フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« まだ早い? | トップページ | 性格? »

卵の形

不妊治療をしていると、必ずエコー検査をしますが、

エコー検査で確認するのは、卵巣の状態であったり、

卵胞の育ち具合であったり

あるいは、内膜の厚さだったりします。

同じ機械を使っても

ドクターによって、多少操作の仕方や

画像の見方が異なるようで、

いつものドクターは、卵胞の直径を一ケ所しか測定しないのに

別のドクターは、二ケ所測定して、

その間の数値を取ったとのことで

本当にこれでいいの??

と、不安になったという患者さん。

どうして、不安になったかというと、

以前、ドクターの卵胞の測定方法が下手で、

何度も治療が中途半端で結果が悪かったことがあり

それがトラウマになっているために

きちんと測定しているのかどうかが

気になるようです。

卵胞は、20mm前後になると、いつ排卵してもおかしくはありません。

なので、排卵近くの卵胞の大きさは、ある意味排卵の目安になります。

過去に嫌な思い出がある患者さんにとっては、

その大きさが重要なので、出来る限り正確に測定してほしいとのこと。

ただ、卵胞の形は、正確な円形ではないようですので、

多少楕円になっていることの方がほとんどのようです。

とはいえ、形がいびつと言われると、人情的には、卵の質が悪い???

とも思ってしまいます。

医学的には、関係がないと分かっていても

悩まし所ですね。

« まだ早い? | トップページ | 性格? »

不妊な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卵の形:

« まだ早い? | トップページ | 性格? »