フォト

ウェブページ

2019年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

Adsense


« PMS | トップページ | 過ぎたるは・・・ »

"心ってどこにあるの?"

と、素朴な疑問として、よく取り上げられますが、

”心”を辞書的に説明すると、

理性・知識・感情・意志などの働きのもとになるもの、

また、その働きそのもの・・・

ということになりますが、

基本的には、脳の働きによるところが大きいので

心は、脳にある・・・かもしれません。

ただ、第二、第三の脳があるとも言われていて

それが、腸であったり、皮膚であったり

あるいは、細胞一つ一つにあったりと

体全体にあるのかもしれません。

腸では、脳内物質のセロトニンを作っていることが

分かっていますし、

皮膚も脳から独立して、独自の判断で

様々な反応をすることも分かっています。

そう考えると、体中、いたるところに

心があって、その一つ一つが

様々な知恵や感情、意志を持っているのでしょう。

東洋医学では、体の臓腑に精神が宿っていると

考えていますので、その考え方は

すんなりと理解することができます。

鍼灸は、そういう心のひつと一つに

刺激を与えて、体全体の心のバランスを整えていく治療

ということがいえるでしょう。

« PMS | トップページ | 過ぎたるは・・・ »

健康な話」カテゴリの記事

鍼灸な話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« PMS | トップページ | 過ぎたるは・・・ »