フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 偶然にも・・・ | トップページ | ゆで卵 »

一人歩き

最近、患者さんから、いくつか妊娠中にしてはいけないという

情報を聞きました。

”妊娠初期に三陰交に灸をすると流産する”

”低温期に豆類を多くとると妊娠しずらくなる”

ということですが、三陰交については

かなり多くの情報がヒットします。

しかしながら、これは、様々な検証の結果、

鍼灸師の間では、問題はないというのが

一般的な見解です。

その他にも、妊娠を希望している女性には、

お腹の石門を使ってはいけない、とか、

足の崑崙を使ってはいけないなど

古典に掲載されているので、今でもそう信じられていますが

これも、検証されて結果、流産はしなかったとの

報告があります。

豆類については、豆に含まれているイソフラボンが

女性ホルモン様の働きをするので、

それが多くなると、卵胞刺激ホルモン(FSH)が抑制されて

卵胞の育ちが悪くなったり、

逆にLHサージを引き起こして、未熟なうちに排卵させてしまう

可能性があるから・・・

という理由かもしれません。

ただ、通常の量を摂取している限りは

おそらく、問題はないでしょう。

ちなみに、2005年に食品安全委員会から出された報告では、

大豆イソフラボン錠剤150mg/日はヒトにおける健康被害発現量

と考え、その半分の75mgを

”臨床研究に基づく現時点におけるヒトの安全な上限摂取目安量”

としました。

大豆イソフラボンを濃縮したサプリメントを大量に摂取しない限り、

150㎎以上摂取することはないので、

心がけて豆類を摂ることをお勧めします。

このような情報は、ある一部分が切り取られて

それが一人歩きしてしまうので、

少なくともそういう情報に対しては

本当なの??

という気持ちを持つことが大切ですね。

« 偶然にも・・・ | トップページ | ゆで卵 »

健康な話」カテゴリの記事

鍼灸な話」カテゴリの記事

医学な話」カテゴリの記事

不妊な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 偶然にも・・・ | トップページ | ゆで卵 »