フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 今までにない感覚 | トップページ | 苦手な季節 »

血流を良くする方法

”血流を良くするにはどうしたらいいですか?”

と、移植を控えた患者さん。

前周期は、内膜が厚くならずに、中止になったので、

今周期はどうにか内膜を厚くして移植をしたいようです。 

内膜は、卵胞の成長とともに厚くなります。

卵胞がら分泌されるエストロゲンに反応するのですが、

このエストロゲンが十分に子宮へ循環しないと

内膜は厚くなっていきません。

血液循環が悪いと、エストロゲンの循環も悪くなりますので

内膜を厚くするには、まず血液循環を良くすることが大切。

お腹を冷やさないこと、下腹部の内臓を良く動かすこと、

から始めていきましょう。

内臓を良く動かすには、ウォーキングが最適。

大股で早歩きをすると、骨盤が良く動き

内臓の動きが良くなります。

改めウォーキングだけをしようとすると、

億劫になってしまうので、

買い物ついで、子供を保育園に迎えに行くついで

どこかに出かけるついで、のついでウォーキングが

長続きするかもしれません。

車や自転車をなるべく使わず、

少々の距離であれば、歩いてしまいましょう。

ウォーキングで、下半身の血液循環が良くなれば

足先の冷えも解消します。

内膜も厚くなり、冷え性も解消できるので

一石二鳥です。

内膜は一日にして厚くならず!

毎日の積み重ねが大切です。

 

« 今までにない感覚 | トップページ | 苦手な季節 »

不妊な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今までにない感覚 | トップページ | 苦手な季節 »