フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 気力 | トップページ | リズム »

陰と陽

”左卵巣から排卵しずらいんです・・・”

と、人工授精を控えている患者さんは、

左右の卵巣機能が異なることを嘆いています。

東洋医学的には何が悪いんですか??

との質問に、しばし考えをめぐらすと

東洋医学の根本原理に、陰陽というものがあります。

女性は陰で、男性は陽

右が陰で、左が陽となります。

このことから、女性の場合、右側が機能的に優位になりやすく

左側が弱くなりがちになります。

なので、左卵巣の機能が低下しやすいのは

陰陽の理論からすると、致し方ないのかもしれません。

実際、左側の卵巣機能が低下している人が多いのも事実です。

左の卵巣が反応しない、

左の卵巣にチョコレート嚢腫がある、

左卵管が詰まっている・・・等々

おそらく、西洋学的には、女性が左側の機能が低下しやすい

あるいは症状が出やすいということは

確かめられてはいないでしょうけれども、

非常に興味深い現象の一つです。

« 気力 | トップページ | リズム »

鍼灸な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 気力 | トップページ | リズム »