フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« 過ぎたるは・・・ | トップページ | 田舎暮らし »

”薬の副作用で、寝込んでしまいました!”

と、しばらくぶりに来る患者さんは、

あまりの副作用の辛さに、体調を崩してしまったようです。

不妊治療をしていると、ホルモン剤や誘発剤など

さまざまな薬が処方されます。

特に、ホルモン剤は、頭痛、吐き気、胃腸障害、肥満などの

副作用が多く出る薬の一つですが、

体質によって、全くでない人もいますし、

寝込んでしまうほど強く出る人もいます。

化学的に合成された薬は、

基本的に体にとっては毒です。

毒だけれども、症状を改善する効能が上まれば

薬になるのです。

なので、多かれ少なかれ、どんな薬にも副作用はつきもの。

効能が強ければ、その分副作用も強くなり

効能が弱ければ、その分副作用も弱くなります。

良薬口に苦しとは、そういうことを言います。

毒といわれると、服用したくなくなりますが、

薬といえば、服用できるので、不思議ですね。

« 過ぎたるは・・・ | トップページ | 田舎暮らし »

医学な話」カテゴリの記事

不妊な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 過ぎたるは・・・ | トップページ | 田舎暮らし »