フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

スイッチ??

”私にあっているかも!!”

と、初めて鍼灸治療を受けた患者さんは、              

長い間辛かった頸の痛みがなくなり、

手足の冷えも気にならなくなったようです。

しかも、今まではっきりしなかった基礎体温が

しっかり二相になったとのこと。

初めて鍼をすると、体がその刺激で

劇的に変化することがあります。

まるで、体にそういうスイッチがあるように

ぱっと体が良い方向に変化していきます。

鍼などの軽い刺激は、体の機能を賦活化させます。

逆に、強い刺激では、体は防衛反応を示したり

疲弊して機能が低下してしまいます。

この微妙な刺激が、体のスイッチを入れるためには

丁度良いのです。

そのスイッチ場所が、いわゆる”経穴(ツボ)”

と呼ばれるところなので、どのスイッチを押したらよいかは

しっかりその反応を見極めることが大切になります。

鍼灸治療の効果を実感した患者さんは

もう鍼灸のとりこ??になったことでしょう。

限界・・・

”もう限界です・・・”

と、これ以上は採卵はしたくないと患者さん。

採卵の時の麻酔の副作用がとても辛く、

これ以上は、体力的にもの精神的にも

その辛さに耐えることができないとのこと。

採卵は、麻酔する場合としない場合があります。

クリニックによっては、どちらかを選択することもできますが

麻酔はしないというクリニックもあり、

そのことがクリニックを選ぶときのポイントでもあるくらい

重要な方法の一つになっています。

ただ、体質によって、麻酔の副作用が強く出る場合があり、

またアレルギー反応によって、

場合によっては亡くなる方もいるくらい

大変神経を使う薬なのです。

麻酔をしない方法では、採卵時の痛みに耐えられないので

麻酔をしたいのですが、そのあとの副作用が

またとても辛いので、これ以上はとても無理・・・・

まだ、凍結胚がありますので、

それが全て着床しなければ、

もう諦めるとのこと。

不妊治療は、はたから見ている以上に、

精神的にも肉体的にも、とても辛い治療法なのです。

すっきり!

”すっきりしたような顔をしているね!”

と、仕事から帰宅した夫に言われたという患者さん。

その日は、鍼灸治療を受けて、

自分も体が軽くなったことを実感したそうで、

それが、表情に表れていたのでしょう。

患者さんは、そういわれて、嬉しかったようです。

確実にが改善していることは、自分だけでなく

周囲からも分かるほどになっていることに

少し自信が湧いてきたようです。

この調子で体を整えていけば、

待望の妊娠も間違いない!

と、期待感が高まります。

鍼灸というのは、特に痛みなどの具体的な症状がない場合は

あまり変化を実感することは少ないのですが、

気血の流れが良くなることによって

体が軽くなったり、すっきりしたという感覚は

鍼を受けた人であれば、必ず感じることができます。

そう感じることができた患者さんには、

もう近くまで、赤ちゃんは来ているかもしれません。

迎えに行きます!

4年前に体外受精で一児の母になった患者さんは、

二人目を目指して、体外受精の治療を再開しました。

出産当初は、一人で十分と思っていたようですが、

日に日に、もう一人産みたいという思いが強くなり、

年齢的に40歳が間近になったので、

これが最後のチャンスかもしれないと、

凍結胚してある受精卵を移植することにしたようです。

”せっかくなので、迎えに行きます!!”

と、移植を控えた患者さんは、明るく応えます。

一人目と同じ時期に採卵した卵なので、

無事、着床してくれることでしょう。

世間知らず

”今日はさすがに心が折れました・・・”

と、いつも元気に前向きに治療に取り組んでいる

患者さんから、開口一番漏れた弱音・・・

職場の自分よりも一回り以上若い同僚から

不妊であることを根掘り葉掘り聞かれたようです。

不妊というとてもデリケートな問題を多く含んでいる

話題については、

ある程度、社会的な経験を踏んでいると

それについては、出来るだけ避けるように

心配りをすることができるのですが、

まだ、社会経験の浅い、しかも未婚の若者にとっては

そのことがどういう問題を含んでいるのかを

理解することができないのでしょう。

若者に限らず、ある意味、世間知らずな人たちの

そういう無遠慮な言葉や態度で、

どれだけ不妊症に悩む夫婦たちが傷ついているのかを

しっかり理解する必要があります。

若いといえども、少なくとも一社会人なのだから

他人の心のありようをイメージして、

そういう配慮というか、もっと世の中のことを

知ってほしいものです。

 

セルフサービス??

エステや化粧品などの美容系や

マッサージやサプリメントなどの健康系のサービスを

提供しているしているお店で

自分が求めているもの以外のサービスや商品を

売りつけられ、嫌な思いをすることが、時折あります。

どうも、一般人からすると、鍼灸院も同類と思われている節があり

以前、当院にも”そのようなことをするのか?”

というような問い合わせがあったことを記憶しています。

他の鍼灸院では、そういう”営業行為”をしているところもあるかもしれませんが

少なくとも当院ではそのようなことは一切していません。

もちろん、お勧めのアイテム、お灸であったり、漢方であったりを

置いてはいますが、あくまで”興味のある人は、相談してください。”

というスタンスで、こちらからは一切アクションはしていません。

先日いらした患者さんから、

”自分でこれがほしいと申し出るシステムなのですね。”

ということを言われました。

まさに、その通り!!と、思わず膝を叩きましたが、

こちらで用意しているサービスから、自分で好きなものをチョイスする

ある意味”セルフサービス”なのですね。

もちろん、相談はいつでも受けていますので、

遠慮なく、相談していただければ、しっかりアドバイスさせていただいています。

やはり、自分の意志で行動することは、

自分の体をケアする上では、最も大切なことだ、

と、私自身は信じています。

 

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »