フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« スイッチ?? | トップページ | 予防接種 »

誤解??

最近は、美容鍼などでマスコミに取り上げられることが

多くなってきたので、鍼灸の認知度も少しずつ上がってきて

いるようですが、それでも接骨院やマッサージなどの治療法に

比べると、まだ馴染みのない治療法です。

なので、様々な誤解?が巷にあふれていることは

ある意味否めないかもしれません。

我々鍼灸師がもっと情報発信をして、

一般の人が抱いている鍼灸治療のイメージを

変えていかなければなりません。

最近は、情報収集ツールとしてのインターネットが

一般化しているので、このようなブログやツイッター

SNSなどの交流サイトを通じて情報発信はしやすくなっています。

ただ、情報が入手しやすくなり、鍼灸治療のイメージを

良い方向に替えることが容易になった反面

悪い方向への情報も簡単に広がるようになっています。

当院で受けた実際にあった問い合わせの内容で、

下記のようなものがありました。

・卵に鍼は刺さらないの?

⇒体外受精で移植をした後に鍼を希望していた方からの

問合せでしたが、お腹に鍼を刺すことが不安だったのでしょう。

卵子の大きさは、0.1~0.15mmで、鍼の太さは、0.1~0.2mm程度。

刺すことは不可能であることはわかりますね。それに、お腹の表面から

どこにあるかわからない0.1mmの大きさのものを、

ピンポイントで刺すことはまず不可能です。

・血管や神経に刺さらないの?

まず神経に刺さる前に、激痛でそれ以上鍼を進めることはできないでしょう。

血管もそうです。皮膚表面の細い毛細血管は、傷つけることがあるので

時折内出血することはあります。血液を採血した後に、青あざになることが

ありますね。原理は同じです。採血の時ほど太い血管に0.1mm程度の鍼では

刺すことができませんので、大量出血!!はまずありません。

・逆子のお灸をして赤ちゃんに臍の緒が絡まないの?

逆子のお灸をすると、赤ちゃんの胎動が活発になりますが、

動いているときに臍の緒に絡んでしまうのでは!!と心配される

妊婦の方がいました。臍の緒が首に巻きついて、死産になるケースも

あるようですので、妊婦にとってはとても心配なことですが、

お灸をせずとも赤ちゃんは動きますので、お灸が直接の原因で

臍の緒が絡んでしまうということは、おそらくないでしょう。

そもそも原因が不明なので、何が原因ということはわかりません。

その他、たくさんの疑問があるかもしれませんが、

そういう時は、遠慮なく最寄も鍼灸師の問い合わせてくださいね。

« スイッチ?? | トップページ | 予防接種 »

鍼灸な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« スイッチ?? | トップページ | 予防接種 »