フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 水晶 | トップページ | 卒業 »

第二の脳

腸は第二の脳といわれるのは、

セロトニンという神経伝達物質を作っていて、

脳と独立して、自分で考えて活動することができるからなのですが、

体内にあるセロトニンの95%は、

腸で作られています。

セロトニンは、神経伝達物質ですから

当然、脳内の様々な活動にも使われていて

睡眠や覚醒などの生体リズムや感情などの機能をコントロールし、

消化器系や心臓を含めた循環器系などもコントロールしています。

なので、このセロトニンの働きが悪くなると

いわゆる”うつ状態”になってしまいます。

うつ病を発症している人のほとんどの人が

腸に何らかの不調を訴えています。

それは、セロトニンの働きが悪くなるからで

セロトニンの95%を作っている腸の機能を改善すると

うつの状態も改善するといわれています。

最近、うつ症状の患者さんが来院するようなっていますが

ほとんどの患者さんは、腸の異常を訴えています。

便秘や下痢、ガスが溜まりやすいなど、

その症状は様々ですが、

東洋医学でいう”脾虚”という症状がベースにあります。

この脾虚という状態を改善することによって

気分の落ち込みや無気力状態などのうつ独特の症状を

改善することができます。

多かれ少なかれ腸の調子が悪いと感じている人は多いと思いますが、

それを放っておくと、いつの間にか精神的な不調に

発展してしまうので、

早めに腸の調子は整えておきましょう。

« 水晶 | トップページ | 卒業 »

健康な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 水晶 | トップページ | 卒業 »