、手足の震えも止まってきます。

リラックス法をマスターした患者さんは、

もう緊張することはなくなるでしょう。

後悔先に立たず??

”自然妊娠だったんです!”

と、ICSIをして、受精卵を4個凍結した患者さんは、

翌周期にETをする予定でしたが、

都合がつかず、そのままに・・・・

生理が来ないので、検査薬を使ったところ

なんと妊娠していることが判明!!

あれだけ不妊治療をしてきたのに・・・・

と、意外な展開に本人もびっくりのようです。

せっかく凍結した卵ですから、

そのままにしておくようですが、

もう少しじっくり体を整えてから

ステップアップしても良かったかもと、

今更ながら、後悔しているようです。

鍼灸をすると、体がガラッと変化するので

焦らずじっくり体を整えてから

結論を出しても遅くわないでしょう。

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »